あおさが善玉コレステupには最適?栄養と効果は?主治医がみつかる診療所

『あおさ』ってなに?どんな食べ物なの・・?

『あおさ』は、あおさのりのことですが、一体どんな食べ物なんでしょう?って

方も多いかもしれませんね。

あおさ、栄養。効果

あおさは『あおさのり』といって『青のり』との違いは緑色の濃淡で分けれるの

みたいです。

青のりは糸状の海藻でこれを乾燥して粉末状にしたものがいわゆる青のりとして

流通しています。

あおさはアオサノリと呼ばれ、アオサ科アオサ属の緑藻の総称なのだそうです。

アオサの栄養価と効果はどうなの?

アオサの栄養っていかがなのでしょうか?

海藻類は、よく体に良いって聞きますよね。

アオサは特にビタミンとミネラルが特にたっぷりの食材なんだそうで

アオサに豊富に含有されているカルシウムやミネラルは骨の強化や

血圧の正常化さらには悪玉コレステロールのアップ対策には最大の食材とも

いえるみたいですね。

アオサの栄養素の代表的なものは、

マグネシウム

マンガン

食物繊維

カリウム

といったものですが、アオサの豊富なマグネシウムからは『アディポネクチン』

が期待できるからこそ、特に注目の食材のようなんです。

アディポネクチンとは、別名長寿ホルモンとも言われる身体の脂肪から分泌される

ホルモンで、ガンの改善や予防につながる効果が期待されているホルモンです。

簡単に言うと長寿な方はこのアディポネクチンが多いことから『長生きの鍵』と

考えられているホルモンなのです。

アディポネクチンは全身の血管のメンテナンスをしてくれるとも言われています。

『アディポ』は実は脂肪の意味で、『ネクチン』はくっつくと言った意味で、要するに

血管の内側に接着して、血管を修復する働きがあります。

動脈硬化や心筋梗塞といった病気で、現代社会では4人に一人が命の危機にさらされて

いるという統計があります。

血管の健康維持には、コレステロールのコントロールが大きな役割があるのは周知

ですね。

善玉コレステロールをアップさせる食材は、アオサがダントツ一位の優良食材なのだ

そうですが、ワカメやひじきもアオサの約半分~1/3程度のマグネシウム含有量を誇って

いて、入手しやすい手軽さではこちらも積極的に摂取したい食材といえますね。