大柳葵理恵(セレブ研究家)の経歴、年収が気になる!肌荒れやブツブツの原因がヤバいっ!【ホンマでっか】

ホンマでっか!?TVに、海外

セレブ研究の第一人者、大柳葵理恵さん

が登場されますね。

今回の番組は、「2017年下半期大予想・

世界で起きること大予想」ということで

海外セレブの動向が日本の流行に大きな

影響がありますから、大柳さんのような

セレブ研究家の発言も大いに気になる所

ですね。

今日は、そんな大柳葵理恵さんについて

経歴やプロフィール、年収、気になる

肌荒れやブツブツの噂についてピックアッ

プしましょう。

スポンサーリンク

大柳葵理恵の経歴について

大柳葵理恵(おおやなぎ きりえ)

さんは海外セレブ研究や海外セレブのゴ

シップ評論家として活躍しています。

出典:https://matome.naver.jp/

来歴や年齢などは不詳名部分が多いので

すが、それは仕事上での付き合いがセレブ

などの有名人とも接する機会が多く、その

へんの足かせの可能性を考慮してのこと

なのでしょうか。

日本初のセレブリィテイ専門誌「GOSSIPS」

の編集長を務めた経験からセレブリティ

情報や企画の仕事をしている。

セレブ情報とは、イコール付加価値以外

のなにものでもないですから、情報の

加工や発信のやり方ではトンでもない

ビジネスになるのは間違いありませんね。

大柳さんは海外セレブたちの情報を軸に

ファッション、ビューティー、タンタメ

カルチャーなど幅広く欧米のトレンドを

世の中に発信されています。

大柳葵理恵の現在とは?

GOSSIPSの立ち上げ以降は増刊号や他の

書籍刊行にも携わり、欧米セレブ事情を

日本にダウンロードしている第一人者と

もいえるかもしれません。

実は「GOSSIPS」はアメリカの三大ゴシッ

プ紙とも独占提携の関係にあり、大柳氏

が独自に構築してきた海外とのコネクシ

ョンがモノを言っているのだが、その

コネクションをどのように築いてきた

のかは不明です。

推測するに海外生活を通じてセレブの

動向や流行に感化された経験と興味が

不可欠ですから、その意味ではある程度

幼少の頃より海外生活や体験があるの

かなと感じますね。

もちろん語学も必修ですからね。

大柳さんの現在は2017年から同じように

webメディア「FRONTROW」をオープン

している。

これは情報の質や正確さ、さらには情報

の早さに一層基点をおいてるようで初代

の編集長を務めている。

また、セレブについて幅広い情報をメディ

アに紹介してバラエティ番組のコーナーを

持つ勢いである。

スポンサーリンク

大柳葵理恵の年収とは?

大柳さんは年齢が不詳ではありますが

情報によると1978年生まれという

ことで、現在は38歳程度です。

海外セレブ情報というかなり特化した

分野での第一人者としての経験や知識

を考慮した場合、あと人気メディアの

編集長を現在と過去に携わったことから

業界での特異性は群を抜いているのは

間違いないところですね。

一般的に編集長という肩書きは年齢的

にももう少し上のイメージがあります。

しかし、大柳さんの場合はトレンドや

ファッション重視の世界ですから年齢

はむしろ関係ないでしょうね。

雑誌編集長が一般的に800~1000万円

程度の年収という事に関連して考えると

セレブ情報の雑誌やwebメディアの取り

扱いの場合、もう少し高額になる気が

しますがいかがでしょうか?

大柳さんの所属のアウトグラフプロダ

クションの過去の転職採用情報によれば

入社1年目で「年収500万」と有りまし

た。

年齢や経験考慮も当然予想されるところ

ですが、かなり実績のある会社ですよね。

そうしたことから大柳さんの場合は、編

編長の他にメディア出演やイベント企画

を考えあわえて1500~2000万円程度の

年収となるのでは予想されますね。

スポンサードリンク

肌荒れやブツブツが気になるとはどういう事?

大柳さんについてキーワード情報では

「肌あれ」

「ブツブツ」

いったワードが出てきてちょっと

ビックリしました。

編集者のイメージとして、ファッション

やお肌やお化粧にふだんからかなりシビア

な方が多いと思っていたからです。

調べて分かったのは、お肌の若返りの

ために、ご自身の肌にあるスンゴイもの

を塗っているということです!

それは

「ボラギノール」!

痔のお薬ですね。

実際はボラギノールそのものを使用してい

るかは不明なのですが、痔のお薬といえ

ば「ボラギノール」は管理人が一般的な

庶民だからですかね・・・

大柳さんはこの「痔のクリーム」を

顔に塗っているそうです。

更に調べてみると「痔のクリーム」は

何でも海外セレブも愛用している人が

結構いるみたいで「肌あれ解消」や

「目に付けるとシワとり効果がある」と

いう理解でお使いのようです。

日本ではマツコ・デラックスも愛用し

ているとかですよ。

肌荒れやブツブツは、痔クリーム愛用の影響?

痔の薬が海外セレブや日本のキャバ嬢など

に一部愛好者がいるみたいですね。

ボラギノールの成分自体は

●痛み、かゆみを押さえる成分

●細胞増殖作用や消炎効果がある

●血行促進

といった効果がありますが、気になるのは

ステロイド成分が含まれています。

ステロイドの怖いところは強い副作用が

有るといわれています。

副作用として考えられる主な症状は、

●肌がブツブツになる

●色素沈着や黒ずみの増殖

です。

特に目の周辺のシワに効果が!とって

多用すると皮膚の薄い部分は特に危険

という事なのですね。

ということで「痔のクリーム」で美容

効果を期待して使用することは、含有

成分からして「理屈にはあってる」かも

ですが、常用や多用は「禁止」すること

が望ましいようです。

大柳さんもこの美肌法を駆使していたの

でしょうか?

であれば肌あれやブツブツの説明がつくの

かもですね・・・。

真偽のほどは不明ですが、海外セレブ

情報をいち早くキャッチする立場として

は、効果効能の有無を確認すべく「試し

てみた」過去があるのかも知れません。

元の肌に戻るのには時間がかなりかかる

そうですから、セレブ情報とて鵜呑み

するには注意が必要ということですね。

■こちらの記事もいかがでしょうか■

まとめ

いかがでしたか?

海外セレブやトレンド情報の第一人者とし

て、流行を追いかける立場の大柳葵理恵

さんはなかなか情報として不明な点が多く

それが仕事柄として必要なのかも知れま

せん。

大柳さんの仕事は、トレンド潮流を広く

発信する立場なので、経済界や財界、

メディアなど多くの分野と関連が深く

なることは今後も間違いのないところ

ですね。

今後も幅広い目線で、価値のある正確

な情報をドンドン紹介して欲しいと

思いますね。