荒木香織はメンタルコーチ!wikiや経歴と結婚した夫は?五郎丸の心の鍛え方は?【ホンマでっかTV】

ホンマでっか!TVに、スポーツ心理
専門家でメンタルコーチの荒木香織
先生が登場します。

さんまさんといずれも強烈なキャラ
の評論家の先生たちのトークバトル
が毎回人気ですね。

今回はメンタルコーチの荒木香織
先生がテンパりやすい人の特徴を
伝授するらしく、その説がさすが
スポーツ心理の専門家らしく納得
みたいですね。

今日はメンタルコーチの荒木香織
先生についてピックアップ!です。

スポンサーリンク

荒木香織先生のwikiやプロフィール

荒木香織先生は心理学のなかでも特に
スポーツや健康に関係する分野の専門
家です。

生年月日:1973年で今年44歳です。
出身:京都市中京区
学歴:京都女子高~日本大学文理学部

主にスポーツ心理を基盤としたメンタル
トレーニングのプログラムをコンサル
ティングに従事しています。

なんでも勝負事で実力やそれ以上の
力を発揮するには心と技(技術)の
習得は不可欠です。

その中で心を強くする、プレッシャー
に打ち勝つ要素は特に重要みたいです。

心の強さというのはトレーニングを
積むことで鍛えられる事が明らかに
なっているわけです。

内外のプロスポーツシーンでコーチ、
トレーナー、コンディショニング
コーチという専門家がついて「心・
技・体」をバランスよく鍛えることが
最良の結果に繋がるという研究結果
からメンタルトレーニングの意義が
高まっているのです。

メンタルトレーニングは本来は、1950
年台の旧ソビエトでとりいれられた
そうで、宇宙飛行士の不安やプレッシャ
ーを解消するための効果が認められた
ことを発端に拡がったそうです。

荒木香織先生のwikiに話を戻すと
学生時代はご自身もアスリートだ
ったようです。

専門は陸上競技で主に短距離走の
ようでした。

成績は国体、ジュニアオリンピック、
インターハイに出場経験のある
トップアスリートだったようです。

荒木香織の経歴や職歴について

日大卒業後、荒木先生は渡米して教育学
と運動スポーツ科で学びます。

帰国後の2005年に早稲田大学の人間
科学部助手に就きます。

その後シンガポールの教育機関や兵庫
県立大学などでいずれも人間と環境に
関する研究学の教員を務めています。

2008年
北京五輪・セーリング日本代表メンタルコーチ

2012年
15人制ラグビー日本代表メンタルコーチ2015年
ラグビーW杯イングランド大会の日本代表メンタルコーチ

荒木先生ご自身も、かつて女子ラグビー
をプレイされていた経験があるそうで
この経験がラグビー日本チームのメンタル
トレーナーへのきっかけだったみたい
ですね。

スポンサードリンク

荒木香織の結婚や夫、家族について

荒木さんのプライベート情報ですが
ご結婚はされているようで、男の
お子さんがいるみたいです。

W杯では生後1年弱の長男を帯同
して話題となりました。

夫(旦那)の情報はほぼ皆無の状況
ですが中学の教員との情報があり
ます。

ただ生後間もない子供を外国遠征に
帯同させるなどの事から、荒木さんと
夫は離婚しているのでは?という
見解もありますが真偽は解りません。

また、荒木さんの弟・雄一朗氏はホンダ
のラガーマンとして活躍していたそ
うで、元日本代表の長谷川慎氏は
荒木香織さんの幼馴染。

高校ラグビーの強豪である京都の
伏見工業高校監督の山口良治氏は
荒木さんの母親と同級生というから
京都という場所がラグビー熱が強
い影響か、荒木さん自身にも不思議
とラグビーへの縁があったのかも
しれませんね。

五郎丸との関係とは?

荒木香織先生は五郎丸選手でお馴染み
のキック前のルーティーンの開発者
として有名です。

実はこの五郎丸ポーズには全く意味が
ないのだそうです。

荒木さんのHPで明言していてビックリ
しました。

とっても逆説的で、わけが解りません
よね。

じゃあなんでやってたの?って感じ
です。

ブログ記事を参照くださいね。

結果的に五郎丸選手のキック成功率
は素晴らしいものがありました。

でもそれは五郎丸ポーズのおかげで
はないらしい。

ルーティーンは、専門用語で『プレ・
パフォーマンス・ルーティーン』
そうですが、これを実践する目的は
キックが成功するためのものでは
なく、ルーティーンはパフォーマン
スの強化向上の影響することが、
スポーツ心理で明確にされている
ことが実践の理由ということです。

代表メンタルコーチ就任について

荒木香織さんが2012年にラグビー日本代表
のメンタルコーチに就任したのは、代表ヘ
ッドコーチのエディ・ジョーンズ氏からの
ラブコールだったそうです。

理由は荒木さんが日本人としてのメンタリ
ティと外国のメンタリティの両方を理解
していた点が大きいみたいです。

エディ氏は日本のサントリーでもプレイ
経験があるのでその両方のメンタルの
有り所の意義を感じていたそうで、その
意味で荒木さんへの白羽の矢となった
経緯があります。

監督としてエディ・ジョーンズ氏は
完璧主義者だそうです。

そして日本のラグビー史を変えていく
という明確な目的のもと、世界で戦う
ことに必要なものを、荒木香織さんの
ラグビー経験に基づくコンサルテーシ
ョンの能力に託したという事ですね。

ラグビー日本を変えたのは著作本『心の鍛え方』!

ラグビー日本代表メンタルコーチの荒木
香織先生の本に『心の鍛え方』があり
ます。

その中で、

かつての私に必要だったのは、強い気持ちを持つことではなく、

心の準備だったという事!

と語っています。

アスリート経験者の荒木さんがスポーツ
心理を長年学んだ経験から、過去の自分
を振り返った時に気づいたことだそうです。

強い気持ちを持つ」事を目標とした時に
じゃあ何をどうすれば、実現できるのか
というとなかなか答えはでないのではない
でしょうか?

荒木さんの本では、それに対して明確に
「心の準備をすること」としていて、
次に具体的にどうやるのかを説明して
います。

アスリートに限らずビジネスマンや
学生など幅広く読み応えがある荒木
香織先生の著作本だと思います。

まとめ

今日はメンタルトレーナーの荒木香織
さんについて調べてみました。

人間はメンタルな生き物といわれますが
そのメンタルを自分で律することが
自在だとしたら、とても価値があるもの
ではないでしょうか。

結果として多くのシーンで成功を
収める確率が格段に上がると思い
ます。

荒木香織さんは単に心理学を学問
の範疇を超えた実戦的なメンタル
トレインを第一線で実現して効果
をあげている方ですから、今後も
その活動にとても注目されること
は間違いないと思います。

これからもメンタルトレーナーの
荒木香織さんに注目してゆきたい
と思います。