さくらももこが現在死去していた!葬儀日程や場所はどこ?世間や芸能人の反応も!

さくらももこ、葬儀、旦那 家族、作品、

漫画家のさくらももこさんが亡くなっていたことが判明しています!

さくらももこさんと言えば、ご存じ『ちびまる子ちゃん』の原作者として独特でユーモラスな作風で日本中のファンに親しまれています。

いったいさくらももこさんの身の上に何があったのか?

急逝について調べるとともに葬儀日程や場所、旦那や家族についても気になります。

さいそして多くのファンの方々の反応についても調べてみることにしました!

「ちびまる子ちゃん」の作者・さくらももこさんが8月15日午後8時29分、乳がんのため亡くなった。53歳だった。27日、さくらプロダクションが公式サイトで発表し… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
「ちびまる子ちゃん」で知られる漫画家のさくらももこさんが15日午後8時29分、乳 - Yahoo!ニュース(スポニチアネックス)
情報満載デイリースポーツ/さくらももこさん死去 声優・TARAKO「ありがとうしかない恩人」

スポンサードリンク

漫画家さくらももこ現在までに亡くなっていた!

人気アニメ<ちびまる子ちゃん>の原作者といえば、さくらさんの顔を知らなくても、その作風が浮かぶ人は多いのではないでしょうか?

さくらももこさんは享年53歳という若さ。

多くのファンや多方面からの悔やみが聞こえてきそうな感じです。

さくらももこは、平成30年8月15日午後8時29分、乳がんのため永眠しました(享年53歳)。 これまであたたかい応援をしてくださったファンの皆様、お世話になりました関係者の皆様に深く感謝いたしますとともに、ここに謹んでご報告申し上げます。  さくらプロダクション

さくらももこさんは1984年にデビューしていますが、30周年を迎えた時には

30年間、良い事も大変なこともいっぱいありましたが、私は作家としてとても幸せな月日を送らせていただいています。感謝にたえません!

とメッセージを発表しています。

静岡県出身の漫画家。 代表作に『ちびまる子ちゃん』『コジコジ』『神のちからっ子新聞』他、エッセイや作詞など多岐にわたって活動している。2015年、集英社グランドジャンプにて「まんが倶楽部」連載開始。 2016年、大好きな郡上八幡のキャラ『GJ8マン』を勝手に創作。

さくらももこさんと作品のちびまる子ちゃんと言えば、作者さくらさんの子供のころの思いの丈を綴った、感情も理屈も身の丈の通りでとても微笑ましいストーリーばかりだと思います。

ちびまる子ちゃんと作者のさくらももこさん、画像で見比べると今更ですがとっても似てるんですよね。

死因は乳がんという事ですが、あまりにも早いさくらももこさんの旅立ちに各方面からの反応は大変なものが有ると思います。

スポンサードリンク

さくらももこさんの葬儀や場所は?

ちびまる子ちゃんは1990年からテレビアニメとして大好評を博した作品です。

当時、お子さんと一緒にテレビを見たお父さんやお母さんもきっと多いと思います。初期はさくらももこさんの小さいころ体験した実話をベースにしたエッセイ風な作品だったそうですが、後半は話自体はフィクションの世界に傾倒していったみたいです。

それでも主人公まるこや家族や同級生の際立ったキャラ構成はとってもユニークなストーリーだったようです。

さくらももこさんの葬儀についてですが、さる8月15日の午後8時29分に亡くなったさくらさんの通夜・葬儀はすでにご遺族の意向により親族及び近親者で済まされたということです。

今後、改めてさくらももこさんの『お別れの会』といった形でファンとのお別れ企画が考えられますが現在では日程や場所は未定みたいです。

さくらももこの死去について世間の反応は?

さて芸能人からもさくらももこさんを惜しむ声が上がっています。

さくら先生はゴールデンボンバーのことを好きだとおっしゃって下さいました。ぼくたちもさくら先生とさくら先生の描く世界が好きでした。(中略)
先生のおかげでアニメのオープニングもやらせていただいて、本編にも出演させていただいて今も大変うれしく誇らしく思っていいます。心よりご冥福をお祈りいたします。 (ゴールデンボンバー)

さくらせんせい。。。。悲しくて、さみしくて、涙がとまりません
(木村カエラ)

さくらももこ まとめ

29歳でデビューして漫画のほかにエッセイストや作詞家としても活躍しておられたさくらももこさん。

私生活では1989年に結婚後、バツイチで再婚しているそうです。

2003年にイラストレーターのうんのさしみ氏と再婚しているそうです。

男のお子さんがおひとりいらっしゃるそうで、現在は24才ということですがご家族の悲しみも大いなるものであることは間違いありませんね。

ちびまる子ちゃんの主題歌としてレコード大賞にも輝いた『おどるポンポコリン』の作詞も手掛けていたんですね。

軽妙で独自の視点で真理にも到達する眼力がやはり秀逸そのものだったと思います。

さくらももこさんのご冥福を心からお祈りいたします。

ここまでお読みいただき有難うございました。