安倍首相が北朝鮮の避難民対策、避難民のルートは?上陸港はどこ?

朝鮮半島の有事発生の際、現実的な

問題として懸念されているのが

北朝鮮もしくは韓国からの大量の

避難民の日本への流入危機だ。

トランプ大統領が北朝鮮との「紛争」

の可能性を明確に示唆し、さらに

紳士的外交的な解決は「困難」と

明言したとして『流入』説は俄然

真実味を帯びてきたともいえる。

きょうは、朝鮮半島からの『避難

民の流入』対策について調べてみ

ました。

スポンサーリンク

安倍首相が避難民対策の発動を示唆?

17日、安倍首相が衆院決算行政監視

委員会で『上陸の手続き、収容施設

の設置、庇護すべきにあたるか否か

の選別の対応を想定している』

説明したとされる。

朝鮮半島からの避難民とは?

日本国政府は朝鮮半島に有事が発生

した場合、北朝鮮からの避難民が船で

海を渡り大量に日本に流入・上陸する

恐れがあると対策に乗り出したという

情報だ。

有事(ゆうじ)とは、武力に訴えるよ

うな事件や事変が突如起こることであ

り、当座の懸念はやはり米国と北朝鮮

とそれに関連する各国との間の有事

勃発を意味する。

韓国からの避難民の恐れも?

さらに北朝鮮が先制するなどして韓国

を攻撃した場合は、韓国から日本への

避難民流入の恐れもあるとされる。

想定される避難民対策とは?

有事勃発の際には、当事国の人々は

当然命からがらの状態で逃げ惑うこと

を余儀なくされる。

着の身着のまま逃げ延びることを目的

に、海に向かう事は予想される。

そうした想定される流入する避難民に

たいして、上陸の水際での対策は

不可欠だと考えます。

政府の勘案では、最大で数万人という

避難民が日本に上陸することを想定し

ているというから、これがもし本当に

起こったら社会的な混乱などが考え

られかなりヤバい状況を覚悟する必要

があるのでは・・・。

また、避難民と同時に北朝鮮からの

工作員やテロリストといった特殊業務

を目的とするものも意図的に「流入」

することを想定内としている。

具体的な避難民の定義と選別について

避難民と考えているのは以下のようです。

  • 日本人妻やその子孫等、日本国籍にゆかりのある者。
  • 第三国に出国するために一時入国者
  • 工作員テロリストなど入国は認められないもの

と明確に定義区分けして、その選別業務

ついての対策を考えていく意向のようだ。

避難民の避難ルートは?

実際、武力紛争が起きた時に『避難民』

がどれだけ行動できるのかは正直なんと

も言えないですね。

安倍首相がどれだけ本気で「避難民」

対策を実行するかは正直わからない

といった所ではないでしょうか。

理由は想定度合いについてハードルの

幅と高さが想定できないくらい振れ幅

が大きいということですね。

実際、首相の発言に首をかしげている

専門家も多いようです。

さて想定される避難民ルートですが、

脱北といって、北朝鮮での生活や

統制の過酷さから自国を逃れる人が

いますが。この脱北者が必ず選ぶ

ルートが「中国経由」の避難ルート

のようです。

実はこれまで、中国は北朝鮮の脱北

者について、北朝鮮政府に協力する

たちばで捕まえては強制送還して

いるという。

当然送還された人が受けるのは本国

北朝鮮での裏切りへの厳しい報いと

なるそうだ。

それでも、脱北のルートが「中国

経由」という確固たるルートが出来て

いるのはそれだけ「脱北」の歴史が

あり、当事者にとって意味のある

「行為」であり、別の意味でいえ

ば海を渡るならばどのルートを選ぶ

ほど危険度の大きいことはないと

いう事だと思います。

スポンサードリンク

上陸が想定される港はどこ?

それでは実際、北の避難民が上陸する

際にやってくるとおもわれる港はどこ

でしょうか?

安倍首相は実際に、避難民が大陸から

船で日本海を渡ることを想定して、

日本海側の港町数か所を拠点として

考えているそうです。

その拠点を中心に避難民の上陸時に

身元や所持品を調べ、先の述べた定義

に基づく「選別」業務を遂行する

考えのようだ。

上陸が想定される港とはどこか?

じつは日本海側の港であればすべて

想定内と考えるべきところであろう。

下図は昨年の秋以降、北朝鮮からの

木造船の日本への漂着が相次いだ

ときの実際の漂着崎を記したもの

です。

出典:https://matome.naver.jp/

この場合、脱北ルートとは異なるのか

もしれませんが、これだけ潮の流れを

うけて日本海側の各港各地に流れつい

ている現状があり、避難民が押し寄せ

ると事前予想される港を特定するのは

難しいかもしれない。

まとめ

以上、今回は北朝鮮と米国の対立が

これまでにない緊張と現実味を帯びて

きている中で、朝鮮半島からの『避難

民の流入』にたいして対策案を安倍

首相がどれほど本気になるのか?

こうした対策の必要性が叫ばれるほど

自体は切迫しているということなのだ

ろうか?