カドカワのネット高校は『N高等学校』、特徴や年間スケジュールは?

『ニコニコ動画』の運営元のカドカワが、新規のネットの高校を

2016年春に開校する。その名も『N高等学校』に決定した。

ネット高校のカリキュラムや理念を調べてみました。

ネット高校の特徴は?

ネット高校の基本的な特徴は、何と言ってもオンライン授業ですね。

インターネットに接続するだけで、各分野の第一人者のカリキュラム

を受けられたり、質問できたりすることです。

カドカワでは、一般科目のほかにもIT教育を重視することを明言して

おり、全国どこからでも双方向の授業を受けられる。

カドカワがネット高校を創設した理由は?

sp_mv1

カドカワの角川歴彦氏とドワンゴの川上社長の両氏は、現在の

不登校者数17万人について、こうコメントしている。

『不登校と人間の才能は無関係』だと。

そしてカドカワの構築してきたノウハウとネット技術を駆使する

ことで、新しい形の『高校』を提案できると考えています。

N高等学校では実際に学校に出席を求められるのは、年間5日程度らしい。

また、カドカワグループをバックにした豊富なカリキュラムが特徴で

小説・ノベル・プログラミング・ゲーム・アニメ・ファッション等、

多様な授業をネットで受けられる。

こうした独自のカドカワの企業歴史とノウハウによって、N高等学校は

従来の『通信高校』とも大きく異なるのではないだろうか。

N高等学校の年間スケジュールは?

N高等学校では、

  •  ネット授業(映像授業とレポート)
  •  年間5日程度のスクーリング(面接指導のようです)

が主な授業のようですね。

卒業条件として、

3年以上の在籍&74単位以上の単位修得 が必修。

単位とは科目ごとの学習時間(量)と考えても良いでしょう。

気になる定期考査(テスト)ですが、原則的にスクーリング

の時に、年一回実施されるようですよ。

N高等学校の学費は?

3年間の学費として、シュミレーションが明示されています。

入学金が50000円。

1単位あたりの授業料が5000円で、各学年で25単位づつの

取得が必要ですので毎年125000円の授業料となります。

その他、施設費と関連諸費で年間75000円としています。

また、国の就学支援金を申請することで、教育費の負担軽減も

図れるチャンスも有ります。

『自分らしさ』や独自性を求められても、従来の教育システムの

中でどうにも窮屈なことが沢山あるのが実情だと思う。

ネット高校で学ぶことが、即『不登校者』を救済することには

ならないのかもしれないが、少なくても時代のニーズにあった

教育モデルの到来という事ではないのだろうか。