アジアンタイヤの最近事情は?評判や国産タイヤとの比較は?おすすめメーカーって?

日本のタイヤ市場で購入が拡大傾向にあるといわれているのが『アジアンタイヤ』だ。

台湾、韓国、インドネシア、中国などのタイヤメーカーもので、その中の一部メーカー
ではモータースポーツへのサポートや日本での法人設立など積極的な展開も試み
られていて、徐々に日本上陸への兆しが明確となってきている。

アジアンタイヤの評判や性能はどうなのか?

まずアジアンタイヤの日本市場での飛躍の目玉は、なんといってもその魅力的なコスト
パフォーマンスです。

同じサイズで国産のスタンダードタイヤと比較しても、何と半額以下の価格設定という
のは魅力的この上ないことだろう。

もちろん車検には問題のないところだし、サイズも従来通りなので、今までのホイール
にも適用できるということです。

アジアンタイヤは、グリップ性能が高く硬めの作りになっているので、スポーツタイヤとして
力をいれているという面はあるのですが、それでも街乗りするには『十分』という声も
多いみたいです。

と結構、肯定的なお声が多いようでした。

因みにアジアンタイヤについてのデメリットといえば、こんな声が・・・・

  • 静粛性にやや欠ける(ロードノイズが大きい)
  • ゴムが固いので、交換しにくい
  • タイヤの溝の模様(パターン)が斬新すぎて・・・・

アジアンタイヤのおすすめメーカーといえば

○クムホ(韓国)   韓国有数のタイヤメーカー。昨今では欧米の車にも純正採用の実力。

○ハンコック(韓国) 韓国でのシェア1位。日本車への純正採用例も増加している。

○ネクセン(韓国)  韓国シェア3位の老舗メーカー。

○ナンカン(台湾)  台湾で最も歴史あるタイヤメーカー。

○ケンダ(台湾)   バイクや自転車のタイヤでも有名な総合タイヤメーカー。

尚、この5社のタイヤ、1本当たりの平均価格の最高値がクムホの6200円。

最安値がケンダの3600円というから本当に驚きますね。

ただ、同じアジアンタイヤでも中国製は、これらのお値段より更に『半額程度』の価格設定なん
だとか。業界でも『中華製』と特別視され実際に性能も格段に落ちるという事らしい。

アジアンタイヤについて、いかがでしょうか?

イメージとして『安かろう、悪かろう』の時代ではないのかな・・と感じたのは私だけではないとは
思います。でも、やっぱり初物に弱いのも、典型的な日本人の特徴なのかもしれませんね。

でも、この次タイヤショップに立ち寄ったならば、必ずアジアンタイヤを探してしまいそうですね。