りょうちけ(メイク男子)の経歴や本名は?現在の職業や女装画像がヤバい!

りょうちけ、メイク男子、

今回、金曜プラチナムナイトに登場するモテるためにメイクする新美容男児!が話題
です。

その方は りょうちけ!さんです!!

日本初のメイク男子のミスターコンテストでグランプリを受賞しています。

モテるために毎日メイクするというりょうちけさんですが、

眉毛整えるだけでメチャクチャ変わるんですよ!』というあたりその美意識の高さをうかがい知れるというものですね。

名付けて令和を生きる『新美容男子』りょうちけさんについて、今回は

経歴や本名

メイク男子への道とは?

りょうちけのメイクのビフォーアフター画像、ヤバい!

現在の職業について

何と女装もヤバい・りょうちけの画像!

気になる彼女の存在とは?

こうしたトピックスについて調べてみました。

スポンサードリンク

りょうちけの経歴とプロフィールについて

メイク男子りょうちけさんの経歴やプロフィールですが、

2019年現在、りょうちけさんは20歳ということです。

この投稿をInstagramで見る

またまたおぬーのメガネ

りょうちけ。さん(@rikusuke0811)がシェアした投稿 –

特技はメイクtiktokということです。

tiktokは15秒配信の動画アプリサービスですが、そんなツールを使って
メンズメイクの良さを広くアピールしているそうですよ。

男子メイクというと、最近メンズ向けのコスメ製品も多く出ているみたいですが、メイクの良さとしてコンプレックスを解消したり、自分に自信を与えてくれるという力があるんだそう。

メイクは長らく女性がするものと考えられてきましたが、メンズが自然にメイクを愉しむ時代が到来しているってことなのでしょうね。

つまり価値観の変遷ということで、今回の金曜プラチナムナイトでは中居さんも見事にこの辺の男子メイクの存在に目から鱗だったようですね。

さてそんなメイク男子・りょうちけさんの経歴プロフィールとして欠かせないのが、

メイク男子のミスターコンテストでのグランプリ受賞!

でしょうね。
https://www.healthy-style.jp/archives/94903

このコンテストはメンズメイクの先駆者としてメイクの魅力を世間に伝える伝道師役を募集するという斬新なコンテストでした。

2019年2月に開催のメンズメイクのミスターコンテストでは40名かファイナル
7名に絞られ、有効投票6000票から、りょうちけさんは2497票を獲得して見事グランプリに輝きます。

りょうちけの本名とは?

ちなみにりょうちけという名前について、本名も気になるところですよね。

なかなか確実な情報が見つからなかったのですが、りょうちけという響きの
なかで考えられそうなのが、

○りょうた

○りょうじ

などのお名前なのかなと思いますが、噂によるとりょうちけさんは、

本名が りょうすけ ということらしいです。

りょうすけ が、りょうちけ ?

ってなんかわかるような気がしないでもありませんね。

良く小さい子が、舌足らずでりょうちけ~なんて過去に呼ばれた経緯が
あったのかもしれませんね。って憶測ではありますが。

とりあえずりょうちけの本名は『りょうすけ』ということですね。

メイクに目覚めたキッカケは?

さてメイク男子ミスターコンで境地が開いたりょうちけですが、メイクへの
キッカケについて気になりませんか?

二十歳のりょうちけさんが、メイクを始めたのは約1年ほど前という。

メイクのキッカケというのが今風な男子のエピソードかもしれません。。

というのも当時交際していた彼女のメイクの『実験台』だった!というのです。

かりに16-17歳当時に交際していた男女、高校時期になって大人メイクをかじってみるのは女子力の自然な発露ではないでしょうか。

でもメイクがうまくでいない、、、っていうか彼氏のナチュラルを実験台として活用すれば技術アップが間違いなし??っていう当時の彼女さんのあざとさがあったのかは不明ではありますが、若い男女が一生懸命メイクで『変わる自分』に一喜一憂していたことは間違いのないところでしょうね。

りょうちけさんの感性の素晴らしいことはメイクについて

第一印象や清潔感で相手に与える印象が違う

というかなり的を得た意見を語っている事ですね。

つまりメイクの功徳たるものを言い得ているともいえるのではないですかね。

思春期の男子が、従来女子の嗜むメイク化粧についてこうした客観的なアプローチは取れるとは思えません。

つまりメイクは女子のものであって、男子たる者~~という考えは実は現在では悠久の時代錯誤といわれかねないのかもしれません。

スポンサードリンク

りょうちけのメイク・ビフォーアフター画像がヤバい!

さてりょうちけさんのメイク前と後の画像を比較してみたいと思います。

上がビフォーでりょうちけのすっぴん画像ですね、下がアフター!!

上と下の画像の差・・・ビフォーアフターが強烈です。

ってゆうか、その創作意欲が素晴らしいですね~目線がクールで印象が別人のようですね。

りょうちけの女装画像も存在!

りょうちけさんの女装画像もありました。

女装をする心理というのは、男性(あるいは女性)という役割からのこころの
解放を希求するという心理があるそうです。

単に性的な思考に直結するのは浅はかで短絡的であるようです。

つまり自己という男性性が、魂や心の解放を求めて『女装』を懸命に演出する事がつまりはその人の本当のカタルシスに通じるわけです。

ですから女装をする男性の心理は常に誠心誠意、一生懸命『女』を刹那に生きる訳なのです。

この投稿をInstagramで見る

女ちけ‍♀️

りょうちけ。さん(@rikusuke0811)がシェアした投稿 –


スポンサーリンク

りょうちけの現在の職業は?

現在、りょうちけさんは、バーテンダーというご職業をされています。

バーテンダーというのは、バーやラウンジ、パブなどのカウンターにある酒場のことで、さまざまな種類の酒類を客にサーブする職業です。

現在お勤めのバーは、

インフルエンサーBAR『READY GO』。

READY GOは、スタッフ全員がインフルエンサーというYoutuberのジョーブログのお店です。

こんなヤバい空間で仕事しているなんて、もちろんりょうちけもインフルエンサーだから
こそ務まる職業なんですね。

つまりREADY GOというお店の売りというか魅力なんですが、それは

『人』の魅力に出逢える空間ということ。

この場所で働いている人はすべて自分の夢を明確にもっているそうで、その意味でパワフル・ヴィヴィッドでインフルエンサーな人たち。

この人を応援してみたい、とお客さんの推しが熱く存在するお店です。

ちなみでりょうちけさん、このREADY GOでは、運営側として関わっているんだそうです。

『みんなが主役として輝ける場所にしたい』という気持ちで仕事しているそうですよ。

こちらの新・メイク男児の記事もあわせてどうぞ!!

りょうちけの彼女の存在?

りょうちけの彼女の情報については出てきませんでした。

インスタやtiktokなどのSNSで、日夜メイクの研究や実践成果を情報として
発信続けているりょうちけさんですから、女性もいろんな意味で自分の世界
やカラーをしっかりと持つ大人の女性がふさわしいのではないでしょうか。

でも男子でメイクの技術はある意味プロ以上の世界に生きているので、並みの
女性ではりょうちけさんの彼女は務まらないかもしれませんね。

りょうちけ(メイク男子)の経歴や本名は?現在の職業や女装画像がヤバい!まとめ

メイク男子・りょうちけさんは現在ではすでに化粧すきな今風男子の枠を外れて
インフルエンサーとして新たなエポックメイクの使命を帯びた存在なのかもしれません。

その証拠としては

りょうちけLINEスタンプの販売!

LINEライブで1位に輝く!

この投稿をInstagramで見る

ネイル業界に革命を ・ ちけは今新しくネイル事業にも取り組もうと計画を進めています ・ 先日オートネイルの内覧打ち合わせに行ってきました‍♂️ ・ 感想から言うと、圧巻でした これは絶対に時代来るなと…。 インスタの動画とかで凄いなぁ〜なんて見てたけど、実際に体験させてもらいに行くと想像を遥かに上回る技術に圧倒されました。。 ・ 夏頃を目処に地方にお店を出そうかと動きはじめているところです 自分のデザインしたネイルチップとかもオンラインで販売できるので、店舗にお越しにならなくても僕の商品が買える様、色々考えてるのでしばしお待ちを… ・ また詳細を詰めて改めてご報告するので楽しみにしててね ・ #オートネイル #autonail #ネイルチップ #ネイルデザイン #メイク男子 #日本一のりょうちけの道のり

りょうちけ。さん(@rikusuke0811)がシェアした投稿 –

オートネイル事業の立ち上げ!

オートネイルというのは、簡単にいうとネイルデザインのプリンターのことだそうで、
従来の手書きによるデザインネイルをはるかに凌駕するという画期的なネイル手法です。

ネイル業界に革命を!というりょうちけの鼻息の荒いことも無理はなさそうですね。

さて令和新時代を熱く生きる新・メイク男児のりょうちけさん!

単純なメイク術だけでなく時代に沿う形で、世代に新たなインフルエンスを起こす正に
伝道者としての歩みの中にいるようですね。

今後もりょうちけさんの活躍、あたたかく見守りたいと思います。

ここまでお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク