上田亜樹が楽天チアリーダー引退!ダンスや経歴はレジェンド!卒業理由と今後は?

2016-11-25_002554

上田亜樹さんがこのほど楽天チアを引退するそうです。
上田亜樹さんはプロ野球東北楽天イーグルスの公式チアリーディ
ングチーム『東北ゴールデン
エンジェルス』のリーダーとして球
団創設の2005年からチームをけん引した功労者ともいえる人です。

そんな上田亜樹さんのダンスやその経歴はもはや『レジェンド』
もいわれているですが、いったいどうしてなんでしょうか?

今日はそんな上田亜樹さんの
 ○プロフィール
 ○ダンス
 ○経歴
 ○ゴールデンエンジェルス引退の理由と今後

について調べてみました。

上田亜樹さんのプロフィールについて

2016-11-24_235448

まずは上田亜樹さんのプロフィールです。

本名 上田 亜樹(うえだ あき)
誕生日・血液型 12月1日生まれのB型 今年30歳(?)
出身地・学校 宮城県仙台市 仙台大学健康福祉学部卒業
趣味 ダンス、水泳、スイーツ探し
美と健康について 腹筋を鍛えることと半身浴に努めている
性格 普段はとても女性らしく可愛い一面があるが、ダンスには常人以上の情熱とストイックさを持つ。
このギャップとアンバランスが魅力的とも評されている。

上田亜樹さんのダンスへの情熱や経歴は?

そんな上田さんのダンスへの情熱や経歴はどうなんでしょう?

上田亜樹さんは、楽天イーグルスの球団創設から在籍している
というから今年で11年目です。
日本プロ野球のチアリーディングチームは11チームあるそうですが
そのなかのメンバーの中でも最長のキャリアの持ち主のようですね。

2004年11月、もともとダンサーへの夢を持っていたらしく、大学
卒業を迎え楽天イーグルスのチアリーダー公募をみつけダンス好き
に火が付き、応募して68名の参加者のなかから見事に29名の初代
メンバーに選抜されたんですね。

イーグルスの本拠地球場のコボスタ宮城での試合の日は、試合前やイニ
ング間にダンスで球場全体の雰囲気を盛り上げる。もちろんイーグルス
の選手たちへも熱いエールも忘れない。

さらにセパの交流戦などのビジター試合にも応援に駆け付ける事もあり、
通算するとこれまで、何と800試合以上、『連続出場』を続けていると
いう『レジェンド』とも『鉄人』とも評される人なんですね。

チアリーディングの仕事について概算ながらお給料はどれくらいな
のか調べてみると、だいたい実働が試合の時間にあわせ、毎回正午
から夜10時くらいまでのお仕事なんですが、

日給15000円程度×年間試合の70回程度=105万円程度

のようです。
もちろん交通費の支給やひょっとしたらチーム成績によっては臨時
お手当なんかも出るかもしれませんけど、華やかさやスポーティーさ
と比較したら決して高給ではありませんよね。
でもゴールデンエンジェルスにはいってから、球場で初めてダンスした
ときの感動!「これほど観客の皆さんと一体になることが出来るんだ!」
と衝撃的だったそうです。

上田さんて、すばらしい経歴の持ち主だと思いますよね。
やはり自分の仕事に、やり甲斐があるってことは本当に素晴らしいし
そう求めるべきだし、いろいろと大変なことはあったとは思いますが、
長い間チアを続けられたことは素晴らしいと感じました。
この辺から察して、上田亜樹さんの『ダンスへの情熱』や『地元愛』
みたいなのが強かったから、11年間のレジェンドに繋がったのかも
しれませんね。

上田亜樹さん率いるチア振りの動画をご覧ください。

上田亜樹さんの自己紹介コメントをどうぞ!

スポンサードリンク

上田亜樹さん、引退の理由と今後はどうするの?

上田亜樹さんのチア引退の理由は何なのでしょう?
上田さんの楽天イーグルスのファン感謝デーの引退セレモニーの
時のファンにむけて挨拶ですが、

『ダンスがすごく大好きで、こんなに素敵な場所で躍らせてもらい幸せでした。
沢山の夢をもらうことができました。
ずっと続けてきたダンスももっとレベル
アップして笑顔を届けられるようにしたいです。
11年間ありがとうございました。』

上田亜樹さんの引退の理由は、明確ではなさそうです。

ただ、チアリーディングのお仕事は年間契約ということや、楽天は
子供たちのチアリーディングスクール活動が活発なようで現在600名
程の女の子たちが日々レッスンに汗を流しているという事です。
スクールのコーチもチアリーダーが務めているようですし、今後も
ダンスに携わりながら、後身の指導なんかの役割があるかもしれません。

また、上田亜樹さん、30歳を境に心機一転して結婚やこれまでの経歴
を生かして華麗な転身があるかもしれません。

これからも上田亜樹さんの新たなレジェンドを打ち立てるべく、
その活動を注目してゆきたいと思います。