白坂亜紀(銀座クラブママ)の経歴や結婚、年収は?店情報や芸能人との熱愛噂も【プロフェッショナル】

シェアする

白坂亜紀、経歴、結婚、年収、

プロフェッショナル~仕事の流儀に、今回特集されるのは銀座のクラブママさんです。

夜の女といえばどんなイメージをお持ちになるでしょうか?

管理人のイメージは色艶も捨てがたいのですが、やはり銀座の繁栄は経済活性の裏返しでもあったり、ひいては水商売の鉄則のひとつでもある「もてなし」の秘儀がそこには確かに存在するのではないかなと思います。

そしてそれはビジネス的側面でみても独自の美学や哲学をお持ちのようですね。

今回プロフェッショナルに登場の白坂亜紀さんは、早稲田大学出身の高学歴女子だったのですが、学生時代からアルバイトで女子大生ママとして話題になるほどの人物でした。

処世術や人間力と観察眼、そしておもてなしの『技』といったところがとても気になる存在ではないでしょうか。

今回はそんな白坂亜紀ママについて、

経歴や結婚について

気になるママさんの年収とは

白坂亜紀ママの銀座流儀とは

お店情報

芸能人との熱愛の噂とは

といったトピックについて調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

白坂亜紀ママの経歴やプロフィール

現在、白坂亜紀さんは銀座のクラブのオーナーママとして多方面で活躍中です。

オーナーママという存在は文字とおりお店物件の所有も含めて経営やお店の女性との契約折衝などすべてに経営責任を持つ立場だと思います。

ある程度の規模のお店になると、同じ店舗にママは数人いたりするようですが、それは実際には雇われママと呼ばれる存在で、要は女性版の店長といった立場のようです。

白坂亜紀さんはその点、銀座に4店舗の店を持つ実質的なオーナーママですからその経営的な実力というのは一般企業で言う社長クラスと言えると思います。

経歴を紹介しましょう。

1966年 大分県竹田市生まれ ※現在51歳という事です

父親は読売新聞通信部記者で、母は珠算塾経営をされていたそうです。

お兄さんは精神科医をお勤めされているというのでなかなかな名家でお堅い
家柄でお育ちという感じがします。

1985年
上京して早稲田大学第一文学部入学 日本文学専修

在学中に日本橋の老舗クラブで女子大生ママとして話題となります。

1996年

銀座にクラブ2店舗をオープンする。この時亜紀ママは若干20代。

2003年 Bar66 オープン

2004年 銀座きくちをオープン(現在は日本料理 穂の花 に改店)

白坂亜紀さんのお店はこちらからどうぞ!

バブルの時代とはいえ20歳代で、華の銀座で2店舗をほぼ同時にオープンするとは凄い女性ですね。

白坂亜紀さんの趣味は実に多彩で、シャンソン・謡曲・三味線にスポーツはゴルフにテニスと何でもこなすエネルギッシュな方でもあるようです。

白坂亜紀は肩書も凄かった!

白坂さんはクラブのオーナーママだけに仕事はとどまっていません。

主なお役職として社会の多方面で活躍もしていたんです。

銀座社交料飲協会(GSK)理事・緑化部長歴任

大分県武田氏東京事務所所長

銀座ミツバチプロジェクト理事

京都造形芸術大学東京学舎で講座を開講

志高い女性会【銀座なでしこ会】代表

GSKというのは銀座の1700店舗のバーやクラブの構成される団体です。

銀座で緑化とは?って不思議に思いましたが、調べてみると一大繁華街である
銀座の屋上での農作業についてクラブのママさんたちが緑化活動をするという
画期的な試みを主導したみたいです。

ミツバチプロジェクトでは、銀座のバーテンダーたちが協力して銀座公式のカクテルを企画するといったこれもなかなかのアイデアだと思います。

銀座のような客もバーテンダーも一流が集う場所はなかなか自己主張がハンパない世界ですし、協力して一同に企画を考えることは難しいと思われるから。

考案されたハニーハイボールはチャリティ募金というアイデアも伴って、銀座の粋な遊び心を現在に伝道しているひとつのようですね。

できる女性は、クラブママという1つにい固まらず幅広く人脈を通して活躍している印象ですね。また、地元の銀座という場所や、飲食業界といった土着の部分さらには故郷への愛も、深いものを感じさせる活動を行ってらっしゃるようですね。

銀座のクラブの魅力とは?

白坂亜紀さんによる銀座クラブの役割というかステータスという見方があります。

それによると銀座クラブには4つの役割があるという事です。

①第二秘書室としてビジネスの延長戦として円滑なコニュニケとしての機能

②ホームパーティを演出する機能

③癒しの空間として、自信と誇りを取り戻すオアシス機能

④情報交流の機能

いろんな職業の人間が集う社交の場所としてのクラブを考えると上の4点は確かにすべて当てはまるでしょうね。

でも白坂さんの経営者としての素晴らしいのはこうした点をすべてビジネスチャンネルと捉えてお客のケースに応じてのサービスを試みている所と言える。

白坂亜紀の結婚は?

銀座のママともなると、お客の相手はどうしても夜の男性ということないなりますから、どうしてもプライベートも気になるものですよね。

白坂さんのご結婚はどうなのか調べてみました。

どうやら一般の方のようですが、結婚されていてお子さんもいらっしゃるということでした。

白坂さんご自身は30歳でご結婚されて、現在では20歳と18歳のお二人のお譲さんがいらっしゃるようですね。

何でもかつてお店のお客さんだった方で商社マンの方とご縁があったとの情報も有りました。

スポンサーリンク

白坂亜紀ママの年収は?

白坂さんは大学在学中にホステスとしてスタートして、20代で店舗を構える程になりました。

雇われママと違って、独立したオーナーとしての立場では境遇が違うと思います。

物件や場所にも差異はありますが、女性一人の開業資金でオーナーというのは
無理があると考えられます。

その意味でクラブオーナーになるには経験・資金・人望の3つが大切ともいえるのではないでしょうか?

不思議と他人に気に入られるとお金や名声が寄ってくる場合があると思います。

20代女性で銀座で店を構えたいという希望を持つ魅力的で美人な女性!

もし貴方に有り余る財産が多少自由になるとしたら投資することも十分考えられますよね。

『水商売』とは本来客の人気が店の行方を左右することで、グラス一杯の水でさえも大きな付加価値がまかり通っている世界でもあります。

人は実はこうした不安定要素に魅力を感じるというのも、本質ではないでしょうか。

そして白坂さんの人気の証拠は、クラブオーナーを超越した幅広い分野での活躍が物語っています。

銀座での4店舗の経営、講演活動や本も上梓されているようですから、クラブママの流儀=白坂亜紀メソッドなる世界を確立しているといっても過言ではないと感じます。

オーナーママさんの年収レベルは実はその背景が奥深いと思われるので推察するには難解だと思うのですが、2000~3000万円程度ではないでしょうか。

芸能人との過去の噂とは?

さて銀座の一流ママともなれば、過去に浮名が噂になったこともあるとは思いますが、
白坂さんの場合はいかがでしょうか。

調べてみると過去にプロ野球の『清原』さんとの不倫疑惑?があったという内容ですね。

でもこれは根も葉もなさそうな内容ですね。

その原因は、あれだけ何かと話題になった清原氏の不倫相手が銀座のクラブママということで、何故か白坂さんになっちゃったそうですね。

当時の新聞記事でも、当のママの事を『Aママ』と記述されているのが多い。

でも店名が「R」というイニシャルという事やAママは雇われで働いていたことなどを考慮すると白坂亜紀さんと清原氏との関係は無関係という事になると思いますね。

スポンサーリンク

白坂亜紀の名言をご紹介!

さて後進の育成にも余念のない白坂さんですが、名言として『女子力の磨き方』について紹介したいと思います。

  • 女性の魅力は『笑顔』にある
  • 聞き上手であること
  • マイナスは発言はしない
  • 褒め上手になる
  • 褒められ上手になる
  • よく覚える
  • 相手のことを思いやる

さらにデキる男の条件についての名言とは・・・

  • 早寝・早起き
  • NOと言わない
  • 弱い者いじめをしない
  • 変わらない
  • 苦境に強い
  • 変化対応力がある

いかがでしょうか。

男性にとっても女性にとっても、一生かけても到達するにはなかなか厳しい世界とも思わずにいられませんよね。

そうした人間力や男女それぞれの力が銀座という夜のビジネス界で一流になるための条件でいわれている名言でした。

今回はプロフェッショナル~仕事の流儀~に登場する銀座クラブママの白坂亜紀さんについてしっらべてみました。

白坂さんの印象としては、単なる水商売の世界を超越して幅広く飲食業やプロデュースの世界、そして自身の経験や技をメソッド化して、白坂ブランドを世に発信している姿が印象に残りましたね。

能力や努力がハンパない分だけ、気疲れや見たくないものも見えてしまったりわかってしまうご苦労もあるのではないでしょうか。

これからも健康に気を付けて活躍を期待したいと思います。

ここまで有難うございました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする