ドクター中松の現在は、がんがんロボットで余命延長?資産や息子は?

2016-07-10_234905

いわずと知れたスーパー発明家・ドクター中松氏は御年88歳だ
そうです。

ドクター中松氏といえば、変な発明品をたくさん創ってる方と思い
きや、都知事選に立候補してみたり結構お騒がせな人かもしれませ
んね。
ここのところ中松氏は、何とガンを撲滅克服するという発明品を
考案されたという。その名も『がんがんロボット』

若いころから冗談なのか本気なのかわからないほどのユーモラスな
発明を世に送り出してきたドクター中松氏の現在を調べてみました。

ドクター中松氏について

ドクター中松氏、本名は中松義郎さんというそうだ。

1928年東京の生まれで日本の発明家及び実業家であり
『ドクター中松創研』代表取締役だそうだ。現在は88歳を迎えて
いる。

ドクター中松創研は、中松氏自身が三井物産から独立して日本初の
ベンチャービジネスとして同社を昭和32年に発足させたんだそう
です。

同社の事業内容としては【発明部】と【工業部】から成るようです。

発明部が、中松氏の発明を製品化して販売しているんだそうで、
頭と健康と体を良くする装置や食品などを考案販売している。

2016-07-11_000429

これなんかビックリしてますけど・・・まかしとケ・・?

育毛剤なんですね

2016-07-11_000906

これは皆さん、しってます?

スーパーぴょんぴょんだそうです。 ジャンピングシューズという事
で『10分の運動の30分並みのダイエット効果』『車や自転車に代わる
個人の移動手段』・・・地球環境に良い・・とか。

それぞれの発明品はみんな中松氏の独特の理論に基づいて設計開発
されているみたいです。

その中松氏が最近とんでもない新発明を世に出しているみたいです。

スポンサードリンク

ドクター中松の新発明・がんがんロボットとは・・?

ドクター中松氏は、現在88歳だが、実はガンに侵され医師から死亡

告知を受けていたらしい。
その死亡予定日というのは、2015年12月31日だったみたい。

ドクター中松を検索すると、『死亡』というワードが出てくるのも
このあたりが関係しているのかも・・・。

ガンというのは『前立腺導管ガン』というものでこの病気の特徴を
東京五本木クリニックのHPのコラムに掲載がありましたのでお借り
します。
実に、このページでは中松氏への復活への応援メッセージまで織り
込まれていてビックリしました!

お医者さまより患者である中松氏に向かって、『ドクター中松、ぜひ
前立腺がん』を克服してください!って熱いメッセージを書いてあり
ます。

つくづくドクター中松氏はすごい人なんだと感心してしまいました。

そんなガンを克服するための『がんがんロボット』の開発費は約3億
円で月7万円程度でリースして世界のがん患者を救う計画も検討して
いるとか。

もちろん、中松氏はこのがんがんロボットで『一番難しいといわれて
いる私のガンも治った。他のがんに効く可能性も十分ある』と明言
しています。

がんがんロボットの仕組みは、『テラヘルツ』という物質波を使用
し、副作用なないという。具体的にはイスに座り20分テラヘルツ波
照射を浴びることで癌細胞は縮小していくという。

テラヘルツの生体への効果はこちらを参照できます。
→ → 日本テラヘルツ健康財団

何か夢のようなお話ですね。
開発費3億円で本当に難解なガンが治癒するなら、現代の医学の
有り方は今後どうなるんでしょうかね?

従来の西洋医学的な姿勢とは違う視点でガン克服法を発明した中松
氏の事はNHKのハートネットテレビでも特集が組まれていました。

ハートネットTV『ガンと向き合う新発明~ドクター中松 2年のキセキ~』

番組の中で中松氏は、『世のため人のため』に原発事故解明などの
発明を五大目標を掲げているんだそうだ。

その一つが『ガン撲滅の新治療法の確立』という事で、中松氏の
ガン撲滅の発明DNT10によると

2016-07-11_012702

ということでした。 なんかスンゴイですね。

ドクター中松氏の資産とはいったい? 息子っているの?

中松氏はあのフロッピーディスクの考案者としても知られています。
またあの手でしゅぽしゅぽする灯油ポンプ、やヘリコプターによる
農薬散布なんかも中松氏の発案なんだそう。

フロッピーの件では異なる考えの方もいるみたいですが・・。

発明件数は自称で3000件以上のようです。
発明のほかに特許をたくさんお持ちのようであの『がんばれ日本』
というフレーズもドクター中松氏の商標登録だったというっことで
す。

こうしたことから考えても世田谷の氏の豪邸は30億ともいわれて
いるようですが、うなづいてしまいますね。かなりの資産家という
ことです。
その他、講演料・出演料・印税・特許料など様々な収入があるでしょ
うから、自宅のトイレが黄金で約1億円だといいますから。。

また2015年の5月には自宅内にドローンの練習場を開設したんだとか。
2016-07-11_014512相当なやり手でもあり資産家でもいらっしゃるドクター中松氏で
すが、動産や不動産のほか知的財産もたくさん所有しているので
財産の相続は大変なことになるでしょうね。

中松氏には中松義成(よしなり)氏という息子さんがいらっしゃ
います。
2016-07-11_015239職業はシンガーソングライター、写真家、ギタリスト、トラックメー
カー(楽曲の作・編曲を担当する)などをされています。
どうやら40代で独身の様子ですね。

世田谷のドクター中松邸に同居のようですが、今後、お父様の莫大な
功績や財産を巡っていろいろと大変でしょうね。

ドクター中松氏は息子さんのお嫁探しにも奔走されているとも聞こ
えてきますが、見事ガンを克服され更に発明人生を謳歌されること
でしょうね。

ドクター中松氏には今後もずっと元気で明るく楽しい発明品を世に
送り出していただきたいと思いました。