イッテQのラオス橋祭りのやらせ・ねつ造の理由は?宮川大輔は知っていた?打ち切りと口コミも!

イッテQ、ヤラセ、ねつ造、理由、宮川大輔、口コミ、

文春砲の暴露劇!!

今度は日テレの人気番組イッテQの祭り企画にやらせねつ造疑惑
持ち上がり話題ですね。

今回持ち上がったイッテQのやらせねつ造疑惑の理由について、急ぎ
調べてみました。

また、祭り企画の中心・宮川大輔のコメントや世間の口コミ反応
どうなのでしょうか??

スポンサードリンク

イッテQの祭りのやらせねつ造疑惑について

イッテQは2007年から放送されている日テレの人気番組です。

『世界の果てまでイッテQ』ですね!!

子の中で有名なのはイモトの珍獣ハンターかなとも思いますが、
それと肩を並べるのが、

世界で一番盛り上がるのは何祭り?』でしょうね。

この祭り企画について、簡単に説明すると、宮川大輔さんがその月に
開催される世界のお祭りをランダムで選び現地で体験するというもの。

宮川さんの現地でのハッピ姿が妙に慣れてきているようにも思います。

さて今回、文春砲がイッテQの祭り企画について番組ロケのラオスでの
ロケが実は『やらせ・ねつ造』だったことを報じたものですね。

その内容なのですが現地ラオスで自転車で橋を渡るという<橋祭りinラオス>
ロケがやらせ・ねつ造だったという内容なんです。

これはファンにとっては衝撃的ですね。

問題のラオスでの祭りロケですが、5月20日放送分の

橋祭りinラオス ということです。

この祭りですが、橋に見立てた全長25mの板を自転車でわたりスピード
を競うという内容でした。

関連記事はこれ!

イッテQのやらせ問題、現地のコーディネーター会社はどこ?祭りはイベント企画だった??

橋祭りの不自然な点を指摘したやらせ・ねつ造疑惑

文春によるとこの自転車によるラオスの<橋祭り>について不自然な点を
具体的に列挙してやらせ・ねつ造説を展開しています。

内容は、

そもそも現地の人は『橋祭り』を知らないし聞いたこともない

現地に自転車は超レアで外国人観光客が観光で使用するくらい!

現地撮影はラオスの現地の役人も立ち会ったが、橋祭りはラオスで
初めて行われたもの!

という証言も現地の観光省やメデイア担当といった複数筋から声を
集めたものとしています。

関連記事はこれ
イッテQやらせ・ねつ造問題!BPOの争点とは?番組打ち切りの可能性についても!

イッテQがやらせ番組制作の理由とは?

今回の文春の疑惑報道について、制作側の日テレですが、

やらせ・ねつ造説を真っ向から否定していますね。

その内容というのは、

今回は現地からの提案を受けて参加したもので、番組サイドで
企画したりセットを設置した事実は一切ありません

とのコメントをだしています。

スポンサーリンク

ラオスの橋祭り、やらせ・ねつ造を検証!

文春報道によればこの画像が。

引用http://bunshun.jp/

この画像が、祭りの全景なのでしょうか?

左端にある施設が「橋祭り」としています。

その場所で、下記のようにイッテQの撮影(祭り)が行われたようです。

引用http://bunshun.jp/

ちょっと『橋祭りinラオス』という現地の祭りの全景としてはどうなんだろう?
という気もします。

障害レースという特性もあり、泥や水といった場所も必要なために幹線から
かなり離れたところに設置されているのでしょうか?

ちなみにロケが行われたのはラオスの最大の都市のヴィエンチャンという
ところです。

ヴィエンチャンはある資料によると、世界一何もない首都!!とありました。

ラオス観光情報局によるとヴィエンチャンの

『フェスティバル・祭り』として紹介されているのは、

  • 水かけまつり
  • ロケット祭り
  • ヴィエンチャン・ボートレース
  • タートルアン祭り
  • ブン・オークパンサー

といった祭りが現地で馴染みのもののようで、

ラオスの橋祭り

といった内容は確認できなかったですね。

こうしたことから、イッテQのラオス橋祭りのやらせ・ねつ造についても
可能性がないとは言い切れない気もします。

スポンサーリンク

イッテQの打ち切りの可能性とは?

現在のところ文春側と制作サイドの日テレの言い分は、完全に食い違いが
ありますね。

今後、事実についてどう展開してゆくのでしょうか。

ところで万が一、イッテQの橋祭りがやらせ企画だった場合、最悪当該
番組の放送終了・打ち切りの可能性があると思います。

公共の電波による影響は著しいと思いますからね。

番組への信頼失墜は視聴率低迷に繋がるでしょう。

いわゆる放送倫理の問題として大きな影響があることと推察されます。

テレビ番組で過去にやらせ・ねつ造が明らかとなった理由で打ち切りと
なったのは、フジテレビのほこ×たてですかね。

ほこ×たて の場合は、該当したラジコンメーカーの関係者による内部告発
により、実際の対決内容と『現実は異なる』といったことが暴露されたもの
でした。

たいして政策のフジテレビが捜査を開始して、編集の際のねつ造や不適切な
演出について確認されたことで番組の一時中止とその後の打ち切りが決定し
たものでした。

今回のイッテQのラオス橋祭りの場合、日テレの制作現場への捜査のメスは
はいるのでしょうか?

外国ロケということで、多くの制作陣やコーディネーターなども存在している
はずですから、やらせ・ねつ造についての理由真相の解明には時間がかかる事
は間違いないでしょうね。

イッテQのやらせ疑惑について宮川大輔は知っていた?

実際、祭り企画に出演している宮川大輔さんはやらせについて知っていた
のでしょうか?

現在までに宮川大輔さんからの発言はないようですね。

日テレ側が、やらせ・ねつ造疑惑をはっきりと否定しているので、今後
宮川大輔さんが何らかの発言をする可能性があります。

イッテQのラオス橋祭りのヤラセ・ねつ造の真相は?

現在では企画がやらせだったのか否かは明確ではありません。

11月8日に文春最新号がでますし、それを受けて日テレが正式コメント
を出すようなので内容が注目されます!

やらせ・ねつ造疑惑の真相についてですが、じつはラオスの橋祭り企画は
7年前に同じような『橋のむこうへ行く祭り』があったみたいです。

その時と今回の疑惑の橋祭りが違う点は、障害物がある!ということです。

このへんのルールは各地によりバラエティに富んだものだそうです。

また、『橋祭り』自体は東南アジア各地で流行しているとのことで、これが
本当であれば、現地の方の証言で

橋祭りなんて聞いたことがない!!

というのもちょっとおかしな話になるのではないでしょうか?

やらせ・ねつ造疑惑が持ち上がった可能性として考えられるのは、現地の
もおもとのお祭り内容に、番組側が『盛り上げ演出』を追加レシピとして
アレンジしたことも考えられますね。

そうなると祭り企画のコンセプトの有り方にも関係してヤラセ疑惑を考える
ことも必要になるかもしれません。

スポンサーリンク

イッテQの祭り、やらせ・ねつ造について反応や口コミ

今回のやらせ・ねつ造疑惑について反応や口コミは以下のようなものが
おおいですね。

少なくても宮川が知っている可能性が高くない?

今とき、こんなリスキーなことをやるとは思えない。
日テレ担当者が相当追い詰められていた可能性もあるのでは?

どうでも良いわ!バラエティ番組なんかその時面白かったね、
どうでも
良いだろう。潔癖症気持ち悪い。

報道でもないバラエティでこんなに責められる必要あるのか?
大人の世界にはウソが溢れていると事実も含めて親が子供に教育
すれば良い。

逆に現地の人が、日本の番組企画で何かやってほしいと考えたの
かもしれない。
楽しめればそれはヤラセじゃなくて演出でいいと思う。

口コミや反応として、ヤラセを決して擁護するものではないのですが
バラエティの性質上、やらせ・ねつ造と『演出』のはざまについて今後
も考えさせられますね。

イッテQのラオス橋祭り企画のやらせ・ねつ造疑惑の今後の展開についても
中止してゆきたいと思います。

ここまでお読みいただきまして有難うございました。