カルロスK(カルロスケー)の本名や経歴とは?神がかり作曲家の手法やPV動画も調査してみた!

カルロスK,

作曲家・音楽プロデューサーとして大活躍のカルロスK(カルロスケー)さん。

カロルスKと言えば、今まさに旬とも呼ばれている新進のJpopプロデューサーさんなんですね。

手掛けているアーティストも

AKB48など48グループに楽曲を提供するに限らず、西野カナさんやクリスタルケイ、SUPER☆GIRLなんかも手掛けているそうですね。

そんなカルロスK(カルロスケー)さんですが、ちょっとお名前がそそられちゃいますね。日本人かしら?

そんな感じで今回は人気作曲家のカルロスK(カルロスケー)について、

本名や経歴

国籍や家族

神がかり的な作曲技って?

代表的な人気PV動画もチェック

こんなトピックで調べてみました。

スポンサーリンク

カルロスK(カルロスケー)の本名や国籍は?

カルロスと言えば、真っ先にだれを思い浮かぶでしょうか?

現在世相をにぎわすカルロスゴーンさん?

かつて日本のミュージックシーンを賑わせたカルロス・トシキ?

カルロスK(カルロスケー)は、その2人とは直接の関係はなさそうですね。

カルロスKの気になる国籍ですが、実は『日本人』との事だそうです。

日系人ということで、父母はブラジル出身の方なのでしょうね。

お父さんは北海道で八百屋で働いていた事があるそうで、その地でカルロスK
さんの母親になる方と出逢ったそうですね。

それからほどなくお二人はブラジルに向かうのですが、カルロスKさんが生まれたのは、そんな訳でブラジルの地だと思われます。

カルロスKさんが、日本に帰国したのは6歳の時で1991年の事だそうですね。

本名なんですが、これは『カルロス』でしょう?って思いましたが、カルロス名は自身がこの世に生れ出るときに取り上げたブラジルの産婦人科医の名前を拝借しているそうですよ。

実際の本名というのはむしろ『K』のほうに関係しているそうで、本名は『けいいち』のイニシャルだという事でした。

カルロスK(カルロスケー)の経歴は?

View this post on Instagram

タンクトップスタイル 夏歌作ってます #作曲 #夏歌

Carlos K.さん(@carlosk1228)がシェアした投稿 –

名前:カルロスケー(Carlos K.)

生年:1985年12月28日(現在33歳)

出身:ブラジル・パラナ州~山梨県北杜市

学歴:明治学院大学文学部仏文科卒

子供のころからピアノを始めていた経歴があるそうで、母親という人は学校の先生でありアマチュアミュージシャンという人みたいなので幼少からの音楽体験は普通以上の環境でしたね。

1991年の6歳で日本にやってきたころからは油絵や作曲も既に始めていたというので、現在の作曲家やプロデューサーの職もほとんで天分だともいえそうですね。

13歳からはシンセサイザーによる楽曲活動に取り組み、明治学院大の在学中からDTM(ディスクトップミュージック)やその後はR&BやHIPHOPなどのトラック制作に夢中となります。

楽曲の提供は学生時代からだというので芸術肌の天分はかなりのスペックであることは照明されています。

音楽だけにとどまらない幅広い経歴は特筆ですね。

油絵と合わせ企業向けCM企画や制作・映画音楽・ファッション向けのPV制作など展開しています。

2015年 オリコン年間ランキング作曲家部門第一位を獲得します。

その曲はAKB48の『Green Flash』でした。

その翌年には西野カナさんの『あなたの好きなところ』が第58回日本レコード大賞を受賞。もちろん作曲と編曲を手掛けたのがカルロスKさんでした。

けっして作曲家として順風なステージをかけ上ってきたわけではないそうです。

それは20歳の時に、音楽家としての将来に懐疑的になり、大学を休学してブラジルに渡って自分を見つめ返す時間を創ったそうです。

そんな時間と対峙することで再度音楽と向き合う自己を確立したカルロスKさんは再び帰国したのちもフリーターという時期を経て作曲家への道を進むことになります。

スポンサードリンク

カルロスK(カルロスケー)の神がかり的作曲法の技とは?

やっぱりカルロスKの音楽への天分というのは、幼少のころからの母親との環境が大きいかもしれませんね。

母親からのピアノレッスンで楽譜が読めずに怒られるのが嫌で、耳で譜面を完コピしていたそうなんです。これを繰り返した中で音感が自分の中にすっかり身についてきたそうです。

それからは誰かがつくった曲を楽器で弾くよりも、

自分で作ったほうが面白い

という事に目覚めたそうですよ。

半分、遊びのような感覚で作曲を始めたというカルロスKさんなんです。

もっとも作曲家の経歴としてもブラジルと日本での生活様式に精通している
カルロスKさんなので、音楽を中心に据えた創作意欲は限りないものがありそうですね。

根本的には

人生は冒険だ!

音楽をメインにそれに付随したものをいろいろ作ってゆきたい

と意欲丸出しのようですからね。

スポンサーリンク

カルロスKの人気PV動画をチェック

それでは新進気鋭で現在各シーンで引っ張りだこの音楽プロデューサーのカルロスK(カルロスケー)の人気PV動画をご覧ください。

ご存じ板野友美さんのデビュー曲「Dear J」

西野カナさんの『あなたの好きなところ』。

サビ部分の3連リズムが特徴で素晴らしい曲ですね。

スポンサードリンク

カルロスK(カルロスケー)まとめ

さて今回は作曲家でプロデューサーのカルロスK(カルロスケー)さんについて調べてみました。

クリエイティブな方に共通していると思うのですが、常に新しいモノにチャレンジする精神がカルロスKさんにはとても強く感じられましたね。そしてそのキーワードは常に『楽しく』、そして人生は冒険!という生き方なのでしょうね。

これからもいろんなアーティストさんにが曲提供のみならず幅広く活動されていくのではないかと感じました。

これからもカルロスK(カルロスケー)さんにますます注目してゆいたいと思います。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク