大前光市(プロダンサー)の経歴や現在は?リオパラリンピックの動画がヤバい!【ハートネットTV】

ハートネットTVにプロダンサーの

大前光市さんが登場です。

大前さんは義足で踊るダンサーとして

2016年リオのパラリンピック閉会式

で片足でのパフォーマンスで観客を

圧倒的に魅力したことで話題となりま

した。

世界でも義足でプロダンサーとして

活躍しているのは唯一、大前さんだけ

という。

今回はそんな大前光市さんのwikiや経歴

について、現在の活躍ぶりについていろ

いろとピックアップしてゆきましょう。

スポンサーリンク

大前 光市のwikiや経歴について

本名:大前 光市 (おおまえ こういち)

生年月日:1979年9月27日

出身:岐阜県

職業:プロダンサー、
コンテンポラリーダンサー

出典:http://www.asahi.com/

大前さんは16歳ころから演劇の舞台で

キャリアを積みます。

大阪芸術大学へすすみ、本格的にバレエ

を学び、ダンサーとして順風な毎日の

中、大前さんが突然の悲劇に襲われます。

交通事故にあい、左足をひざ下から失うと

いう惨事でした。23歳だったそうです。

大前さんが立派なのは、絶望の中をまよい

ながらも『片足でもダンサーになろう』

いうコアな気持ちを信じて歩んできたこと

だと思います。

「踊ることは楽しい!」ってどれだけ脳内

魔法を自分で唱え続けてきたのだろうか?

と不憫という言葉だけでは到底大前さんの

半生は語りつくせないものだと思います。

どうやったら片足のない身体でもまた踊れる

よううになるのか?を精一杯考え続けてき

たそうです。

バレエダンサーの身体の勉強、動きを絶え

間なく研究して、足を失う前と比べても

見違えるほどうまく踊れるようになったと

ご自分で話しています。

その後、数々の芸術祭やモダンダンス

コンクールや洋舞コンクール、ダンス

コンペティションなどで上位の成績を

受賞。

ダンサーのキャリアとして見事に返り咲

きして世間の注目を集めます。

スポンサードリンク

大前光市の現在は?

プロダンサーとしての日々を送りながら

「大人」へバレエを教えるという講座を

開いています。

これはなるほど!って思いました。

バレエという性質上、

「バレエダンサーの動き」や「バレエ

体型になる身体の使い方」っていうのは

大人から始める場合はなかなか機会が

なさそうみたいです。

大前さんは自ら「障害」というハンディ

のなか、身体をうまく使う方法を考案

した訳で、身体の上手く使えない大人か

らバレエを学ぶ人のそのメソッドを提供

すべく現在は日々活動しています。

バレエは小さい時からならうもの!と

いう固定観念・既成観念を大前さんは

見事に打ち破るべく活動しているもの

とも思えます。

【大人からはじめるHAPPYバレエ!】

いうことみたいです。

また普段は『かかしのダンサー』として

年間に約30ステージに出演しています。

大前さんは、常に

この体でしか伝えられないものがある。

この体になることで培ってきたものがある。

としてご自身の身体と魂の奥から漲って

くるパワーを見る人たちに送っている

のだと思います。

リオパラリンピックでの動画がヤバい!

2016年のリオのパラリンピック閉会式

では次大会の東京大会をアピールするた

めの8分間のプレゼンテーションがおこな

われました。

大前光市さん、義足モデルのGIMICOさん、

視覚障害者の桧山晃さんが出演したこと

で話題となりました。

セレモニーのコンセプトを【ポジィティブ

スイッチ】として、大前さんのこの時、『

短い足があったから、世界で唯一のダンス

パフォーマンスが生まれた」とコメントし

ています。

それではリオパラリンピック閉会式のセレ

モニーの様子をご覧ください。

大前さんの登場は、5:19くらいからです。

まとめ

大前光市さんのパフォーマンスについて

いかがでしたでしょうか?

大前さんは日頃から【出来ないと思う心

が障害】と話されているそうで、至極

真言であると思います。

と同時に管理人自身、身につまされる

思いで恥ずかしい気がしてしまいます。

なんでも大前さんは演目により【義足】

を使い分けているそうで、日々自分にし

かできない表現に挑戦しているそうで、

リオのステージで見せたバク天の連続

技もその一つだそうです。

常に固定観念や自分の殻を、割り続ける

大前さんのエネルギーにたいして心か

ら敬意を表します。

今後も幅広い活躍を期待してゆきたい

と思います。