西鉄バスジャック事件の犯人は谷口で動機や現在?被害者のその後も気になる!

世間を騒がせた<ヒトや事件>の『今』をフォーカスする坂上忍さんがMCの番組・
直撃!シンソウ坂上 では、2000年に起こった

西鉄バスジャック事件

にフォーカスします。

犯人は当時17歳少年という日本中に衝撃を与えた事件でした。

また、神戸連続児童殺傷事件や豊川市でおきた主婦殺人事件の犯人も同時に17歳というショッキングない事実で、日本中にさまざまな影響を与えた背景もあります。

いったい犯人の動機は何だったのか?

また犯人の現在とはどのようなものなのか?

さらに被害者のその後の様子も気になります。

今回は西鉄バスジャック事件について調べてみました。

スポンサーリンク

西鉄バスジャック事件の概要

2000年5月3日に発生した17歳の少年による公共のバス乗っ取り事件です。

西鉄バス佐賀営業所所属のバスが、九州大宰府インター近くで刃渡り40cmほどの牛刀をもった『犯人』にバスジャックされます。

終着点である西鉄天神バスセンターへバスが到着しないことから『事件』は発覚します。

そのころジャックされたバスは山口県内を走行していました。

当時のバスには『緊急発生』を外に知らせるシステムがなかったそうです。

事件発生から15時間を超えるバスによる逃走劇の末、バスは広島県内の小谷SAで、犯人への投降を説得さらに特殊部隊のバス内部への突入により事件が解決したものです。

走行するバスの中で『籠城』する犯人はなんと17歳という少年という事実が日本中を震撼させたものです。

バスの中で、少年は3人の女性客を刃物で切り付けるという凶行に及びます。

このうち1名が亡くなられました。

この西鉄バスジャック事件は、2018年5月3日でちょうど発生から18年経過しました。

いったい西鉄バスジャック事件の発生した動機とは、何だったでしょう。

それにしても犯人が「少年」だっということと、バス内部での犯行の一部始終の様子はとても17歳とは思えないほど、『肝のすわった』ものでした。

例えば乗客に一人でバスにのった6歳の女児がいました。

バス運転手の『バスから降ろしてやってほしい』も一切聞き入れることはありませんでした。

女性を一度刺したときにネックレスにより、刃物が傷ついたことに気づいた犯人は、女性全員のネックレスを外させた。

こうしたエピソードをみても犯人の犯行への周到さや卑劣さに今なお震撼せざるを得ません。

スポンサーリンク

『犯人』の少年とは谷口?

西鉄バスジャック事件の犯人は当時、17歳だった『谷口誠一』の犯行ということです。

また、この事件は別名『ネオむぎ茶事件』とも呼ばれていますが、これは犯行の事前にネット掲示板に自ら犯行予告を書き込んだ。その時のハンドルネームが、ネオむぎ茶 だったからです。

少年『谷口』を犯行にかきたてた動機とは何なのでしょうか。

犯行の動機について

谷口が生まれ育った家は普通のサラリーマン家庭でした。

中学時代に『いじめ』に遭った事がまず特筆すべきことでしょう。

同時に家庭内暴力も引き起こすという問題のある少年時代だったようです。

佐賀県の県立高校に入学するもわずか9日のみ登校して、5月には自ら中退するという問題振りを発揮しています。

その後は家に閉じこもりネット掲示板に夢中という生活ぶり。

そして家庭内暴力もエスカレートする始末だった。

その後は精神療養所に保護入院するのですが、犯人谷口は実に不思議な存在なのです。

いわゆる病院の先生の前では礼儀が正しく優等生ぶりを発揮するのです。

そのような表裏二面性を、相手や場面に応じて、自在に引き出す狡猾さを同時にあわせ持っていたのかもしれません。

そんなわけで外出許可がでた谷口誠一は、その後に犯行に及んだとされています。

犯行動機は、精神医療センターに収容されたことへの『怨み』、ネット掲示板で煽られたことへの『腹いせ』、また中学時代にいじめられた『仕返し』とも言われています。

本来の計画していた『犯行』はかつていじめられた中学校を襲うというものでした。同級生は既にいないかもしれないが、なるほど当時の職員や先生は学校に所属していたかもしれません。

が犯行当日は、祝日で学校は休校であることに、気づきます。

そして

また動機を形成した遠因としては、母親が教育熱心、祖母からは家督する立場としての自覚を小さいころから口うるさく言われてきたそうで、このへんのプレッシャーが心身に嵩んだとされる要素もあるらしい。

事実、

目立ちたかった

親を苦しめたかった

という供述もあったという。

しかし社会的事件をおこし、貴い人命を奪う犯行に行き着く動機なのか?というと、これは本人にしか理解できなりモノかもしれません。

スポンサーリンク

犯人谷口の現在とは?

事件当時17歳の犯人谷口誠一は、2018年の今年で35歳という事になります。

事件当時の責任能力を問う裁判の際に、解離性障害の症状 を指摘されたことを受けて、精神科医の観察が必要とされます。

2006年に京都医療少年院を退院して、現在では何らかの保護観察下のもとで社会生活していると思われます。

被害者のその後について

世間を震撼させた衝撃的な事件の、犯人以上に深刻な『過去』を引きづる運命にあるのが被害者と言わざるをえないだろう。

被害者たちのその後の人生はいったいどのようなものなのでしょうか。

山口由美子さんは、当時西鉄バスを利用していて被害に遭われた当事者の方です。

https://www.fesco.or.jp/winner/h20/206.php

AMNESTYインターナショナル

実際に刃物で10か所以上を切り付けられ重傷を負ったという悲しくて消し難い過去の体験者ということです。

現在では、少年の犯罪傾向について深く憂慮して、佐賀市内に不登校や引きこもりの子や親のためのサークルを設立して、幅広く『人権』の為に活動されているようです。

一緒に乗り合わせた同じ被害者である塚本達子さんは不幸にして、事件で犠牲となった訳ですが、山口さんは当然その場に居合わせた存在なわけです。

事件からその後の5年間くらいは、西鉄バスをまともに見れないくらいだったと話しています。トラウマですね。

犯行や凶行は決して許すことは有りませんとしながらも、山口さんの言われる
ほとんどの加害者はそれまで周囲の人からの被害者だった!と言う事実を真摯に憂慮されて、現在の活動に繋がっているみたいです。

今後の山口由美子さんの健康とご活躍を心から応援したいと思います。

スポンサードリンク

松永太の24歳息子がザノンフィクションで激白!現在の境遇が衝撃過ぎ!

松永太死刑囚の現在と子供は?サイコパスは生い立ちが原因か?

三菱銀行人質事件の発生・犯人梅川の動機は?被害者の現在?【爆報】

SUN-DYU(ラッパー)の逮捕事件は冤罪確定で現在とは?