今野玲央(LEO・筝曲家)の経歴や家族について!CDコンサート情報も調査【情熱大陸】

今野玲央、LEO、経歴、家族、

『情熱大陸』で特集のハタチの情熱!に特集される筝曲家の

今野玲央(LEO)がイケメンで注目されています。

ご自身はアメリカ人とのハーフという事なんですが、日本の伝統的

な和楽器である「筝(こと)」に惹かれた理由や経歴が気になります。

今野玲央(LEO)の目指す筝曲とは、伝統的な音楽だけでなく爆発的な

演奏ととめどない表現力というので、既存概念をブッ飛ばす勢いで和楽器

界に新たな旋風を沸き起こす存在となりそうです。

今回は今野玲央(LEO)について、

経歴や家族について

琴との出逢いと魅力について

CDやコンサートの情報

こうしたトピックについて調べてみましょう!

スポンサードリンク

今野玲央(LEO)の経歴について

名前:今野 玲央(こんの れお)

生年:1998年2月5日(現在20歳)

出身:神奈川県横浜市

アーテイスト名:LEO(レオ)

沢井筝曲院講師

二十歳(ハタチ)のイケメン音楽家の今野さんは、筝(そう)という和楽器のアーティストです。

筝(そう)は、1200年の歴史がある日本の伝統的な楽器であり、基本的には13本の弦(糸)があるものです。この弦の数も歴史の中で改良が施されて17弦・20弦・30弦や超大型の80弦といいた筝もあるみたいです。

筝(そう)は琴(こと)と見た目も凄く似ているようですね。

でも厳密には、筝と琴は全く別の楽器らしく、その違いは音程を調節する方法がそれぞれ違うみたいなのです。

さて今野玲央さんの経歴に話を戻すと、その画像はどれをとっても
かなりのイケメンぶりです。

爽やかな好青年ぶりで芸能人や俳優といっても通じるますよね~

そんな今野さんは横浜に生まれて9才の時にインターナショナルスクール
で筝という楽器に初めてであったという事です。

インターナショナルなカリキュラムの中で音楽の授業の中で筝に触れてしまうあたり、今野玲央と筝の関係は運命的ともいえるのではないでしょうか。

小学4年生は筝が必修という事や、学校に筝が30面(台)以上あるというある意味特殊な教育環境だったと言えるのかもしれません。

さらにその音楽の授業の中で筝を教えていた先生というのが、筝曲家のカーティス・パターソンという方。

Curtis Pattersonアメリカシカゴ出身

筝曲家で作曲家。沢井筝曲院師範であり横浜インターナショナルスクール邦楽
プログラム講師。1986年から日本暮らし。

今野玲央さんの学歴は小中高と横浜インターナショナルスクールで、その後は
東京芸術大学音楽部邦楽科に通う現役の音楽大生です。

先ほどのパターソンさんとの授業に感化されたのが今野さんが9才の時といいます。その後は沢井一恵さんという師匠の先生に師事されたようです。

沢井一恵8歳より筝曲を宮城道雄に師事。東京芸大音楽部卒業。
1979年に沢井忠夫と沢井筝曲院を設立、現代邦楽の第一人者。

因みに沢井一恵さんの夫である沢井忠夫さんという方がパターソンさんの
先生筋という関係があるそうです。

さらに沢井一恵氏が、初めて今野さんに出逢ったのが彼が13歳の時で
その時の様子をこう話されています。

引用:http://columbia.jp/artist-info/leo/

LEO今野君が初めて私の前に現れたのは、彼13歳の時。

カーティスパターソン先生に連れられて沢井忠夫作曲の『讃歌』を弾いて
でした。

ほとばしる感性!その時に感じた強い印象です。

その当時、すでに(彼は)『筝演奏家になりたい』と自分の意思は決まって
いたのです。

今野玲央さんは沢井さんの元で演奏術に磨きをかけます。

2012年
第30回全国小中学生筝曲コンクール グランプリ

2014年、16歳の時に

第20回くまもと全国邦楽コンクール 最優秀賞・文部科学大臣賞受賞

2015年
第2回国際平和コンサート出演

2016年
五嶋みどりのみどり教育財団招待でNYワークショップツアー参加

第23回賢順記念全国筝曲コンクールで銀賞受賞

華々しい快挙ですね!

そして

2017年にはアーティスト『LEO』でメジャーデビューを果たします!

まだ二十歳の大学生というのに注目株は間違いない存在だと思います。

スポンサーリンク

今野玲央の家族について

イケメン今野さんは、その見た感じの通りハーフなんです。

ご家族にも興味が湧きますよね!

お父さんはアメリカ人で、母親は日本人という事でした。

今野さんのご両親は実は彼がまだ小さいころに離婚しているという情報もありました。

両親は一般人と思われ情報らしい情報は得られませんでしたね。

今野玲央さんの場合、管理人の邪推とはなるのですが、幼少のころに両親が別離して少なからずさびしい想いがあったと思うのです。

そしてもう一点は、ハーフというパーソナリティティの特殊性も複雑に絡んでいたのかもしれません。

その点、筝に9才の時に出合ったことで

『自分は日本人だ!』

と自己肯定が確立したと話しています。

今野玲央にとって筝の魅力とは?

もともとハーフの自分がアメリカ人なのか日本人なのか?自分でもその立ち位置について懐疑的な時期があったみたいです。

でも今野さんにとって筝との出会いがそれを氷解させてくれました!

家庭では日本語で育ったのでハーフといっても英語も特別理解できなかったんだそうです。

そも筝を上手く弾くことで、俄然自分が周囲から注目を浴びることに快感度を得たわけでね。

言葉ではなく音楽という手段を通して、自己発信を身に着けた瞬間だそうです。

今野玲央さんは、筝だけでなくこれまでギターやピアノもやったことがあるんです。

でも自分を一番表現しやすいのは『筝』だと明言しています。

一般人である管理人としては、ピアノ、ギターそして和楽器→自己表現??

の境地が甚だ理解を超えていますね~(笑)

筝という楽器を評して、

落ち込んでいるときは音も暗くなるし、

明るい時は弾む。

内面が一番正直にでるので面白いし、困った楽器でもある!

だから好きですね!

引用元:http://www.sankei.com/

と筝という楽器について想いを語っています。

さらに今野玲中央(LEO)は単に筝曲という括りでは語れないようです。

いったいどうゆう事か?

LEOさんの筝曲というのは、現代筝曲というジャンルの曲を演奏しています。

じつはこの辺のことについては、師匠の沢井一恵さんをもう一度紹介したいと思います。

沢井さんは沢井筝曲院を設立後は

ジョン・ケージ

坂本龍一

ジョンゾーン

一柳慧

高橋遙治

といった前衛的な音楽家とコラボを行ってきました。

伝統楽器の筝と西洋的現代音楽のジャズや即興音楽との融合と接点をどん欲に探究したアーティストともいえる存在が沢井一恵さんなのです。

沢井さんみずから『邦楽界の異端児』と評しています。

決して和楽器が伝統なのではなく、

その内側にある美学や哲学を伝える事が伝統!

LEO今野さんも、10歳のころ上級生が引く筝の現代曲に魅了されていたとも話しています。

しっかりと師匠の芸術観を踏まえながら、今後独自の筝曲路線を開拓してゆくと期待できますね。

LEO今野さんの動画をどうぞ!

今野玲央のCDやコンサート情報について

今野さんは1年ほど前に、ご自身のファーストCDである

玲央 1st

を発売しています。

収録曲的には、

春の海といった筝曲の伝統曲もありますが、びっくりしたのはJAZZの名曲であるテイク・ファイブも収録されています。

あるモーツアルトのトルコ行進曲も有りました!

まさに、伝統の異端児を踏襲していますね!

今野玲央さんは伝統と革新の間で新境地を開拓してゆくのでしょう。

LEO今野さんの生の声を聴きたい方はこちらからどうぞ!

今野玲央の肉声!を聴く

コンサート情報について

最後に今野玲央さんのコンサート情報についてです。

直近ではすでに終了してしまったのですが、さる4月1日に

日本画展と匠たちのパフォーマンス に

出演していました!

現在のところコンサート予定は発表されていないようですね。

気になる方はHPで随時チェックされることをお勧めします。

LEO official web

イケメンの大画像のLEOがあなたを迎えてくれるのでファンの方は堪らないかもしれませんね。

若きイケメン現代音楽アーティストの今野玲央さんですから、今後はさらにイベントや演奏活動など内外を問わず幅広いフィールドでの活動が期待されますね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク