酒のツマミでシェア独走の伍魚福・山中勧社長の開発秘術とは?カンブリア宮殿で大暴露?

『伍魚福』っていったい何でしょう?

伍魚福は『ゴギョフク』と呼ぶんだそうです。
実は神戸に本社を置く会社なんですね。社名としては大変珍しい
ですよね。

私も最初はまったくわからずに会社名というよりは、中国や台湾
の人名かなと思っちゃいました。

『株式会社 伍魚福』は兵庫県神戸市長田区に本社を構えるオツマミ
珍味を製造販売する食品メーカーなのです。

実はこの伍魚福は、全国のスーパーなどに4000以上の専用の売り
場を持ち、400種類の酒の肴を売る…そんな他に類のない珍味ビジ
ネスに特化しているユニーク企業さんのようです。

そんなユニークな社風の裏事情をカンブリア宮殿の村上龍さんが
ほっておく訳がありませんよね!

今日はそんなユニークで圧倒的シェアを誇る伍魚福について、初期
の下請けスルメ工場からどのようにして総合珍味メーカーへのステッ
プアップを図っていったのかを探ってみました。

株式会社 伍魚福 の歴史は・・・

伍魚福は昭和30年に有限会社 五魚福 として、山中直次郎・山中勉
の兄弟で創業されました。
海産物を原料とした珍味を製造とありますが、要はスルメの加工から
スタートしているようです。

伍魚福というユニークな社名の由来ですが、先代が易者から

『五』 『魚』 『福』

の三文字を書かれて、『五種類の魚でアメ炊きにして酒のつまみを
つくれ』と言われたことに起因しているのだそうです。
その後、『人』を大事にしたいと考えられ『五』を『伍』に変えられ
た『伍魚福』と改めたんだそうです。

会社というのは同僚であっても、上下関係であってもライバル社や
顧客であっても結局は人とヒトとの関係の中にあるわけですから、
『人』を最大の財産と見据えるっことはとて大切な視点であると
同時に創業の『思い』が深く込められた社名という事なのですね。

さて伍魚福の歴史に戻りますと、同社の主なヒット商品は一夜干
し焼きいか・ピリ辛さきいか天・いかなごのくぎ煮などだが、同社
の強みは実に数百種類以上のオツマミ商品を商っていることではな
いでしょうか。

伍魚福の山中勧社長によると約350種類程度は優に扱っているら
しく、何といっても製造メーカーの商品力というのはもちろん品質
も大切ですが、種類やバリエーションがお客受けに直結しますよね。
もちろん適正在庫や不良在庫のリスクとは常に睨めっこする必要は
ありますが・・。

1989年のチルド商品導入を降りに「酒の肴コーナー」としてスー
パーに参入するという好機に恵まれました。
縦5段までの陳列棚に30-70種類もの珍味を陳列するスタイルだった
という事で多くの同社のアイテムが一つの棚に品揃いできて、珍味
商品の認知度が一気に上がった瞬間だったと言います。

とはいえオツマミなんて所詮オツマミとも言えなくもないですよね。
伍魚福は、好みの移り変わりは激しいことを見込んで、売り場訪問・
売れる売り場作りの提案・研究リポートなどの支援を重ねて全国の
食品スーパー2000店舗への売り場展開を現在に実現させていると
いいます。

山中勧社長の総合珍味メーカーへの開発術とは

山中勉前社長のワンマン的な経営手法とは異なり、現在の山中勧
社長の経営手法は、『チーム的経営』に変換させたといわれている
ようですね。

どういう事なのでしょうか。

実は社名を『五』を改め『伍』としたのは、人材を『人財』と認め
事よると思われます。

山中勧社長は、

『神戸で一番おもしろい会社をつくろう』『珍味を極める』
といったスローガンのもと、社員もパートさんも、協力工場の方々も
全員一丸となって、すばらしく美味しい珍味づくりとその普及に全力
を注いでいます。

と自ら話されています。

伍魚福の商品開発術や経営開発の裏には、山中勧社長の考えられる
『おもしろい会社づくり』がベースなのかもしれませんね。

具体的には

『報奨金付きの商品アイデア提案制度』

『改善提案制度 TG提報』(社長あて)

を社内で実践している。

TGというのは、TEAM GOJYOFUKU という事で、社長も社員も
パートも情報を共有して『人財』として会社を盛り上げていく土台
をしっかりと築きあげているのではないだろうか。

まとめ

前の勉社長からの現在の勧社長による会社の路線変更はいろいろと
苦労があったのではないでしょうか?

カンブリア宮殿では、父子それぞれの会社や珍味への熱い思いが
語られるのではないかと思うと放映がとっても楽しみですね。