ベビースターラーメンのキャラクター引退宣言!名前やキャラの歴史、初代って?

ベビースターラーメンのキャラクーが今年で引退すると発表された。

ベビースターラーメンは、ご存じ味付けフライ麺風のスナック菓子でその前身は1955年の発売されています。

ところでベビースターのキャラクターっていっても、名前まで浮かぶ人はかなりの通と言えるんじゃないですかね。子供のころからおやつに食べた人でもキャラクター名までなると・・・
?って方がほとんどでは。

今日はそんなベビースターラーメンについていろいろ調べてみました。

ベビースターラーメンについて

ご存じベビースターラーメンは、現在の生産メーカー・おやつカンパニー(三重・津市)の
前身・松田産業有限会社が発売しました。

世界初のインスタントラーメンを発売したのですが、これが失敗に終わったみたいで、数年
後に現在の日清食品がインスタントのチキンラーメンを発売して成功しています。

製造工程でどうしても発生してしまう「麺のかけら」をおやつとして従業員から受けたこと
をキッカケにして初代の『ベビーラーメン』が誕生したといいます。発明はホントにちょっ
とした事がきっかけだと言えますね。

発想的には『ラーメンをそのまま食べる』を視点にして、子供たちに一番愛されるスナック
菓子をめざして、ベビースターラーメンとネーミングされました。

ベビースターのキャラクターが今年で引退を宣言!

そんなベビースターのキャラクターが今年2016年で『引退』を表明したそうです。

ところでベビースターのキャラクター、名前は「ベイちゃん」と「ビーちゃん

パッケージに初めて登場したのは1988年ですから約28年というところでしょうか。

キャラクターを受け継いで約30年。

僕たちも新しい時代へとバトンタッチして行くことに決めました!

を引退宣言をおやつカンパニーのHPで宣言しています。

キャラクターの名前や歴史・プロフィールについて

そのベビースターラーメンのキャラ名、ベイちゃんとビーちゃんがこちらです。

2016-12-14_012625

言われてみれば、どこかでっ!って記憶がよみがえった方も多いのではと思います。

1988年に当初のオレンジ色のパッケージから、白色を基調の現在のパッケージに
変わった時に最初に『ベイちゃん』(左側)、次いで「ビーちゃん」(右側)の順
で登場しました。

キャラクターやロゴって、子供やお年寄りにも『やさしい』万人受けするものが
いいんだろうなって思うんですが、この二人のキャラぶりは『子供』受けは良かった
みたいで、文字が読めないような小さい子にもちゃんと商品は伝わっていたんだろう
なって思いました。
キャラの名前や意匠は、会社や商品の歴史にの通じますから約30年の間、本当にお疲
れさまって感じですね。

ベイちゃん・ビーちゃんのプロフィールとしては、

東京都在住でベイちゃんは10歳、ビーちゃんは8歳という。
父は作家で、母親はデザイナー。
ベイちゃんは好奇心旺盛で特に生まれながらにして『外遊びの達人』。
お母さんお手製のコスチュームを身に着ける行動派

スポンサードリンク

ところで初代キャラって・・・?

ベイちゃん・ビーちゃんの先輩キャラについてですが、これが下です。

2016-12-14_014537

「10エン」がとーーてもステキ。

このなんとも象徴的オレンジパッケージが初代のベビースターラーメン。

1959年に登場の初代キャラクター・ベビーちゃん(女の子)です。

初代のベビーちゃん⇒ベイちゃん⇒ビーちゃん のベビースターキャラトリオは
残念ながら引退とのことですが、今後どんな新キャラがパッケージを飾ってくれる
のかちょっと楽しみになってきました。

新キャラの発表は、2017年になってからのようですが、これまでのようにキャラ
が人間の子供なのが気になるところではありますね。

やはり子供向けのお菓子という事で、設定としては21世紀のオヤツを食べる『子供』
の進化版なのでしょうか?

それともゆるキャラで押すのでしょうか?

いずれにせよ『おやつカンパニー』の発表が何か楽しみですね。