ピート・ベストが俳優デビュー!出演作品やビートルズ解雇の理由とは?

イギリス人のミュージシャンである
ランドルフ・ピーター・ベスト氏が
76歳にして俳優デビューするそうです。

ピート・ベストは何でも元ビートルズ
のドラマーという経歴の持ち主。

今回はピートベスト氏が出演作品の
内容について、またビートルズやメンバー
との関係について調べてみました。

スポンサードリンク

ピート・ベスト氏の経歴とは?

本名:ランドルフ・ピーター・ベスト
生年:1941年11月24日

御年76歳のミュージシャンであるピート
ベスト氏はあのザ・ビートルズのメンバー
として、彼らがメジャーデビュー直前ま
でメンバーだった人物で「5人目のビート
ルズ」との異名がある。

バンドマンとしてのピートの経歴は決して
華麗なものではなさそうだ。

1957年に母親が購入した屋敷をコーヒー
バーに仕立てる。

これにより店のイベントなどで数々の
バンドも来訪したようだがこの時に
ビートルズのメンバーたちとは顔見知り
になっていたと言われている。

ピート・ベスト自身もこのころから
ドラムを始めており、1960年にビート
ルズのハンブルク公園のためにドラマー
として参加することになる。

ところが1962年8月にビートルズを解雇
される憂き目にあう。

その後はピート自身がリーダーとなり
ピート・ベスト・フォー、ピート・ベスト
・コンボというバンドでレコードデビュー
する。

1967年には芸能活動から引退して市役所
の職員として勤務していた。

1988年以降は再びピート・ベスト・バンド
を再結成して、現在はバンドに専念してい
るという。

スポンサーリンク

ビートルズ解雇の理由とは?

いやあ、ビートルズファンの方はご存じ
だとは思いますが、リンゴスターの他に
ドラムス・メンバーがいらしたんですね。

調べてみると幻のビートルズメンバーと
もいわれる元メンバーはお二人。

1人はスチュワート・サトクリフで1960年
加入で1年ほどで脱退。

ピート・ベスト氏は1960年のハンブルク
行き直前に加入したものの1962年8月16日
にビートルズ解雇されて、二日後にリンゴ・
スターが加入という、かのビートルズでも
メジャー前には結構なドロドロ劇があった
のかもしれません。

これらの件はすべて、因みに皆さんもご存じ
のビートルズのデビュー曲「ラブ・ミー・
ドゥ」の前のお話だそうです。

さてピート・ベスト氏のビートルズ解雇
の理由とはいったいなんだったのか?

解雇理由の一つとしては、ピート・ベスト
が他のビートルズメンバーと今一しっくり
と溶け込めなかったらしいです。

当時のエピソードとして、メンバーで
唯一リーゼントを通していたという逸話
があります。

当初はビートルズもリーゼントしていた
時期もあったように記憶していますが
、やはり浮かぶのがマッシュルームヘアー
ですよね。

最後まで抵抗していたのがピートだった
という事です。

ピート・ベストのビートルズ解雇の理由
のもう一つ、それはドラマーとしての
技術不足だった説。

スポンサードリンク

メンバーとの関係はどうだった?

ピート・ベスト氏はビートルズ在籍中
は一番女性にもてた人物とも言われてい
ます。

ただメンバーの中で幾分、協調性にかける
面もあったそうで、ジョンレノンやポール
といったメンバーたちとの関係は実際は
どうだったのでしょうか?

ジョン・レノンはピートを一員として
音楽への「鋭さ」がなかったと話してい
ますね。

その点、ポールマッカートニーは『性格
のプレイヤーとしても問題あり』として
います。

どうやらピートがメンバーになじもうと
しなかったのは致命的だったようで、
ジョージハリソンが代役を受けたリンゴの
ドラミングに惚れ込みリンゴスター加入を
ジョンとポールに働きかけた実情がある
ようですね。

スポンサードリンク

ピート・ベストが俳優デビュー、出演作とは?

この度、俳優としてデビューするピート・
ベストの出演作品は、『Lennon’s Banjo』
という作品でジョンレノンのかつて演奏した
バンジョーという楽器を巡るコメディ劇と
いう。

ピート・ベストは自分自身を演じる役どころ
ということだが、ビートルズがメジャー前の
メンバーたちの活動ぶりを面白楽しく再現する
といった趣向らしい。

いやあ、それにしてもピート・ベストさんの
人生はご本人が思い返すといかがだったんです
かね~何といっても5人目のビートルズメンバー
ですから。

あの時、少し頑張っていたら4人目の正式な
メンバーとして現在でもその名を轟かせて
いたと思われますよね。

ピート・ベスト氏は幻の『5人目のビートルズ』
として、遂にメジャーデビューするということの
ようですね。

高齢ではありますがピート・ベスト氏の
今後の活躍を期待したいと思います。