話題のフラーレン化粧品の効果って?どんな成分で副作用の心配はないの?

フラーレン化粧品効果、副作用

フラーレン化粧品は、ノーベル賞受賞の成分がはいっている今とっても
話題の化粧品です。

フラーレンてどんなものなの?

フラーレンとは、炭素原子が60個ほど球状に配置されたサッカーボール状の
球場物質です。
1996年にフラーレンを発見したのはクロトー博士で、この成分の発見により
博士はノーベル化学賞を受賞しています。

フラーレンの素晴らしいところはこの強力な『抗酸化力』です。

美容の大敵・エイジングの大きな原因が活性酸素ですが、フラーレンはビタミンCの
172倍ともいわれる抗酸化力で、活性酸素を無害化するらしいのです。

またフラーレンは例えばアスタキサンチンやコエンザイムQ10といった抗酸化成分
と比較すると、その抗酸化力の持続性が優れている特色があるようです。

ラジカルスポンジのフラーレン効果でお肌のケアが持続される

ラジカルスポンジは、フラーレン成分の一種です。
ラジカルは(活性酸素)でスポンジ(吸い取る)という事です。

フラーレンは水に溶けにくい性質なのでPVPという高分子ポリマー
を添加することで

リポフラーレン(油溶性フラーレン)

 水溶性フラーレン

に分けられますが、水溶性フラーレンのほうは化粧水にも配合が
しやすいので使い方が多岐にわたり効果が期待できるメリットがある
と思います。

フラーレンの成分が入った化粧品で、濃度1%以上のものはマークが
表示されています。

2015-10-27_014854

フラーレンの副作用の心配は?

さて、強力な抗酸化力を持つフラーレンですが、そんなに強力かつ持続性が
ある成分ならば、怖いのは『副作用』の心配ですよね。

フラーレンは先ほど書いたように1996年に発見されたという比較的新しい
物質ですから、世界中の研究機関で現在も安全性の試験が継続されているとの
ことです。

フラーレンを販売している『ビタミンCバイオリサーチ社』は2003年創業の
会社ですが、フラーレンの人肌への安全性を確認したうえで2005年より販売を
開始しています。

フラーレンの副作用については調べてみましたが、『発生の報告』はなさそう
でした。
しかし、今後フラーレンを使用したことで(フラーレンが原因で)おこる副作用
については、誰もわからないといわれています。
フラーレンはそれだけ未知の物質であり、製造する側も使用する側も慎重にすべ
き問題のような気がします。

フラーレン配合の化粧品は、1%配合であっても『高濃度』であり、その肌への
作用力は図りえないものがあるのかもしれません。
また、フラーレンは『自然界』では分解されない物資という事も気に掛ける必要が
有りそうです。