半崎美子のNHK・お弁当箱の歌が話題!メンソンの理由と周囲の反応が気になる!

半崎美子さんのうたう『お弁当箱の歌』が4月3日からNHK「みんなのうた」で流れていて人気を博しています。

半崎美子さんはシンガーソングライターとして実に17年のキャリアがあるそうでその彼女が唄う歌は『泣かせ歌』として有名みたいです。

半崎さんの歌についてその魅力や周囲の反応や評価についてまとめてみました。

半崎美子さんの歌とメンソンの理由とは

半崎さんの歌は、「メンソン」(メンタルソング)として有名になりつつあるそうです。この4月にメジャーデビューという事ですが、それまで地道なインディーズ活動ともいえる道を歩んでいます。

※半崎美子のwikiや経歴はこちらから※


彼女の歌はすべて、自身の作詞と作曲をされています。

「泣かせ歌」との評判もたっているようです。

「メンソン」は誰かの思いや心を歌に表して、共感を呼ぶ楽曲をさします。

特に「メンソン」といわれるカテゴリーはこれまでなかったのかもしれませんが、世界中のたくさんの歌というのは、幅広く考えればメンソンと言えなくもありません。

その中でも、半崎さんの世界が、特に「メンタルソングの歌姫」といった異名をとるようになったのはその優れた歌詞や楽曲がたくさんの人の想いに届き共感を呼び評価されたものだと思います。

東関東大震災以降、全国のショッピングモールを中心に音楽活動をしてきた半崎さんはファンとの触れ合いの中での想いを楽曲におとしてきたそうです。

人の悲しみは他の誰かの悲しみを治癒するんだな」というふうに感じるようになったそうで、優しく背中を押すような気持ちで書いた「明日へ向かう人」が「泣ける!」と多くの感動の輪が広がっていったみたいです。

半崎さんのメンソンの原点というか理由は、多くの人との交流で得た人の『想い』を優しいタッチで追いかけていることにあると思います。

スポンサードリンク

「お弁当箱の歌」について

半崎美子さんのメジャーデビューはの作品は、ミニアルバムということですが「うた弁」というタイトルです。

このアルバムは8曲が収録されていて、特に「お弁当箱の歌~あなたへのお手紙~」は子供の卒業までお弁当を作る想いをお母さんの目線で表現されている曲です。

プロデューサーは、亀田誠治さんがサウンドを担当されているそうで、亀田さんは元・東京事変のベーシストとして参加、その前後にはスピッツ、スガシカオ、平井堅さんなどからのプロデュースを担当。

現在、音楽シーンやCMなどでも広く活躍されている方です。

ところで「お弁当箱のうた~おなたへのお手紙~」を含む「うた弁」のアルバムジャケットは半崎さん自らが手がけているそうですよ。

この曲はNHKのみんなのうたで、4~5月の間ピックアップされている唄です。

ジャケットにはまるでお弁当を愛情込めて作るように、一曲一曲を愛情豊かな彩りでぬくもりのある作品にしあげた!、とのことで半崎美子さんの想いがずっしりと込められている!アルバムという事で間違いのないところです。

半崎美子リリース情報
デビューミニアルバム:「うた弁」
 2017年4月5日発売

  1. サクラ~卒業できなかった君へ~
  2. お弁当ばこのうた~あなたへのお手紙~
  3. 稲穂
  4. 天国3丁目
  5. 深層
  6. 夏花火
  7. 鮮やかな前途
  8. ふたりの砂時計

いくつか聴いてみると半崎さんの歌声は、本当に『みんなのうた』というイメージにマッチングする感じです。

NHK側が、制作を半崎さんにオファーしたということですが、納得できますね。

半崎美子さんのCDはこちら!から

周囲の反応が気になる!?

半崎さんは、メジャーデビューで一気に成功へのステップを登りました。

そんな半崎さんのファンの反応をまとめてみました。

まとめ

人気上昇中の半崎美子さんについていかがでしたか?

17年にわたる地道なセルフプロデュース活動から、一転してメジャーの音楽シーンに現れた半崎さん、その音楽世界は決して派手でもなく、煌びやかさとは一線を画した独特の世界を構成しています。

実力は充分あると思いますので、今後も安定して素敵な曲を送り出してくれるものと期待ができそうですね。

最後に『うた弁』発売記念ライブの日程を貼っておきますのでお近くの方は是非お出かけくださいね。

これからも半崎さんの活動を注目してゆきたいと思います。