ショーンK(川上伸一郎)のレギュラーテレビへの復帰が決定!番組内容や担当はなに?

ショーンK

かつて経歴詐称が発覚したショーンKこと、経営コンサルタントの
ショーンK・マクアードル川上氏が、このほど本格的にレギュラー番組に
復帰することが決定した。

経歴詐称から一切の活動を取りやめ、事務所への登録自体は確認できていたものの、一時は行方すら案じられていたショーンk。

いったい復帰の裏にはどんな物語があったのか?

レギュラー復帰する番組はどんなものなのか、さっそく調べてみました。

スポンサードリンク

ショーンKの経歴について

名前:ショーンK・マクアードル川上(ショーンk)

本名:川上伸一郎
生年:1968年3月21日
身長:170cm

2016年3月に週刊文春によって、経歴詐称を暴露されたショーンkこと川上伸一郎さんですが、4月には詐称を認め、番組出演を自粛していました。

時間がたつのはとても速いですけど、ショーンKを知らない人でも
ホラッチョ川上!にピンと来る人も多いでしょうね。

所属事務所には在籍しているようでしたが、

すべてのメディア活動を停止しています

の内容が長らく掲載されていました。
http://www.djdj.co.jp/production/top.html

事務所に籍が有るという事は、要はほとぼりが覚めるのを待つ!の策でしょうし、噂によるとツテで『不動産会社顧問』の立場で給料をもらっているような情報もありました。

一時は居場所が不明!とか、自殺をにおわすとかといった内容の報道や噂も有りましたが、陽としてその活動や明確な居場所といった情報はありませんでしたね。

動きがあったのは2018年1月のこと。

TOKYO MXの番組

世界見聞録~モンゴルで経済と豊かさを考える旅

で約一週間の現地ロケをショーンk自ら挑んだ復帰番組だったみたいです。

この時のショーンKさんの番組出演に向けて述べたのが、

今後もライフワークとして、社会的にも意義のある企画が

あれば是非参加させていただきたい!

といった内容。

かつてショーンの仇となった記事を挙げた週刊文春によると、ショーンKの復帰戦略は(長期間姿を消して)ブランド価値を高めている!といった手厳しいものだった。

ショーンKが、MXでレギュラー番組スタートが決定!

この度、ショーンKが2年4か月の沈黙を完全に破り、テレビへのレギュラー復帰が決定したようだ。

復帰出演のテレビ番組は、これまた

TOKYO MX

ザ・ビショナリー~異才の花押

でレギュラースタートは7月からの番組である。

ザ・ビショナリーは、ショーンkがナビゲーターを務め、ビジネス最前線で戦う経営者たちと未来を語り合うというビジネス情報番組のようだ。

かつて『輝かしい経歴』と謳われたショーンKの偽りの経歴が暴露された今、本格的なビジネス情報番組にナビゲーターとしての『魅力』はどれほど感じられるものなのか注目されるものですね。

経歴が嘘だとなった!現在では、経歴や肩書を破った本音と実力がショーンKの『新たな像』を示すことは必至の筈で、いわばそのための<価値創生>の2年4か月でもあったと信じたいですね。

スポンサーリンク

ショーンKの復帰について世間の反応は?

今回のショーンKの番組の完全復帰について世間の反応や評判はどうなんでしょうか?

2年まえに番組降板や当時出演していたラジオの打ち切りなど憂き目をみたショーンKだが、
その評価たるもの意外と、その降板を惜しむ声も聴かれた事実もあった訳で今回の久しぶりの
復帰にその評価の明暗がどんなふうに評価されるのか気になります。

案外世間の評価は二分している面があるかもしれません。

詐称履歴の断罪派とナビゲーターやMCとしての実力を期待する派といった図式ですかね。

いずれにしてもショーンK氏の復帰後の動向を注目したいと思います。