いとうけんいち(四足歩行ギネス記録)がヤバっ!経歴や現在と嫁や記録・ジム情報は?【マツコ】

マツコの知らない世界、今回は

なんとギネス記録に挑戦!ってことで、

世界を制するツワモノ精鋭が登場するみた

いですね。

なかでも大注目株は、いとうけんいち

さんではないでしょうか?

いとうさんは、「四足歩行創設者」という

日本人発信の競技の第一人者です!

今日はいとうけんいちさんについて

経歴やどうして四足歩行に特化した

のか?、嫁や家族情報、ギネス記録に

ついてなど、いとうけんいちさんの

現在をつまびらかにピックアップ!

してゆきましょう。

スポンサーリンク

いとうけんいちのwikiや経歴について

本名:伊藤 健一(いとう けんいち)

出身:東京都

生年月日:1982年5月8日(現在35歳)

身長:163cm

いとうさんは21歳の時に動物園でみた

猿の走り方に魅了されたそうです。

以来その四足歩行を独自に研究と練習に

励んできたそうです。

ただね、何でまた猿歩きに?

って単純に思った方、ちょっと待って

下さい。

いとうさんにも魅了されたなりの履歴が

あるみたいで、それは猿のなかでも歩行の

速度が最速パタスモンキーにはまったと

いうことなんです。

霊長類最速のパタスモンキー

なんでもパタスモンキーは最速で時速

55キロの速さで歩く(走る)動物という

んです。

自動車並みですね・・

100mを6秒57で走る能力だということ

みたいです。

一口に猿といってもパタスモンキーは

かなりハイスペックで、これにいとうさん

は魅了されたわけですね。

ちなみに現在、日本でパタスモンキーに

会える動物園は、

  • 日本モンキーセンター(愛知)
  • 広島安佐動物園(広島)
  • ときわ公園(山口)

だそうです。

いとうさんの経歴に戻しますと、

パタスモンキーにあこがれてから独自の

トレーニングを開始してから5年後の

2008年に「四足最速人間」としてその

スピードがギネス世界記録に認定され

るという快挙を成し遂げます。

記録は100m18秒58!

その後いとうさんの経歴は世界でも注目

されたみたいで、海外と日本のyahoo!

トップニュースに紹介されたみたいです。

そのときのコメントが、「500年以内に

陸上短距離走の全選手が四足歩行になって

いる」と予言めいた発言で世界的な注目を

浴びたといいますな。

まあ、いとうさんが何を根拠にそういった

のかは不明ですが、自分が四足歩行の最高

峰として賞賛に値する気持ちを「俺について

こい!」とばかりに素直に口にでたと

いうことでしょうか。

その後は四足歩行のスペシャリストとして

世界各国各方面で活躍していますね。

四足歩行100m世界大会の開催にこぎつけ

自身の記録を毎年一秒づつ更新しており

この調子ならば、

「2020年には9秒台で走れる計算なの

で東京オリンピックは僕(いとう)が

優勝します!」との宣言も出たみたいで

相当なビッグマウスも同時にお持ちの方

のようですね(笑)

2014年には一度王座から陥落しながらも

翌年には再び100mで15秒71で再びギネス

世界王者に返り咲いた猛者でもありますな。

スポンサーリンク

いとうけんいちの現在とは?

いとうさんは、四足歩行のエピソードで

話題もちきりと思いきや、しっかりと会社

経営もこなされている様子ですね。

2014年、太陽光発電施設(個人)

2015年、うなぎ養殖事業

現在では、これらの事業を軸に新規会社

である株式会社all foursの代表と

なっている。

2017年には自ら考案の四足歩行の経験と

理論を取り入れたボルダリングジムを

出店したそうで、こちらの名称は all

foursGYMボルダリングと四足歩行教

室)ということで、やっといとうさんの

真骨頂が事業化されてきたということな

のかもしれませんね。

■その他の関連記事はこちらもどうぞ!

CMソングの女王・ミネハハのwikiや本名とは?

痛くないハイヒール考案の瀧見サキ氏の評判がヤバイ!

all fours GYM (オールフォーズジム)とは?

オールフォーズジムは、四足歩行お世界

記録保持者のいとうけんいち氏が開設し

四足歩行専門のジムです。

 all fours GYM

おもなクラスとしては

  • 四足エクササイズクラス(女性向け)
  • 四足キッズクラブ(子供向け)
  • ボルダリング

四足歩行を軸に人気のボルダリングにも

とっかかっているあたりがいとうけんいち

さんの事業者としてのセンスが伺えるよう

な気がします。

コンセプトは、

四足で登り、四足で走る!

従来にない「未体験レッスン」で受講者

の「野生を目覚めさせる!」とここでも

いとうさんのビッグマウスぶりが微笑ま

しい限りですな。

現在であれば、GYMのOPENキャンペーン

とかで、新規登録料1500円でボルダリ

ングと四足歩行教室が体験できるみたい

ですよ。

スポンサードリンク

いとうけんいち氏の嫁や家族は?

いとうけんいちさんは現在、35歳で

会社の社長でもあるしなんと言っても

四足歩行の世界タイトルホルダーと

して多忙な毎日です。

練習は毎日6時間されているそうで、

なかなか時間もなさそうですし、

ブログなどにもそれらしき情報は

ないのでいとうけんいちさんは現在

独身ではないかと思われます。

今後、彼女や嫁と一緒に四足歩行

をペアで世界ホルダーを狙ってほ

しいなと思いますね!

いとうけんいちさんの四足歩行はギネス王者!

さていとうけんいちさんの四足歩行(走行)

の記録は現在はギネスタイトル級で間違い

ありません。

2015年にはヒツジ、アルパカ、プードル

と四足レースで勝利したい言います。

現在のいとうさんの記録は16秒87!

もちろんギネス記録です。

四足歩行を初めて今年で14年のキャリ

アということです。

持論としては、二足歩行よりも四足の

方が、トルクなりピッチなりが完全に

優れている!と断言しています。

今後、さらに研究や競技人口が増える

ことでボルトの世界記録(9秒58)も

全然破れる!

とビッグマウスもでてます(笑)

まとめ

いかがでししたか?

「四足歩行」の世界第一人者として

自らギネス更新を継続して日々トレー

ニングを欠かさない愛すべきビッグ

マウス・いとうけんいちさん!

みずからの夢を理論と経験で四足

で人類最速の夢を追いかける姿に

は管理人としても思わず、部屋の

フローリングで四足スタイルを

決めてしまいました。

マツコの反応もとても楽しみです

し、なんと言っても今後、四足歩行

をさらに世に広めていくべく一層の

奮闘を期待したいですね。

あ、あと「四足歩行」ではなくて

何か東京オリンピックの次世代に

向けた新しいネーミングも決まれば

新競技の新たな潮流が起きやすい

のかななんて思っちゃいました。

最後までお読みいただき有難うご

ざいました。