平昌五輪で原大智(はらだいち・モーグル)が銅メダル!経歴やプロフと父親との関係は?

シェアする

ピョンチャンで男子モーグル原大智
(はらだいち)選手が見事に銅メダル獲得

やりましたぁ!

おめでとうございまぁ~す!

転倒者続出ということで最後までハラハラ
はぬぐえませんでしたので、その分喜びは
倍増でしょうね(笑)

そんな訳で今回は日本男子モーグルの
原大智選手の経歴やプロフィール、家族
や父親との関係についてみてみましょう。

スポンサーリンク

原大智(はらだいち)選手の経歴プロフィール

本名:原 大智(はら だいち)
出身:東京都渋谷区
生年:1997年3月4日(19歳)
出身校:広尾中学~CSBA

原大智選手、スキーの選手なのに何と
東京は渋谷の出身とは驚きでした。

上村愛子選手も北海道出身でしたよね。

冬季五輪に出場する選手はほとんど雪国
出身で小さいころからウィンタースポーツ
に親しんで上達しているのかと思ってま
したが・・。

それってもしかしたら管理人の偏見という
ものですね。

原選手、大変失礼しました。

ところで中学を卒業してからCSBAとは?

これはカナディアンスポーツ・ビジネス・
アカデミーということで海外留学してい
たみたいです。

高校もCSBAウィスラーという学校で
ウィスラーといえばスキーで有名な所
ですね。

CSBAはモーグル強国のカナダでも州政府
登録のスポーツ専門校なんですね。

中卒からカナダへのスポーツ留学していた
なんて本人のやる気努力も凄いですが、周囲
の理解、特に親御さんの理解なくしては無理
ですよね。

ご両親はただならぬ方かもしれませんよね。
かなりの費用がかかることは想像に難く
ありませんね。

スポーツ留学には年間でも数千万円程度
の費用が掛かるともいわれていますから
その財力だけでも父親(両親)は只ならぬ
かただと思います。

因みに大学は日本の大学に在学しています。

現在は日本大学のスポーツ科学競技スポーツ
学科の1年生で将来が限りなく期待される
人物ですね。

原大智選手の種目ですが正式には男子の
フリースタイルモーグルです。

スキーのフリースタイル競技に1つです。

醍醐味はエアってとこですよね!

でも急滑降でのターン、エア演技、タイム
の総合点数を競うものなんですね。

原選手のこれまでの経歴は、

2015年 全日本モーグル選手権 優勝

若干18歳での制覇でした!

2016年
田沢湖スキー場フリースタイルW杯モーグル
男子4位

2017年
W杯第2戦 4位
W杯第9戦 10位
冬季アジア大会 2位

でも2018年になってから思うような滑り
が出来なかったようですね。

スポンサーリンク

原大智の父親は?モーグルを始めるきっかけ?

原大智選手の父親についての情報ですが
お名前が原勇樹さんという方らしいという
情報があります。

でも特にご自身でモーグルといった競技
スキー経験者ではなさそうです。

ただご両親共にスキー愛好家であったそう
です。

原大智選手も実際に3歳からスキーを始め
中学3年時には全日本のジュニアナショナル
選抜されているので、ご両親の特に原大智
選手の父親のスキーの薫陶は稀なものがあった
と思われますね。

ちなみに大智選手の弟である原旭飛さんで
すが、現在は日体大荏原高校に在学のよう
で、こちらもモーグルが専門ということで
す。

スポンサードリンク

原大智が平昌五輪で男子モーグル・銅メダル!

開催中の平昌オリンピックの男子モーグル
での原選手の成績は決勝3回目に100点満点
中、82.19点を獲得、見事に銅メダルに輝き
ました。

今回の原大智選手のメダル獲得はフリースタ
イルの日本男子初のメダルで、今大会初の
日本人メダルをゲットということなので、
いろいろと話題の多い平昌五輪でもようやく
日本勢の活躍が今後期待が出来そうですね。

ここまでお読みいただきまして有難うご
ざいました。

スポンサーリンク

シェアする