エッサッサの意味ややり方を動画でチェック!女子の応援はあるの?【あるある晩餐会】

あるある晩餐会・特殊大学出身芸能人では普通の大学とは異なる美大・芸大、体育大
の皆さんが普通の大学とは違う特殊技能を披露して話題でしたね!

中でも体育大学出身の三人がスタジオで披露した「エッサッサ」に驚きました。

体育会名物ともいわれる「エッサッサ」について、今日は、

  • エッサッサの起源や基本スタイル
  • 意味ややり方・ルール
  • 動画でエッサッサをチェック
  • 地域性はある?

これらの内容について調べてみました。

スポンサーリンク

エッサッサとはいったい何?

エッサッサとは、日本体育大学で伝統的に行われている応援スタイルなんです。

出典:http://www.nittai.ac.jp/

もともとは応援!の集団運動形式ということです。
日体大に入学すると、新入生特別活動という名目で徹底的に教え込まれるのが伝統みたいです。

その後、マスターしたら単位修得して終わりというわけではなく、各部の行事や祝勝会などの席で披露されることがたびたびある伝統芸といったものですね。

卒業しても、みっちり身体にしみ込んでいるのでしょうか・・

結婚式の披露宴などで今でも、エッサッサが演じられることが結構あるようですね。

起源については、日体大開設前くらいの事で約80年くらいまえのことになるのですが、『体操学校』と称されていた日体大が学校をあげて相撲の応援に出向いたそうです。

その時、「体操学校」には独自スタイルの応援形式がなかったそうです。

他の東京農大は今でも有名な「大根踊り」商船大学は『錨をあげて』といった、独自の勇壮な応援風景を展開していたそうです。


学生のあいだに、独自の応援スタイルを作り出そうという機運が芽生え、一人の学生が学生寮で考案したのが「エッサッサ」だったということです。

大変な母校愛の塊とも言えますね。

エッサッサは陸上競技の『走り方』をイメージし、静と動・強と弱・速と遅といった要素をおりまぜて、

月明かりに獅子が月に向かって咆哮(ほうこう)する様子

(日体大HP)

を表現しているとされ、以降伝統として継承されているといいます。

エッサッサについては、何と大学のHPにしっかりと紹介されているなんてまさに大学の伝統的なシンボルとの位置づけという印象を受けました。

スポンサードリンク

エッサッサの基本スタイルは

「あるある晩餐会」でエッサッサを披露したのは、河合俊一、池谷直樹、

森渉の3人ゲストでした。

河合さんの掛け声に、残る二人は上半身裸のスタイルで上体をそらし、いきなり声を張り上げ始めたので、スタジオでは多くのゲストがあっけに取られていましたし、女子からは笑いが結構漏れていたような・・・

エッサッサを披露するときは、上半身裸が基本みたいですね。

半裸で白い短パンのみ着用!

これが基本スタイルみたいです。

白い短パンは『エッサッサパンツ』(通称エッサパン)といわれているそうです。

それに頭に白い鉢巻をまくという恰好が基本スタイルのようです。

エッサッサのやり方とは?

過去にエッサッサを演じられているのを見たことが有るんですが、といっても裸という本格的?なものではなかったし、その動きがエッサッサだという事も知らなかったので、特に感慨もなかったのですが。

それでも演じている人たちの、気合いや一体感を肌で感じたように記憶しています。

エッサッサのやり方ですが、やり方はけっこう簡単なようですね。

  • 前足のヒザを深く曲げ、足を大きく前後に開きます
    (これが初動の体勢みたい)

  • かけ声に合わせて腰を後ろに反らせて、握りこぶしを 上空に突き上げる。

  • その後、両手の拳を左右の腰まで落とすと同時に、 「エッサッサ」と声を出しながら突き出してゆく。

っていうのがエッサッサのやり方のようです。

スポンサードリンク

エッサッサのド迫力を動画で!

基本的に集団で演じられることが多いみたいです。

日体大は体育の専門学校ですから、全身くまなく筋肉が発達している半裸の男子集団が一斉に『エッサッサ』を演じるのは見ていてもとても爽快な風景と言えなくもないかな、と感じました。

2013年の正月の箱根駅伝で、日体大が30年ぶりに総合優勝をしたときに伝統芸「エッサッサ」が、ゴールの大手町で披露されたことが話題になりました。

おそらく日体大の応援する学生たちが、母校の優勢を期待しながら準備してゴールとともに半裸とエッサパンスタイルで集団披露する画はド迫力そのものですね~

それではエッサッサを動画でご覧ください。

いかがですか?

即席感はやはり否めませんが、母校の勝利にこれだけ一致団結して演技できることは、日体大の伝統と歴史を感じてしまいますね。

日体大女子の応援はあるの?

日体大は女子大生もたくさんいます。

エッサッサが男子学生のための応援スタイルならば、女子学生のためのものはあるのか調べてみました。

男子は全員、入学後、課題としてみっちり仕込まれるということは、女子学生向けの特殊な演技のようなものは存在するのでしょうか?

女子学生は、『荏原(えばら)体育」というものを学ぶそうです。

横一列に肩を組んで並び、脚を前後左右に振り上げるという踊りだそうです。

昭和40年代くらいに、女子も男子のエッサッサにかわる何か応援スタイルを?との発想で、こちらも女子寮の学生たちが考案していったということです。

出典:http://www.nittai.ac.jp/

「え~ば~ら~」と唄いながら、ラインダンス的な踊りを繰り返す運動のようです。

エッサッサ「女子版」という位置づけですね。

 まとめ

はい、『エッサッサ』について調べてみました。

エッサッサはもともと日本体育大学の前身の体操学校の時代に、母校の応援スタイル確立するために考案された日体大の伝統的シンボルともいえる応援スタイルと言えます。

約80年の歴史とともに先輩から現在まで継承されていて、その応援スタイルについては大学のHPで紹介されているほどです。

各スポーツ大会では、応援の為に集団で演じられることが結構あるみたいです。

男子は『エッサッサ』、女子は『荏原体育』が必修となっているみたいです。

以上、『エッサッサ』について調べてみました。