高橋大輔(探検家)のwikiや経歴と本業は?年収や家族は?【クレイジージャーニー】

1日のクレイジージャーニー探検家で
冒険家高橋大輔さんが登場します。

おとぎ話やフィクションと思っていた
話がもし実在するとしたら?って考えた
ことありませんか?

とってもロマンがあって、ワクワクし
ちゃいますよね。

そんなロビンソンクルーソーのような
純粋な冒険心を大人の今も心に持ち続けて
いるのが高橋大輔さんです。

例えばサンタクロースの存在!
そのルーツを高橋さんが探訪すると
思いがけない思いがけない存在が
明らかになった!等。

街中のトレジャーハンターではないので
世界中の難儀なスポットに挑戦するのは
ハンパない試練の連続のようです。

今日はそんな高橋さんの冒険の魅力と
志した理由などを中心にピックアップ
してゆきます。

どうぞ最後までおつきあい下さいませ。

スポンサーリンク

高橋大輔(冒険家)のwiki・プロフ、経歴について

冒険家(探検家)・高橋大輔さんは
1966年生まれで現在51歳です。

出身は秋田市.

学歴は、明治大学でしたが学生時代から
世界中を放浪しています。

それも世界6大陸といいますから、
ほぼ世界中を歩いているという。

いったいそれほどまでに冒険や探検
が高橋さんを惹きつけるという、
その根拠と理由はなんでしょうか?

高橋さんの現在の探検のテーマは
『物語を旅する』というものです。

この場合の物語というのは世界神話や
文献の現場や舞台となった場所。

なるほど高橋さんは歴史愛好家のよう
です。

大学卒業後、東京の広告会社で営業職
をされています。が13年勤務で退社
します。

理由は『探検を自ら納得いくまでしたい』
という世間的にはアウトな理由ですね。
でもその理不尽な理由に引きつけられ
る方はたくさんいると思います。
管理人もかなり気になりますから。

年齢的には大卒13年というと30代
半ばですから、会社の同僚の動向とか
出世とか通常気になる年頃です。

しかし高橋さんご自身のテーゼは冒険と
探検だったという厳粛な事実は、本人
だけが向き合う厳粛な事実だと思います。

本人的に軸ブレのない事実!

これって大事なファクターですよね。

付け加えると会社員をしていたのも、
興味がなかったわけじゃないけど、探検
の資金集めが目的だったというので、
この意味でも高橋さんの探検への傾倒は
ハンパなものではないことがわかります。

高橋さんのブログには『あの物語は完全
にフィクションなのか?』という言葉
がありますが、独特の視点からフィク
ションを現実に戻すといういわば歴史
の冒険を現実世界に引き戻す行動を
繰り広げているのが高橋大輔さんの
基本的行動だと思います。

スポンサードリンク

高橋大輔の探検家を志した理由は?

もともとは大学時代にシベリア鉄道
旅を体験したことに触発されています。

日本の国土とは異なり10日に渡る鉄
道の旅は、車窓からの景色が移り変わり
の素晴らしさと奇妙さを不思議な感覚
として高橋さんの心に投げかけます。

この感動を皮切りに世界中の大陸を
思う存分走破したい高橋さんの探検家
魂に火が付いた理由です。

現代の日本で探検家というキャリアの
方ってどれくらいいるのだろうか?

ふるくは植村直巳さんという犬ぞりで
北極圏を旅した方がいますが、他には

  • 野口 健さん(世界7大陸最高峰登頂)
  • 渡辺 大剛さん(7大陸を日本人最年少で制覇)
  • 堀江   謙一さん(ヨットで太平洋単独横断)
  • 南谷 真鈴さん(美人すぎる女性探検家) など

高橋大輔の冒険履歴について

冒険家で探検家の高橋大輔さんの、
冒険履歴について調べてみましょう。

先ほど紹介の日本を代表する冒険家
とは一風変わった旅を経験している
ことがわかります。

まず最初に、高橋さんの探検のテーマ
「物語を旅する」という事。

世界各地の神話や伝説を検証して文献
と現場への旅を重ねているんです。

2005年にアメリカのナショナル
ジオグラフィック協会から支援を受け
ロビンソンクルーソー島国際探検隊
の体験隊長を務めます。

結果、ロビンソンクルーソーのモデル
とも言われるアレクサンダー・セルカーク
の住居跡を発見したのは2005年で
した。

高橋さんは探検家とも冒険家とも評
されていますが、冒険は危険を冒して
て挑戦であるのに対して、探検は
「探して挑戦する」という検証作業
だと言います。

探すのは人類が残した生きるための
智慧を探訪しているとも。

高橋大輔さんの自身の探検については
以下の通り著作として出版されています。

  • ロビンソンクルーソーを探して
  • アマゾンのエルドラード
  • 旧約聖書のシバの女王
  • 間宮林蔵
  • なまはげ
  • 浦島太郎はどこへいったのか?

いずれも探検にたいして真摯な高橋さんの
探訪記録ですね。

探検家・高橋大輔氏の著作はこちら!

高橋大輔の年収は

冒険家や探検家の年収の算出は難しい
ですね。

おもな収入源はスポンサーという立場
からというのは間違いのないところで
すね。

旅や探検先に関係の有りそうな企業や
団体、地域に協力を仰ぎスポンサーと
して募るわけですね。

高橋大輔さんの場合は既に深訪について
著作もだされているのでその方面から
の収入と何といってもアドベンチャー
の専門家として各方面からセミナーや
講師などの依頼があるようです。

股にかけるのは幅広く世界という事
を考えると高橋さんの年収はズバリ
800~1000万円程度
ではないかと推察します。

高橋大輔さんの家族は?

探検家の高橋大輔さんの家族の情報は
見当たりませんでした。
結婚の情報のなかったのですか、こんな
夢のある仕事を追い続ける高橋さんに
魅力を感じる女性はたくさんいるのでは
?と思いますので、情報が回っていない
だけでしっかりとご結婚されているので
は?と個人的には推察します。

だってこんなに夢ある仕事を生涯に
追い続ける人はなかなかいませんよね。

現実的な生活とか金銭とかの問題はある
ますが、人間的にかなり魅力を感じる
のは間違いないところではないでしょう
か。

まとめ

いかがでしたか?
きょうは冒険家、いや探検家の高橋大輔
さんのついて情報を探ってみました。

高橋さんはセルカークの住居跡と探し当て
るまで、13年費やしたそうです。

なんて途方のないロマンあふれる仕事では
ないでしょうか。

行く手は多難は間違いのない仕事だと思い
ますが、探検家・高橋大輔さんのロマン
実現街道の人生を心から応援してゆきた
いと思います。