小林秀一(消えた天才)の巨人ドラフト1位指名の拒否理由があっぱれで現在は教授で地位がヤバい?

小林秀一、現在、消えた天才、拒否理由、

超一流の天才が衝撃の転身の理由には驚愕の事実があった~

6月23日の『消えた天才』では日本プロ野球のドラフト会議史上で
唯一『あの巨人を拒否した男』の衝撃の理由と現在の姿が特集されます。

その衝撃の過去を持つ男性の名前は、小林秀一(こばやしひでかず)さん
です。

野球人を志す者ならば巨人の指名は誰もが憧れます。

現在では12球団それぞれの味が有りますが、1970年代はまだまだ
NPBセリーグの読売巨人軍は絶対王者の存在でした。

その衝撃の過去を持つ~消えた天才~小林秀一さんの拒否理由や現在
ついて調べてみました。

スポンサーリンク


小林秀一さんの経歴やプロフィール

今回消えた天才~として登場の小林秀一さんは現在64歳だそうです。

こばやしひでかず とお呼びするそうです。

出身は熊本県天草郡というところです。

プロ野球のドラフト一位を指名されるほどの実力でしたが、野球は小学生の
ころから始めたそうです。

高校は県内の八代市にある現在の秀岳館高校で当時は八代第一高等学校と呼ば
れていました。

小林さんが高校球児として勤しんだのは1967年から3年間で夏の県大会では
惜しくも決勝戦で惜敗して甲子園出場は果たせませんでした。

小林さんのポジションは投手(ピッチャー)だったそうで、当初はオーバースローといって上手投げでしたが、後にあってアンダースロー(下手投げ)に転向します。

アンダースローというのはいわゆるサブマリン投法というものでボールのリリースポイントが地上すれすれ、近ければ近いほど打者に球筋を見透かされにくいというメリットがありますね。

もちろん投手自身の身体自体を沈ませることが肝心なのでオーバースローとは
違った体幹の精錬が必要だと言われています。

愛知学院大学に進学!

愛知学院大学に進学したのは実に野球のセンスを買われたそうです。

1973年の春季リーグではチームの10季ぶりの優勝に貢献、この時
ピッチャーとして8勝を記録してMVP選手に選出されています。

その後は第二回日米大学野球選手権大会にも選出されています。

大学リーグの通算成績は43試合に登板して、

21勝6敗 防御率が0.93

という素晴らしい成績でした。

スポンサーリンク

読売巨人ドラフト1位指名

小林秀一さんが日本プロ野球のドラフト会議で、読売巨人軍から1位指名を
受けたのは1973年のことです。

この年のドラフト会議の最大の目玉は『江川卓』と言われた年です。

江川の場合、100%進学と噂があった中で、阪急ブレーブス(当時)が強硬指名をしますが結果、この指名を江川が「拒否」します。

小林秀一さんの場合は、何と当時の巨人の川上監督が直々に入団説得に訪れます。

川上哲治という人は、巨人でいわゆるV9を達成した前人未到の野球人でありますし、
何と川上氏も小林さんと同郷の熊本出身だったのです。

結果的にはこの入団交渉は決裂して、小林秀一さんは読売巨人軍のドラフト1位指名を『拒否』した形となります。

指名拒否の理由が衝撃的!

巨人軍の1位指名の拒否について、後年に拒否理由が明らかになっています。

私がアマの指導者になろうと勉強しているのを知らずに
いきなり指名していたのが愉快ではなかった。

巨人だから入って当たり前という態度が嫌だったことも拒否の原因!

実は小林秀一さんの当時の将来の夢というのは、教員になることとアマチュア野球の指導者ということだったそうです。

自分の夢に一途だった小林秀一氏

巨人の川上監督(当時)と小林秀一さんとの話がとても興味深いのです。

もちろん川上氏は小林氏の獲得に向けて理路整然とした話術で引き込みます。

巨人は君の(野球)技術を買って1位指名した。

ノンプロで野球を続けるんだったら、プロでやるのが本筋と

いうものだろう。

(社会人野球チームであれば)会社の仕事もしなくてはならない。

だったらプロで真剣に野球に取り組むべきだ!

小林さんは仕事として野球を選ぶつもりはなかったそうで、結局川上監督の整然とした説得話術により、皮肉にも小林さんに『決断』させたという事になります。

指名拒否した社会的な背景としては、プロ経験者が引退後はアマ指導者への転身が制約されたいたといった事も、指名拒否の決断に左右していたとされています。

ちなみにこの1973年のドラフト会議で、巨人は指名1位から3位までのすべて拒否されるという衝撃的な会議でした。

それでも読売巨人軍のドラフト1位指名を拒否したのは、長いドラフトの歴史
でも小林秀一氏のただ一人ということで、その野球の実力から鑑みてもまさに
~消えた天才~のエピソードにふさわしい人物だと思いました。

スポンサードリンク

指名拒否後の小林秀一さんは?

ドラフト指名を受けるときにはすでに決まっていた社会人野球チームの『熊谷組』に入社します。

熊谷組は東京都に本拠地をおく大手ゼネコンの熊谷組創設の社会人野球チームの名門と言えます。

当然野球部員も昼間は会社員として在籍部署の業務をこなすことがアマチュアスポーツ人としての責務でした。

現在、小林さんの在籍した熊谷組は、1980年以降長期的な不況が本格化した
中で企業スポーツとしての有り方を見直しせざるを得ず、1993年シーズンを最後に現在では『休部』としてるようですね。

小林秀一さんは熊谷組野球チームに8年在籍しており1977、79年の都市対抗野球大会の各大会では決勝進出するなど活躍されています。


消えた天才~小林秀一氏の現在は教授!

アマチュア野球と指導者の両立!

これは正に小林さんの若いころからの目標であり夢でもあった訳ですね。

野球部の監督業は実は1年ほどで辞められています。

その理由は脳梗塞の発症だそうで、その後は1988年4月より

愛知学院大学教養学部の助手→講師→助教授を歴任して現在では

准教授として教壇に立っていらっしゃいます。

出典:愛知学院大学教養学部 教員一覧

研究テーマが

企業スポーツ選手の生活と意識に関する研究

となるので、要するにアマチュアスポーツ選手の生活や仕事の両立化についての研究ということのようです。

出典:愛知学院大学教養学部 教員一覧

小林秀一氏の研究者としての内容はこちらを参照ください。

現在はJASSで青少年育成事業にも寄与している!

さらに小林さんは現在では、JASSで多種目間のスポーツ情報交換と交流と機会提供を目的とした事業に参画しています。

JASSは特定非営利活動法人スポーツ&セキュリティ支援協会といいます。

JASSの目的は健全な青少年育成と防犯意識の向上ということです。

小林さんはJASSのスポーツ部門のイベントスタッフとしてスポーツディレクター&講師の『野球ゾーン』スタッフとして活躍の場を広げられていました。

また同時にJASSの理事役員としてもお忙しい毎日をお過ごしのようです。

小林秀一(消えた天才)の巨人ドラフト1位指名の拒否理由があっぱれで現在の仕事は?まとめ

今回~消えた天才~に特集された小林秀一(こばやしひでかず)さんは読売巨人軍の
ドラフト1位指名を拒否して、みずからの夢である『野球を通じた指導者』の人生を現在
でも謳歌されている達人でしたね。

後年、ドラフトの川上監督の誘惑に迷いはなかったのか?については、肯定も否定も
しなかったようです、その意味では当時脈がなかった訳ではないのでしょうね。

でも振って湧いたような華やかな『職業野球』への道へは靡(なび)かなかったところに
小林秀一氏の天分(てんぶん)の天才たるゆえんが有るようにも思いました。

何故かというと天才の持つ常人には及ばない嗅覚を発揮したという事ではないでしょうか?

プロアスリートとして大成するのはほんの一握りです。

もちろん人生に好きな道を賭けるというのも人生のロマンであります。

ですが努力の彼方におのずと新たな道標が見えてくるのもまた人生ではないでしょうか?

消えた天才~小林秀一氏の指導者としての道標はまだまだ志半ばかもしれませんね。

今後とも消えた天才~小林秀一氏の活躍を期待したいと思います。

ここまでお読みいただき有難うございました。

スポンサードリンク