akane(宮崎朱音・ダンス)の経歴や現在とは?ダンス動画も紹介!性格とは【セブンルール】

akane ダンス、経歴、現在、動画、

2017年にバブリーダンスで全国的に知名度を上げた登美丘高校のダンス部コーチと知られるakaneコーチ(宮崎朱音)をピックアップしましょう。

akaneコーチのダンス愛は凄いんです!

またご自身もプロのダンサーでもありますが、その振付術や構成やショーの企画や動画編集までトータルコーディネートする熱意は誰にも真似できるものではなさそうです。

今回、セブンルールに特集される人気ぶりですが、

akaneコーチの経歴や現在の活動、

手がけたダンス動画、性格なんかも気になるところです。

akaneコーチのすべてを調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

akane(宮崎朱音)コーチの経歴

名前:宮崎 朱音(みやざきあかね)
生年:1992年8月13日(25歳)
出身:大阪府岸和田市
学歴:府立登美丘高校~日本女子体育大学舞踏学専攻
職業:ダンス振付師 teamアカネカキク

akaneさんが考案したというバブリーダンスですが、バブルの時代をakaneさんは知らない世代です。

実はお笑いの平野ノラさんが2017年にブレイクしたネタをきっかけとしてバブル時代のワンレンボディコンといったファッションや言葉もakaneさんはしったみたいです。

さてakaneコーチのダンス経歴としては、3才からダンスを習っています。

ダンスについて早熟というか天分ともいえますが、唯一自分を表現できることで継続できた習い事がダンスでした。

中学では同好会からダンス部の格上げに学校側と奔走したそうです。

さらに自主公演を企画するという走りっぷり!

進学先の登美丘高校でも同じようにダンス同好会からダンス部へと。

こうしてみるとakaneコーチの経歴はダンスの新しいムーブメントとしてその経歴がイコールとなるのではないでしょうか。

その後、上京して日本女子体育大学の舞踏学専攻して進学します。

在学中はダンスオーディションなどもパスするなど非凡さもみせていたようですが、結局は母校の大阪・登美丘高校でダンスコーチという形をメインに活動してます。

登美丘でのダンス愛がヤバい!

akaneコーチの在学中はダンス部員は10人もいなかったそうですが、現在では総勢90名ほどのクラブにそだっているそうです。

akaneコーチが大学在学中に、登美丘での指導を請われていたそうですから当時の部員さんたちは相当ダンスに熱心だったんでしょうね。

akaneコーチの参画により、登美丘高校は勝てるダンス部として生まれ変わります!

全国ダンススタジアム 2連覇(2015,2016年)
ダンスバトル大会「DANCE @LIVE FINAL2016」で日本一。
全国ダンススタジアム(2017年) 準優勝

ダンス初心者交わった90人のチームから実際に試合に出場できるのは半分程度と熱い女のバトルなんでしょうね!

登美丘高校は公立高校という事もあって、休みの日には6-9時間の練習を重ねたということなのでtakaneコーチならず部員たちのダンス熱やヤバいくらいのもですね。

スポンサードリンク

akaneコーチの現在とは?

akaneコーチの現在は振付師や登美丘高ダンスコーチの他にもスタジオでダンスを教えているみたいです。

そのスタジオとはSTUDIO A-Sh

A-Sh はストリートダンススタジオという事ですがakaneさんは『JAZZ hiphop』のインストラクターとして、フリースタイルを毎週火曜日に担当されているようです。

http://www.studio-ash.com/

コメント欄にはご自身の言葉で、

人と違った個性的なモノが好きな方、

笑いたい方、是非来てください!

とありました。

現在ではスタジオでダンスを教えているんでビックリしました。

着実に活動の幅をひろげていると感じますね。

キレッキレの動画を紹介!

それではakaneコーチ考案のキレッキレのダンス動画です。



アカネキカクのダンスは、バブリーダンスを超えて新たなダンスメッセージを感じる気がします。今後はどんなジャンルに発展してゆくのか楽しみなかんじです。

アカネキカクの視聴はこちらから

アカネキカク-YouTube-

スポンサーリンク

akaneコーチの性格とは?

もともと幼少よりダンスとともに成長を自負してそうです。

東京に出ることで感性が目覚めた!とおっしゃってます。

どうゆうことかと言えば、エキセントリックで極彩な作風は自分にしかできないと悟ったそうですね!

鮮やかな作風は正にバブリーダンスで見事に表現されたと感じますから、今後の発展が期待できると思います。

それと何とはなしにユーモラスを感じないでしょうか?

性格はやはり勝つダンスの実践のためには、敢えて「心を鬼にしている」との説もあるようです。あながちウソではないと思いますが、やはりダンスコーチや振付の世界で一流を極めるステージともなると、人間的にも

せっかち

依怙地(いこじ)

キツイ

といった要素も気づかぬうちに身についてしまっているかもしれませんね。

まあこうした性格も、いわゆる大阪人のカラーの中で魅力と言えるかもしれませんから一概には長短は言えないと思います。

akaneコーチの才能は評価がやはり高そうです。

まとめ

セブンルールに出演のakaneコーチ(宮崎朱音)ですが、気になるのはダンスの舞台裏ですかね。強くなるには、嫌われるのも仕事のうち!と普段は豪語しているみたいですが、意外と緻密な頭脳を駆使してレッスン生をリードしているのでは勘ぐりたくなるほど、素はあっけらかんとした明るい方なのではと感じました。

今後ともakaneコーチ(宮崎朱音)や登美丘高校ダンス部の活躍と進化を期待したいと思います。

ここまで有難うございました。