ローソンの無人レジの店舗はどこ?決済方法や時間帯は?コンビニ各社の対応は?

コンビニ大手・ローソンが無人レジ
導入を発表しました。

試験的導入とはいえ、ロボットによる
省力化対策もいよいよ本腰なのか?

昨今の物流サイドでの人手不足は
かなりヤバいとかで、今後生活シーン
のいたるところでロボットやAIにお世話
になるのはかなり増加するんだろうな。

今回はコンビニ・ローソンについて、

○無人レジの導入店舗はどこ?
○支払方法や導入の時間帯
○コンビニ各社の無人レジ導入について

これらについて調べてみましょう。

スポンサーリンク

無人レジの仕組みとは?

無人レジはその名の通り、人間(この
場合販売スタッフ)のいないレジです。

商品のスキャンや会計はお客自身が行う
わけです。

無人レジのシステムには現在いくつかの
方式があるみたいです。

それは商品のスキャニングについて
○お客自身が実施

○スタッフが実施

○自動でスキャンできる

おおきくこれらに分類出来そうです。

最近ではスーパーでもお客がセルフスキャン
するレジも多くなっていますよね。

スポンサーリンク

コンビニ・ローソンの無人レジとは?

ローソンでは2018年春をめどに首都圏
の数店舗で無人レジの導入を発表。

人手不足が加速するなか、コンビニ
来客数は減少を避けられない昨今だが
無人レジ導入で24時間営業は継続する
方向とのこと。

ローソン無人レジの決済方法について

利用客はあらかじめ専用のスマホアプリ
をダウンロードします。

ローソン入口でアプリを起動、センサー
にかざして入店します。

つぎに欲しい商品バーコードをスマホ
で読み取り、購入登録をして決済アプリ
でスマホ内で自動精算・決済するという
仕組み。

実際には『LINEペイ』などの決済アプリ
を使うそうですね。

無人レジでは決済後、レシートはスマホ
画面上に電子レシートが表示されます。

アプリを使えれば支払い決済はかなり
ストレスフリーではないでしょうか。

店内には従業員は何人かはいるみたい
なので、安心ですし当然不正や安全対策
にはカメラでの監視も考えられますね。

夜の時間帯ですからコンビニエンスと
セキュリティはとても重要なファクター
ですからね。

24時間の商売を盛り上げるにはこのどちら
かが欠けてもNGですよね。

コンビニの無人レジのキーポイントは
スマホアプリによる決済方法による
ものが大きいですね。

スポンサーリンク

ローソン無人レジの時間帯はあるの?

24時間、無人レジって事ではないのですね。

試験的な導入とのことで、時間帯的にも
夜12時から朝5時といった時間帯での
限定的な導入ということ。

この時間帯、スタッフはいなくなる訳
ではなく、レジや清算業務ではなく
その他の納品、陳列、清掃といった
業務に専念する時間とするみたいです。

ローソン無人レジの導入店舗はいったいどこ?

現在では無人レジの具体的な導入店舗
は不明のようです。

現在、港区内にローソンイノベーション
ラボを新設している。

このラボの存在は単なる無人レジを成功
させるためだけでなく、コンビニを広く
社会インフラの役割を担わせる次世代の
ITコンビニを目指すものとも思われます。

上海のローソンでは2017年6月より無人
レジを2店舗導入して、12月には600店舗
で既に本格運用しているという。

すでにローソン社内での実績は上々という
ことですね。

スポンサーリンク

コンビニ各社の無人レジの導入対応は?

コンビニ大手社はすでに無人レジの
導入に向けて動いているようですね。

○セブンイレブン
○ファミマ
○ミニストップ
○ニューデイズ
○ローソン

導入時期は各社の多少の早遅はあるとは
思うのですが2025年までには対応を進め
るという事みたいです。

ところで2025年というのはこの大手5社
の展開するすべての店舗で無人レジを導入
する!という事なのでちょっと驚きですね。

あと7年程度でデジタル化や人手不足も
さらに顕在化して世の中の雰囲気はかなり
変化してゆくのかもしれませんね。

ロボット化やIT化と一緒にコンビニの
新しい進化も楽しみですね。

でも無人レジでの買い物難民といった
弱者のケアも忘れずにちゃんとした対策
をお願いしたいなと思いました。