野村萬斎氏が東京五輪開閉式の演出統合責任者に選出の理由は?嫁や息子の現在も気になる!

野村萬斎、演出統括 理由、嫁、息子、

能楽師の野村萬斎さんが2020年東京五輪とパラリンピックの開閉会式の演出統括責任者に決定したそうです。

音楽のとりまとめや企画・演出などかなりの重責となりますが、いったい演出統括責任者が野村萬斎さんに決定した理由はなんでしょうか?

また野村萬斎さんの嫁や息子さんについても調べてみました!

スポンサーリンク

野村萬斎氏、東京五輪&パラの演出統括責任者に!

2020年東京オリンピックとパラリンピックの組織委員会は、それぞれの開会式と閉会式合わせて4つの式典について、演出や企画…
2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は30日、福島県楢葉町のJヴィレッジ - Yahoo!ニュース(サンケイスポーツ)

野村萬斎さんが演出統括をするのは、2020年の東京五輪とパラリンピックの開閉会式の4式典の全体を統括するいわば絶対的責任者として決定したそうです。

当然これだけの規模の演出を統合実現するために専門チームが組まれることは想像に難くなさそうです。

野村萬斎氏
   (チーフエグゼクティブクリエイティブディレクター)

をチームリーダー(統括責任者)として

五輪担当
山崎貴氏(映画監督)

パラリンピック担当
佐々木宏(CMディレクター)

の3本柱がチームを引っ張る形ですね。

その他のメンバーですが、

専門的見地から式典の企画を担う総合チームがありますが、メンバーとしては、

椎名林檎さんや演出振付師のMIKIKOさんなどの各界を代表するメンバーら4人が同時に選出されました。

野村萬斎氏の統括責任者の選出理由とは?

野村萬斎氏といえば日本を代表する能楽師だが、

羽生弓弦選手の『SEIMEI』の冒頭の振りを舞った!
(2001年の映画『陰陽師』出演)

シン・ゴジラを演じた!(2016年)

NHK Eテレの『にほんごであそぼ』にも出演して確固たる存在感を見せてくれています。

『ややこしや』のフレーズは結構みなさん、はまった覚えありませんでしたか?

単に能楽の世界を超越した稀有な存在であることは間違いありません。

式典の統括責任者としての選出された理由ですが、

狂言や映画・演出面などで国内外で活躍しており、日本の伝統から現代にいたる幅広い知見を持っていることから統括責任者として適任!と判断した。

と五輪組織委員会は説明しています。

東京スカイツリーの開業式典には実際にこんな舞いを披露していたんですね。

また、野村萬斎氏とオリンピックとのゆかり(縁)も結構深いものが有るそうです。

2004年のアテネ五輪の時には開催中に現地で開かれたギリシャ悲劇を蜷川幸雄さんの演出で主演を演じていますから、野村萬斎さんが五輪しかも出身地の東京開催となると力がかなりはいった演出となると思いますね。

スポンサーリンク

野村萬斎氏の嫁や馴れ初めは?

現在52歳の野村萬斎氏。

和泉流野村万蔵家という名門のお生まれですから、幼少からその存在には多方面からいろいろな期待があって、ご本人のご苦労は大変なものがあったと思います。

伝統芸能世界のみならず1985年には20歳の時には、俳優としてもデビューしていたんですね。

映画やドラマ、テレビ、舞台といった幅広く活躍しています。

そんな野村萬斎さんの気になるお嫁さんですがどんな方なのか?

お名前は 野村千恵子さんという方らしいです。

年齢は萬斎さんより3歳年下みたいなので、今年49歳といったところでしょうか。

さらに気になって調べたのはお二人のなれそめですが、なんと学生時代からの交際だったそうですよ。

萬斎さんは東京芸術大学邦楽科のご出身ですが、その時に知り合ったようです。

嫁の千恵子さんが同じ大学なのかどうかは不明なのですが、すでに大学時代に知り合っていたという事実で、嫁の千恵子さんが27歳の時にお二人は結婚されたそうです。

ちなみに嫁の千恵子さんは元CAという経歴なのでかなりおキレイな女性である事は間違いないでしょうね。

お二人の画像はどうやら発見できなかったのですが、萬斎さんのプライベートについては、自宅に帰ると『フツーのおじさんと同じ』と自ら語っているようなので、好きな深夜番組なんかも嫁の千恵子さんと仲睦まじく見ているのかもしれませんね。

野村萬斎の息子は?

名門の気になる息子情報も調べてみました。

野村萬斎氏には息子さんが一人と娘さんが二人の3人のお子さんがいらっしゃるみたいです。

長女が野村彩也子さん、次女が野村彩加里さんで二番目のお子さんとして生まれたのが息子の裕基さんです。

当然伝統芸能の世界の幼少からの厳しい修行に耐えて、息子の裕基さんの初舞台は2003年、3歳の時だったそうです。

子猿役を約40分ほど見事に演じきったそうですから、本人の努力はもちろんですが血筋は素晴らしいものがあると感心せざるを得ませんね。

息子の野村裕基さんの学校ですが、立教中学校・高校と進学したみたいですが、大学は実際どちらに進学されたのかは不明です。

実際には17歳の高3の時にイギリスに留学されていた経験もあるそうですから、将来はグローバルはお仕事を目指していかれると思います。

もっとも裕基さんは、父を超える能楽師になりたい!との強い希望があるそうですから、いろんな世界を体験されてお父様の萬斎氏を超える存在を目指していかれると思います。

今回、お父様の野村萬斎氏が東京五輪&パラの演出統合責任者に選出されたことで、息子の祐基もすごく喜ばれているでしょうし、自らも父の存在を目指して更に努力されてゆくのかなとも思いました。

ここまでお読みいただき有難うございました。