周庭(アグネス チョウ)の経歴や現在は?大学や雨傘運動とは?【ジパング】

未来世紀ジパングで香港でかつておきた

大規模な民主化デモのリーダーだった

周庭(アグネス チョウ)さんが

特集されます。

2014年のデモ当時、アグネスさんは何と

10代だったそうで現在は20歳に成長し

たそうです。

今日は、周庭(アグネスチョウ)さんの

現在大学の事やアグネスさんらが権力

に挑んだ雨傘運動とは?といったトピック

について調べてみました。

スポンサーリンク

周庭(アグネス チョウ)の経歴について

名前:周庭(アグネス・チョウ)

生年月日:1996年12月3日

現在、20歳

出身:香港

香港の学生団体の「学民思潮」の元幹部

周庭(アグネスチョウ)さんは『学民の

女神」と呼ばれ2014年の香港の大規模民主

化デモをリードしました。

周さんは日本のアニメやアイドルが大好き

だそうで、日本語も独学で勉強している

という女子大学生です。

モー娘のファン歴は8年という情報もあり

ますね。

中高生による政治団体である「学民思潮」

にはいったのは周庭(アグネス・チョウ)

が15歳の時というから現代日本の若者の

事情とは異なりますね。

既に中国に返還されていた本国・香港

の行政府による「愛国教育」への不信

感がきっかけのようです。

その教育法には、中国本土なみの愛国

教育がふんだんに盛り込まれたものだ

ったそうで、香港人としてのアイデンテ

ィティが揺さぶられたと話しています。

スポンサードリンク

雨傘運動とは?

2014年9月26日から行われた香港政府

に対する反政府デモを指します。

いわゆる民主化要求運動ですね。

警察の行った催涙スプレーに、民主

派のデモ隊が雨傘を開いて抵抗した

ことから【雨傘運動】とよばれます。

最初は、先述のとおり中国の愛国教育

に反対する学民思潮グループが主でデモは

大学生や高校生など若い世代が担っていた

そうで、その後は一般市民も参加して

大規模は反政府運動に発展します。

周庭さんのリードで、政治に無関心と

いわれていた多くの香港の若者が政治に

関心を抱きデモに参加したそうです。

周庭(アグネス・チャウ)の現在とは?

周庭さん、実は反政府デモの途中で突然

学民思潮の幹部職の座を辞任したんです。

理由は

家族でも学校でもない別のところから、

強い圧力があった!

と語っています。

怖いですね、圧力って言葉!

デモは勝手だが、首謀者のお前次第で

どうにでもできるぞ!とばかりに権力の

声だったのでしょうか?

現在も大学に通われているようですが、

「香港衆志」の副秘書長・立法会議員

羅冠聰事務所の財政を担当

という立場で政治活動は継続されてい

いるようですね。

大学生の立場ながら、国の現在と将来を

見据えてっ香港のために民主化活動を継続

されているようです。

香港衆志は民主政党ですが、香港の国会への

自分たちの民主政治家を送り出すために

自分たちが結成した政党です。

年齢制限で出馬不可能な周庭さんは

同志である羅冠聰を擁立したといいます

から、学生にして政治への意欲は大変

なものがありますね。

雨傘運動の翌年には、日本を訪問されてい

て、日本の学生との間で民主選挙の大切さ

や政治制度について意見交換を行った経緯

があります。

周庭さんは、政治は生活の一部!と明言

しています。

理論先行で敬遠されがちな『政治』につ

いて、一般の人にとって決して遠い存在

ではない!と話しています。

周庭さんの話す生活の一部というのは、

生活への『脅威』という事だと感じました。

一般でも電話の盗聴やメールアドレスへの

不法なアクセスなど生活やプライバシーが

不穏になることについて敏感です。

実は日本もこうした脅威は少しづつ忍び

寄ってくる可能性がない訳ではないと

思います。

日本の若者も含めて政治への無関心が

少しでも矯正されるといいなと思います。

スポンサーリンク

周庭(アグネス・チャウ)の大学はどこ?

周庭さんが現在学んでいる大学は、香港

浸会大学だそうです。

公立の大学なんだそうですが、専攻は

国際政治学ということでした。

大学の授業や活動している政党の活動準備

やらでかなり忙しいとは思うのですが、以外

とアルバイトや日本のアニメやバラエティ

動画なども鑑賞しているということな

ので、しっかりと自己管理というかオンオフ

を心が得ているのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?

香港の政治・社会活動家で大学生の

周庭(アグネス・チャウ)さんについて

調べてみました。

香港は中国の特別行政区ということで

中国政府からの民主化への圧力が今現在

強まっているみたいで、周庭さんたちの

新たな闘いが必至との状況のようです。

民主化や言論の自由の実現のために香港

の独立のために日夜活動する周庭さんの

活動について今後も動向を注目してゆき

たいと思います。