園田静香(数寄屋橋クラブ)の経歴や年齢は?文壇バーの場所や有名人の客はだれ?

プロフェッショナル~仕事の流儀~にご出演の各界の厳しい世界を生き抜く名人たち、今回は銀座の文壇バーを経営されている園田静香さんが登場します。

園田静香さんの経歴や気になる年齢について

文壇バーって何?場所はどこ?

有名人のお客はだれ?

こうしたトピックについて調べてみましょう!

プロフェッショナル~仕事の流儀~
 その他の記事はこちらもどうぞ!
白坂亜紀(銀座ママ)の経歴や結婚、年収は?芸能人との熱愛噂も!

スポンサードリンク

園田静香さんの経歴は?

名前:園田 静香(そのだしずか)
生年:6月23日
出身:熊本市
職業:銀座クラブ経営者

園田静香さんの経歴ですが、熊本の私立尚絅高校の時にすでに自衛隊や国税局のポスターモデルだったというので、若いころから美貌は有名だったみたいですね。

高校時代はバスガイドにあこがれていたそうですが、熊本時代に芸子の世界で一年間稽古します。

1967年9月に弟さんと一緒に上京。

何とその年の11月には東京銀座に『クラブ数寄屋橋』をオープンしたといいますから仕事素早過ぎませんかぁ。

クラブ数寄屋橋は、各政財界の有名人や大物が集う銀座の中でも、当時の有名漫画家や作家さんなどが足繁く通う独特なクラブだったみたいです。

園田静香ママの年齢は?

クラブ数寄屋橋の半世紀にわたる歴史の中で、文壇や政財界からの大物の御用達店として、特に昭和時代の歴史的なVIPとの幅広い人脈があったことから『昭和の伝説』と評されることもあった園田静香さん。

お若いころの園田ママですがとてもお綺麗ですね。

写真家の荒木経惟氏の撮影した画像という事です。

現在の年齢が気になりますね。

熊本から上京してわずか数か月で天下の銀座に店をオープン。

店を一日も休業しないことをポリシーとしていた。

外国人記者クラブから日本文化の講演について依頼され、講演の最後に
居合抜きと殺陣を披露した!

数々のエピソードを持つ正に昭和の伝説ママ的存在です。

どうやら園田ママは1947年のお生まれということですので、現在は71歳ではないかと思います。

1967年に上京した時は20歳の時だったそうです。

スポンサーリンク

文壇バーの場所や客はどんな有名人がいた?

文壇で有名な直木賞の選考委員が、選考後の打ち上げに集うのがこのクラブ数寄屋橋だそうです。

もう文人にとっては数寄屋橋はステータスであり、ホームであり憩いの場所であるみたいですね。

作家や漫画家でクラブ数寄屋橋の常連は、

司馬遼太郎
三島由紀夫
井上靖
池波正太郎
林真理子
北方謙三
宮部みゆき
桐野夏生
森村誠一
渡辺淳一
大藪春彦
黒岩重吾
山口洋子
手塚治
岡本太郎
藤子不二雄 等

クラブ数寄屋橋HP

※ギャラリー写真では、めっちゃ有名な先生方のお写真がズラリでした。

文壇バー(数寄屋橋クラブ)の場所は?

住所:東京都中央区銀座7-7-6 アスタープラザビルB1

JR新橋駅から徒歩6分、銀座駅から徒歩5分。

昭和の文壇バーとして名声を確立した数寄屋橋クラブですが、その文壇バーの
世界について少し調べてみましょう。

文壇バーとは作家や編集者といった人たちが、文学や作品の話や打ち合わせに使う社交サロン的な位置づけだったみたいです。

ですから数寄屋橋クラブのような存在ともなると、業界独特の雰囲気やら言葉が店内に飛び交っていたらしく、なかなか一般の客は入りづらい雰囲気というか一見さんは入店は難しいかもしれません。

まあ銀座クラブの経営という事を冷静に考えてみると、売れっ子作家を数人お客とできれば、そのクラブには業界関係者が自然と出入りするのは必至で、そこを園田静香さんが戦略的に狙ったのかどうかは不明ですね。

いずれにせよ昭和~平成の大物有名人の心を虜にする魅力が、園田静香ママや数寄屋橋クラブにはあったという事ですね。

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサードリンク