渋谷ハロウィンの有料制はいつから実施で理由は?内容や口コミもチェック!

渋谷 ハロウィン、有料制、いつから、内容、

例年になく大騒動となった2018渋谷のハロウィン。

センター街周辺の騒ぎは、一部暴徒と化した若者によるトラブルが続出。

痴漢の被害も多く、軽トラが横転されるといった狂気の祭りのイメージ

が先行しているようです。

それを受けて、早々に東京・渋谷区の長谷部健区長が

ハロウィンの有料制

を取り入れることを示唆、話題となりそうです。

いったい、ハロウィンの有料制の内容や理由は何なのか?

有料制はいつから実施されるのかも気になります。

また、ハロウィン有料制について著名人もコメントを発表しています。

スポンサーリンク

渋谷のハロウィンとは?

渋谷のハロウィンはどうも2007年くらいか仮装する人たちが目立ち始めているそうです。

もともとは欧米のお祭りで、家庭や狭い地域で

秋の収穫を祝い、邪気を払う

を目的としています。

日本でハロウィンが定着の発端は1970年代、キディランドが
ハロウィン商品を店頭販売が開始されたことと言われています。

渋谷にハロウィンの理由も、明確な理由はなさそうです。

が2010年のサッカーW杯の影響で、ペイントした若い人や仮装する
人がシブヤに集まる傾向がでていたとする見方もあるそうです。

2011年には東日本大震災での自粛ムードとなりますが、それ以降は
格段の進化を遂げて、現在のような一大イベントとなっているそうです。

渋谷のハロウィンが有料制になる?

渋谷のハロウィンは、最近では騒ぎが連鎖化されて社会問題化
しているといえそうです。

痴漢、スリ、火事、盗撮、大量のゴミ

など善良な市民でも、祭り意識の中で群集心理が働くのでしょうか?

昨今の渋谷ハロウィンの騒ぎは大きな問題となっています。

当然、地元住民からの苦情も多くなり、ハロウィン期間には近くの
商店は、早々に店じまいを強いられるという事も多々あるそうです。

2018年11月1日に渋谷区の長谷部健区長は、次回2019年の渋谷ハロウィン
については、

ハロウィンはイベントではなく騒動になっている。

来年は有料制にしたい!

と今後の渋谷ハロウィンの有料化を示唆しています。

長谷部渋谷区長の緊急コメント

スポンサーリンク

渋谷のハロウィン有料制の内容とは?

有料制の内容について、具体的内容は不明と言えます。

ただ言及された内容としては、有料制実施の他に、代々木公園に
誘導したりするといった対策も考えられるとしています。

長谷部健区長はご自身が、渋谷の出身ですからね。

小学校が区立神宮前小学校、中学は原宿中学校と、自分たちの
街を荒らされた!と危惧する意識は高いのかもしれませんね。

有料制ともなると当然考えられることは、イベントエリアの指定や
パレードのルートを規定するということも想定されます。

あと時間を区切ることも考えられますね。

時間や場所を限定的に自治体や警察の配備するといったことも
事前に策定しやすくなる利点はあるかもしれません。

理由は?

ハロウィン当初から、街に集まる人々に

モラルを守ってほしい!

と呼びかけていた渋谷区長の長谷部健区長は、

ハロウィン有料化への理由として、

これだけ街を荒らされたのが現実、しっかりと対策を進めたい

渋谷を愛する人たちを踏みにじる行為は断じて許せない

と、ハロウィン有料化の実施についての理由を、街を守るため!と
名言しています。

いつから実施?

とうぜんハロウィンは年に一度のイベントなので、ハロウィンの有料制が
実施されるとすれば、次回の2019年の渋谷ハロウィンからということに
なりますね。

ホリエモンもコメント!口コミは?

ホリエモン・堀江貴文氏も渋谷ハロウィンの有料化について、いち早く
反応していますね。

「ホリエモン」こと実業家の堀江貴文氏(46)が31日、ツイッターを更新。週末の27日夜から28日朝にかけ、ハロウィーンの仮装姿の若者や外国人が多く集まった東京・渋谷区の繁華街ではトラブルが相次いだこ
おおむね有料化について、理解していると思いますね。

ハロウィーン直近の週末となった10月27日夜から28日未明にかけて、渋谷駅周辺で一部の来街者らによる犯罪・迷惑行為が問題となる中、長谷部健渋谷区長が29日、「10月31日のハロウィーンに向けたお願い」として緊急コメントを出した。

渋谷ハロウィンの有料化について、世間の口コミですが、

ただ、渋谷ハロウィンの場合、特にイベント主催者がいるわけでも
ありませんからね。
有料化の枠がどう整備されていくのか、渋谷ハロウィンの今後の
制度化・有料化について注目されますね。

スポンサードリンク