デヴィ夫人の若いころはきれいだけど入れ歯の理由?孫キランの現在は可愛すぎる!?

デヴィ夫人、若いころ きれい、入れ歯 理由、孫 キラン、現在、

永遠の美魔女といえば、デヴィ夫人では?と現在78歳の年齢にも負けず
元気な姿でテレビに出演していますね。

さてデヴィ夫人の若いころはどんだけきれいだったのか噂のようですね。

しかも16歳で入れ歯となった理由もなんか怪しげで気になる!

若いころの画像も見てみたいですね!

また現在10歳となる孫のキランさんのイケメン過ぎる美少年とこれまた
話題となっている。

今回はデヴィ夫人の真相に迫りたいと思います。

スポンサードリンク

デヴィ夫人の若いころがきれい!【画像も】

名前:デヴィ・スカルノ
本名:インドネシア名 ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ
旧名:根本七保子
生年:1940年2月6日(現在は78歳)
出身:現在の東京都港区西麻布

若いころからたいへんきれいだったデヴィ夫人、そのお顔立ちやらデヴィという名前から、

外国人?  ハーフ?

と思われがちですが、純粋な日本人のようです。

父親は根本兵七郎さんといい職業は大工さんでした。

母親が根本政子さんで、母親の実家は福島県あるいは茨城県という説が
あります。戦争中の疎開先が福島県の浪江ということなのでおそらくその近辺にい知己があったのでしょう。

確かに茨城県北部には根本姓が多いように思います。

幼少時代から整った顔立ちが目立っていたのか、性格なのか、

1955年、デヴィ夫人は15歳で

新東宝映画の『青ヶ島の子供たち 女教師の記録』にエキストラ出演

中卒後は都立三田高校の定時制に通うとともに、現在のジブラルタル生命
保険(千代田生命保険)に入社します。

現在、テレビでお見受けするデヴィ夫人のハイソはイメージとはちょっと
違いますね。

実は小さいころ家庭は必ずしも裕福ではなく、むしろ借金を抱えていたと
いう環境でした。

そのせいかデヴィ夫人こと根本七保子さんは、休日にもアルバイトをかけ持つ
など苦労の絶えない青春だったみたいです。

転機はさらに1956年にやってきます。

父親が亡くなったことで高校を中退、赤坂の有名クラブであった
コパカバーナで働くようになります。

いわゆるお水の世界にはいったということですね。

これは一家の大黒柱を失ったことで、生活や家族のためという一大決心
だったと思われます。

デヴィ夫人への道のり

1959年、デヴィ夫人が19歳の時、さらに大きな転機が。

インドネシアへの開発援助の名目でスカルノ大統領のもとに渡ります。

名目は『東日貿易の秘書』だったというのでちょっと驚く話ではありますが、
当時のインドネシアの状況下、日本との外交や交友関係を築くのにスカルノ大統領は大きな存在だったようです。

東日の強固な結びつきのためにも、根本七保子さんの存在は大きなものだったのかもしれません。

根本さんはインドネシア渡航後はスカルノの愛人の一人でしたが、1962年
にスカルノ大統領と正式結婚して第三夫人の位置を射止めたのでした。

大統領失脚後の波乱万丈!現在は?

しかしデヴィ・スカルノ大統領夫人の栄華は長くありませんでした。

3年後の1965年9月30日の軍事クーデターでスカルノ大統領が失脚。

こうなると大統領夫人といえども、ただのヒト、いや人質といえる存在
になる下がるわけですからね。

デヴィ夫人は命からがら大統領府、インドネシアを脱出。

その後、スカルノ大統領の8番目の子供となる娘のカリナさんを
東京都内で出産します。

スカルノは1970年に死去するのですがスカルノ一族からの財産分与は
一切なかったとも言われていますが、その後のインドネシア政府により
当時の第三夫人としての遺産分与が行われています。

いやあ、ここまでの半生でもインドネシアという彼の地で女一人逞しく
権利を主張してきたデヴィ夫人。正義と気品を感じさせる気高い表情は
こうした茨の人生に培われたものだったんですね。

その後はフランスに渡るなどしてスペインやフランスの貴族と数々の浮名
をながしたデヴィ夫人。

何とあの名優アラン・ドロンとも恋仲に堕ちたそうですからね!

デヴィ夫人は現在、日本に落ち着いたという形なのでしょうか?

いずれにせよ時代もかわり、インドネシア政府やその要人といった枠は
外れているのかもしれません。

とりあえず日本の芸能界というこれも大変な枠の中で奔放なタレント人生
を謳歌しているデヴィ夫人のバイタリティに舌を巻かずにはいられません。

そんな

社交界の華

と謳われたデヴィ夫人のわかいころのきれいな画像がこちら。

デヴィ夫人の若いころが綺麗!

スポンサーリンク

デヴィ夫人が16歳で入れ歯にした理由は?

デヴィ夫人が16歳のころには、入れ歯にしたという理由は

夜の関係!

とも意味深な噂が現在もあるようです。

確かに高級クラブコパカバーナでは超売れっ娘だったデヴィ夫人。

水商売の女子が、入れ歯にする理由とは男性に絡むことがその理由
ともされているみたいですが、どうなのでしょうか?

そうかもしれませんが、そうとも言い切れないような。

16歳という映画のエキストラに出演していた頃で、実際は高校生だった
デヴィ夫人。

なので将来は女優のような世界への夢もあったのかもしれません。

そして歯の矯正を一番に施したのではとの憶測もたちそうです。

いずれにせよデヴィ夫人の若いころの綺麗さはハンパないですよね!

スポンサーリンク

デヴィ夫人の孫キランの現在は?

若いころの美貌が圧倒的だったデヴィ夫人。

現在では孫のキラン君が可愛くて仕方ないみたいです。

2才のころのキラン君

2018年現在、10歳となったキラン君は、デヴィ夫人の娘である
カリナさんの息子さんです。

キラン君のお父さんと言う人はオランダ人のフレデリックシーガス氏
という人で、キランさんと結婚したのは2005年のことでした。

シーガス氏の職業はシティバンクのCEOというエリート、カリナさんは
先に述べたように故スカルノ・インドネシア大統領のお子さんにあたる人物
ですからね。

キラン君の風貌も単なるイケメンとかかわいいという評判よりも、かつての
大統領の孫との威厳が備わった気品を感じさせます。

キラン君、現在はイギリスで生活しているみたいですっかり成長して只今寄宿舎
での学生生活を送っているみたいですね。

デヴィ夫人にとっては、たった一人の孫であるキラン君、HPにはキラン君への
健やかな成長の願いとともにたくさんの画像もアップしているみたいです。

楽しみな孫 キランの成長♪

本当に孫のキラン君が愛おしいんですね、デヴィ夫人。

かつて社交界で東洋の真珠とうたわれた美貌のデヴィ夫人。

現在でも華麗な経歴や浮世離れした存在と歯に衣着せぬ言動ながらも
どこかにヒューマニティを感じる独特のキャラとして幅広く支持されて
いますよね。

これからもデヴィ夫人の健康とご活躍をお祈りしたいと思います。

ここまでお読みいただき有難うございました。

スポンサードリンク