インフルエンザ2015-2016、感染流行の時期や症状は?特徴と対策は

めっきり寒くなってきましたね。
本格的な冬にはまだ少し時間があるかもしれませんが、これからの季節で
注意したいのは風邪! それもインフルエンザの流行が気になるところですね。

日本のインフルエンザといえば、例年だいぶ寒くなった12-1月頃に流行する
イメージですが、2015年の今年、実はインフルエンザは大幅に早い9月に既に
学級閉鎖を伴う大量感染が報告されているんだそうです。

2015年も残すところ数か月ですが、2016年にかけても今季のインフルエンザの
感染流行の傾向を事前にしっかりと押さえておきたいところですね!

季節外れ?の2015 インフルエンザの感染流行は既に・・症状は?

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスによる呼吸器感染症のことです。

通常の風邪と比較すると、全身への症状が出やすいことがインフルエンザの特徴ですね。

38℃以上の発熱、頭痛、発熱、鼻水、関節痛や全身の筋肉の痛みかつ、また下痢や嘔吐

などの様々な症状を伴います。

さらに子供やお年寄りには重症化して、肺炎や脳炎になる場合もあり得ますから、

要注意したい季節の病気といえますよね。

実はインフルエンザの本当の怖さは、こじらせた場合の合併症を引き起こし『重症化する』

ことだとも言われています。

そんなインフルエンザ感染症ですが、今年2015年のインフルエンザによる学級閉鎖は、

9月7日、愛媛県内の中学校での措置が今季初の報告とされている。

その他、広島・千葉・東京・神奈川と学級閉鎖が相次いで報告されているという。

例年の流行の開始時期が12月という事を考えると、今年のインフルエンザの流行期間は

例年よりも『長くなる』ことが予想されています。

インフルエンザの症状ですが、ご存じのようにインフルエンザは主にA型およびB型が主

です。

実際にはもう一つの型も存在するという事ですが、症状が軽いケースがほとんどなんだそう。

A型、B型ともに感染力は強く症状の似たような場合が多いのですが、B型の場合、消化器

系に症状が出やすいそうでで下痢や腹痛を伴うのが特徴です。

感染流行となるスピードもA型は爆発的ともいえる急激な広がりを見せますが、B型の場合、

比較的ゆっくりと感染が広がります。

2015 インフルエンザの特徴はズバリ・・・?

2015-2016年にかけてインフルエンザの特徴は、実は今シーズンのインフルエンザワクチン

の特徴に見て取れると思います。

今年のインフルエンザワクチンは、これまでの3種類のワクチンから、4種類のウィルス株が

含まれるワクチンとなります。

3種類のワクチンというのは簡単に言いますと、

□A型インフルエンザの2種類

 □B型インフルエンザの1種類

の3種に免疫をつけるワクチンという事でした。

最近では、A型のみならずB型の2種類(山形系統・ビクトリア系統)の混合流行もあり、

予想は例年とも難!であることから今年から4種類のウィルス株に対するインフルエンザ

ワクチン!となったんだそうです。

世界的にもこの4価ワクチンへの移行していく潮流なんだそうです。

とはいえ、4価だからいいのかっ? っていうと実は効果のどれだけ上がるのかは今後、

データ検証の時間が必要という側面もあるみたいです。

ともあれ流行が予想される最大数の4価を事前接種することは、インフルエンザへの最良の

対策かもしれませんね。

インフルエンザの潜伏期間は長いと1週間程度です。

感染者が近くにいる場合、あなたにも感染のリスクが高いと考えたほうが良いかも知れません。