福井県立大の『恐竜学部』設置はいつ?教育内容やカリキュラムが気になる?

福井県大、恐竜学部、いつ、理由、

国内初! 大学の教育課程に『恐竜学部』が新設されることが発表された。

いったい恐竜学部が新設される理由は何か?

新設される時期はいつごろからも気になります!

また恐竜学部でどういった教育がされて、どのような人材が育つようになるのか?

スポンサーリンク

福井県立大学に恐竜学部が新設!

福井県立大学はこのほど、古生物学関係の新学部として『恐竜学部』を新設すると発表しています。

じつは2019年に福井県立大大学院の生物資源学研究科に、恐竜をメインに学べる専門コースを新設することもすでに発表されているようですね。

数年に新設予定の『恐竜学部』のすそ野という事ですが、具体的には化石を通して、生命進化の研究や古環境の復元といった研究をしてゆくという。

実践恐竜学レジュメ

恐竜学コースを新設(福井新聞)

公立大学法人 福井県立大学

恐竜学部の新設はいつ?

福井県立大学の『恐竜学部』新設の時期ですが、2019~2024年の時期で設置計画を実際に実行してゆきたい考えです。

さらに、出来るだけ早く(県立大)としていますから、2019-2021年の計画前半には新規恐竜学部を新設される可能性が高いと見られます。

すでに恐竜学研究所がある!

福井県立大学には2013年にすでに恐竜学研究所というエキスパート機関があります。

福井県は恐竜化石の産出量が日本一のところなんです。

すでに福井県大では一般教育科目として『恐竜学』や『地球生命史』といったカリキュラムがあり恐竜について学べる環境のようでした。

さらに福井県大の恐竜学研究所と県立の恐竜博物館が連携して国際的な研究活動をしているという事です。

実際に福井県では2007年に県内の勝山市内で、恐竜化石の新種が発見されて話題となりました。

頭部分を含む全体の70%の骨がこの場所から発掘されたそうです。

引用:FPDM

フクイベナートルと命名されたマニラプトル類の小型獣脚類という事なんですが、世界初の恐竜発見!というロマンは何事にも代えられないキセキとも言えますよね。

恐竜や古代にロマンや夢を感じる方は、是非この機会に恐竜学について学んでみるものいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

教育内容やカリキュラムとは?

福井県立大の『恐竜学部』では恐竜に関連する知識の他にも古代の気候や植生などの古生物学全般を学ぶという教育内容になると見られている。

何と言っても化石産出量がハンパないそうなので、実践的なフィールドワークの中で、学部ことが出来るという事ですね。

現在、福井県が「恐竜王国」という恐竜ブランドの第一県としての評価があり、古代学や恐竜学について学術的にも高水準を誇るために、新規の恐竜学部の新設の理由としても、研究者の育成というところでしょうね。

当然今後はアジアや世界への〈恐竜研究〉の発信とネットワークの構築が期待されるでしょうから。福井県内外にも『恐竜学部』の新設余波が期待されるところですね。

恐竜や古代のロマンが、福井県立大の恐竜学部の新設により、幅広く世間に『恐竜学』の存在を広めることになりそうです。

古代はただのロマンを超越して、現代にどのように投影しているのか、実践的な研究者やプロフェッショナルの人勢育成が期待できると思います。

ここまでお読みいただきまして有難うございました。