吉田勝次(洞窟探検家)はクレージーな冒険野郎!経歴、年収や嫁や家族と本業はなに?【情熱大陸】

今回の「情熱大陸」洞窟探検家

険家吉田勝次さんが特集されます。

洞窟探検というと管理人としても経験が

ないくせに心が躍らされますね。

やっぱり利益を度外視しての未開への

挑戦!というのはいつの時代でもロマン

でありますなぁ。

というわけで吉田さんを調べてみると

破天荒でかつ緻密というか観念がしっかり

とした方では、と思うことがしばしば

感じられました。

自分のロマンをどのように実現して現在

に至るのか、吉田勝次さんについてピック

アップしてゆきましょう!

スポンサーリンク

吉田勝次のwikiと経歴について

出典:http://bunshun.jp/

本名:吉田 勝次(よしだ かつじ)

生年月日:1966年12月19日

年齢:現在50歳

出身:大阪府

吉田さんはもともと登山が趣味。

だがすでに先人に踏破された既存のルートを

ほぼ決められた形のスタイルに不満を感じて

いたそうです。

その後はケイビングに積極的に取り組むように

なります。

ケイビングは、CAVE(洞窟)からきてるの

ですが、趣味又はスポーツとして洞窟にはいる

探検活動のこと。

地底世界をアウトドア感覚のスポーツとして

体験できるもので、吉田さんはケイビングに

はまったみたいですね。

1994年に初参加以来、1996年には仲間と

Japan Exploration Team を結成したといい

ますから、熱くなったら止められない性格な

方なのかもしれません。

正に情熱大陸を地でいく感性かも、ですね。

その後2011年に一般社団法人にあたる「日本

ケイビング協会」を設立して、

  • 洞窟探検のガイド
  • テレビ撮影のガイドやリポート
  • 洞窟ガイドやレスキューの育成
  • 洞窟内外の学術調査

など洞窟に関するプロフェッショナルと

してその名を広めている存在です。

スポンサーリンク

吉田勝次のクレージージャーニーっぷりを検証!

吉田勝次さんが登山に飽き飽きして、洞窟

探検に初めて身を投じたのは28歳でした。

以来、入った洞窟はナンと1000窟以上!

といいます。

最初に洞窟にを体験した時の感想ですが、

「圧倒的な暗闇と異様な雰囲気」

「すごい、すごい、全部がすごい!」

「大好きな女の子に出会ってしまった以上の

 体験」

とかように申しておられます。

何か最後の言葉は吉田さんの人物像をイメー

ジさせる一言ですよね(笑)

吉田を評して人は、

「人懐っこくて、怖がりで、ロマンチックで

たまにアホな方」というらしいです。

さて吉田さんのクレージージャーニーぶりで

すが、実際にどんな洞窟探検(冒険)を経験

しているのでしょうか?

  • 17cmの隙間があれば身体を押し込む
  • 落石で肩を砕かれたことも
  • ロープ一本で400メートルの竪穴を下って
    いく恐怖
  • 最長11日間、洞窟内で過ごした
  • 洞窟内で遺体を発見したことも

かなりクレージージャーニーは間違いない!

400mって単純に東京タワー以上の高低を暗闇

のなか降りるわけですから、怖!の一言ですね。

何ゆえ、洞窟に入るの?って虜になった人じゃ

ないと分からない部分がたぶんにありそうです。

では、洞窟探検してきて、吉田さんの洞窟への

想いというのはどのようなものなのでしょうか?

これもクレージーな吉田さん気質の人しか理解

出来ないかもしれませんが、

洞窟のお陰で人生が豊かになった

ベトナムで発見した火山洞窟が歴史的大発見

と判明!

地球で最後の未知は「地面の下」!

洞窟には「未知の世界」があるから、

止められない!

クレージーなんて他人の評価は、吉田さんには

まったく届かないようですね。

スポンサードリンク

どうして洞窟の世界に魅せられたのか?

吉田勝次さんは子供の頃は喧嘩ばっかりの

問題児だったんだそうです。

でもある時悟ったそうなんです。

10代の終わり頃。

周囲からダメやなやつと思われている俺

でも、「自分が実はそうでないことを

分からせたい!」と。

でも実際なにを始めてみればいいのか皆目

分からないという状態。

当時のバブル景気に乗じて、吉田さんは建

業界に飛び込んだのだそうです。

その後自分の建設会社を興し独立、軌道に

のった頃に圧倒的な神秘な世界「洞窟探検」

にはまり込むという流れでした。

洞窟探検はハートやメンタルが強くないと

ダメなんだそうで、常に暗闇や生死をかけて

の壮絶な体験のオンパレードなので当たり前

といえば当たり前ですね。

吉田さんのメンタルの強さは、裸一貫で建設業

を志し、かなりキツイ肉体労働を3年もの間

1日たりとも休まずにやり遂げたことで鍛えら

れたと申しています。

あと吉田さんのモットーとして、じいちゃんの

残した「俺よりもっと遠くへ行け!そしていろ

んなものを見ろ!」という言葉を忠実に心に

しまっているみたいです。

吉田さんの著作に「洞窟ばか」があるのですが

破天荒な行動とお人よしな人柄、洞窟にかける

情熱とロマンをしっかり伝えてくれている本で

だと思います。

吉田勝次の嫁や家族とは?

これほどクレージーで情熱な方ですと

周囲のこともとても気になりますね。

吉田さんは嫁さんの他に子供さんが6人

の合計8人の大家族!みたいです。

嫁さんの情報は見つからなかったのです

が、

過酷な建設業&過酷な洞窟探検&

男のロマン&お人よし&ばか 

な吉田さんの嫁として家庭を守って大変な

パワーと手腕を器をお持ちなお嫁さんだと

思いますね。

スポンサードリンク

吉田勝次の本業はなに?

吉田さんは「日本ケイビング協会(現在は

日本ケイビング連盟)」の代表ですが、本業

はやはり現在も建設業をされています。

吉田さんの会社は「有限会社 勝健で、

代表取締役社長を努めています。

勝健さんは、HPをみてもとってもユニーク

でパワーを感じる会社さんとお見受けしま

した。

  1. とにかく安い
  2. ショールームはない
  3. 事務員もいない
  4. 手作りアナログで、一品モノを提供
  5. ついでに料金表もない

と顧客本位でかなりのパワフルポイントを

お持ちのエキスパート会社です。

こんなド派手に会社HPで吉田社長が紹介されて

います!

ネクタイでなくっていいのかよっ!って突っ

込みたくなりますが・・・

吉田勝次さんは、本業の建設業でもしっかり

とリアルに事業展開されているようです。

数年前にはカナダで有名なログビルダーに

弟子入りして社長みずから技術を会得された

経験もあるそうです。

本業としての建設業はしっかりと魅力的な

会社経営をされていました。

年収はどれくらい?

有限会社 勝健の内部でもケイビングのプロ

ガイド団体として「Ciao!」も主宰されて

いて、会社の利益や探検ガイドのコース収入

、メディア出演や執筆など多岐にわたって

活動されている吉田さん。

社長の肩書きプラスこれだけの活動歴です

から年収で1000~2000万円くらいにのぼ

るのでは想像します。

ただ、吉田さんは洞窟探検の費用は「自分

で賄う」主義だそうで、保険の費用なども

相当額にのぼるものと思われますね。

■こちらの関連記事もどうぞ■

「アジアの渡り鳥」さすらいのサッカー野郎!伊藤壇

もう一人のクレージージャーニー!探検家「高橋大輔」!

まとめ

いかがでしたか?

洞窟探検というロマンを究極まで一心に

追い続ける吉田勝次さんをピックアップ

してみました。

現在では、洞窟探検により地底や洞窟内部

の学術サンプルの依頼なども数多くリクエ

ストされているようです。

吉田さんご自身が10代の後半に悩んだ

ことは、これまでの活動で本当に帳消し

以上の産物を社会にもたらしているとも

いえないでしょうか。

今後の活動にもとにかく身体に気をつけて

頑張って欲しいものですよね。

今後の活動にも注目してゆきたいのは間違い

ない存在の吉田勝次さんでした。