就活写真を撮るならおすすめはスタジオディーバ!料金やテク、口コミも調査。内定のコツは?

就活写真、

マツコ会議には、プロフェッショナルな就活写真スタジオ

『スタジオディーバ』が特集されます。

現在、アナウンサー試験の合格者が続出しているということで就活写真の出来栄えがハンパないみたいで人気のスタジオです。

もともとは、コマーシャルカメラマンとプロのヘアメイクとカラーリストたちのコラボの場所としてスタートしたとあります。

単純にディーバで撮った写真がキレイだ!としか感じない人は、人生の大切なチャンスとすれ違ってしまうかもしれません!

あなたらしさとは何でしょうか?
それは単なる自己満足ではないはずです。
他者が鏡となってはじめて、見える『貴方』がいるのではないでしょうか。

それが新しい貴方ご自身の魅力であれば、とてもうれしい事ですね。

以上のHP冒頭のコマーシャルコメントをみても、かなりプロ意識がたかく、ポートレート写真を『写真』以上の新たな価値とクライアントの魅力を新規創出する、という気概以外のものは感じませんね。

就活写真を希望するならかなりの効果と出来の高いものが期待できそうです。

今回はマツコ会議に特集の就活写真スタジオ『スタジオディーバ』について調べてみました。

スポンサーリンク

スタジオディーバの特徴について

スタジオディーバは、1994年に設立されました。

業務としては

ミス日本コンテスト主催事務祖推薦スタジオ

ミスインターナショナル・ミスワールドオフィシャルスタジオ

と肖像写真や商用写真の分野では日本のトップスタジオといっても良いレベルではないでしょうか。

『写真撮影』という分野で考えると

■スタジオDIVA■メニュー

就職用ES写真・証明写真
CA・アナウンサー受験用
オーディションデビューコース
タレント用宣材写真
演奏会・CDジャケット
ビジネスプロフィール
選挙用ポスター撮影
コマーシャル撮影
記念写真
お見合い写真

といった用途それぞれに特化した撮影サービスを提案しているといえる。

スタジオディーバのテクは?

就職用ES写真・証明写真

就活の場合、活動中に最大で100枚程度の履歴書用の写真が必要になるそうです。

ディーバでは必要な写真サイズはすべて撮影するサービスとなっているそうなので、データごと買い取ることになるので後々焼き増しにはプリント代金の出費してすむみたいです。

撮影料金が安くても、必要なサイズに『変換』することは後々思わぬ出費になるわけですから、就活の流れ全体を把握している専門店スタジオならではのメニューではないでしょうか。

またこれは管理人も成程!と腑に落ちたのですが、

ディーバ長年のノウハウにより就職先別(業種別)のふさわしい人物像をメイクや撮影テクによって、撮りわけしているという事なんです。

金融系』『薬品・食品系』『サービス系』

それぞれの人事面接担当者に受けがいいような、証明の明るさや当て方、笑顔の作り方や度合い、などは他の写真スタジオでは追随のできないディーバならではのオリジナルノウハウという事です。

あそれと、就活用写真はCG修正なし!というかなりのテクと自信もお持ちのようですね。

アナウンサー応募用撮影

やはり人気のアナウンサー試験用となると、就活用写真の使い方も『勝つための戦略ツール』としてディーバはワンランク上のプレゼンフォト化を提案してます。

アナウンサー試験ともなるとエントリーシートに、証明写真以外にも複数のスナップが必要となるんだそうです。

他のエントリーの写真との差別化を明らかにするために、ディーバでは

エントリーシートの添削

スナップ写真の無料診断

のサービスも実施しているそうです。

シートのアイキャッチ画像から自己アピールのスナップショットさらにテキストへの誘導、これら一連の動作を面接担当に『自然な興味』をそそるような印象を与えることに提案してくれます。

その他にもCA(キャビンアテンダント)の就活用の写真コースも提案しています。

スポンサードリンク

スタジオディーバの代表者は?

それではこれほど本格的な肖像写真を各分野でサービス展開しているスタジオディーバの代表者が少し気になります。

それは

山口直也社長 という方です。

早稲田大学大学院を経て、現在アートフォトグラファーとして活動されています。

現在では、山口社長は『ジャポニズム』をテーマに日本の美意識を広く海外に問うと言った活動をされているようです。

フォト作品を通じてさまざまなジャンルと外国人との交流をされています。

そういった事がベースにあり、ポーランド国立ワルシャワペラ座の世界モダンバレエ週間ポスターを手掛けた経緯もあるという言う事です。

こんな山口氏が社長さんですから、ディーバの業務も単にスタジオ業務だけではないようです。

ヘアメイクやメイクレッスン、ヘアメイクスタッフの派遣、学生のための就活セミナーや講演、写真の撮られ方レッスン、日本の美意識や思想を伝えるさまざまなワークショップの開催など

山口直也社長の下、ディーバの業務範囲は実に広範囲のようですね。

スポンサードリンク

スタジオディーバの場所は?

さて就活生の方には気になる情報をお届けしましょう。

スタジオディーバの場所ですが、現在撮影スタジオを2店舗です。

Home Studio(ホームスタジオ)

東京都文京区千駄木2-15-7

Annex Studio(アネックススタジオ)

東京都文京区千駄木2-21-1

現在の2店舗はとても近い場所にあるみたいです。

さらに詳しい情報はこちらのスタッフブログからどうぞ!
DIVAスタッフブログ

スタジオディーバの利用料金について

各撮影のサービスごとになるみたいですが、

デジタルとフィルムの2コースとなります!

デジタルコース

  • 納得のいく写真が選べる
  • 仕上がりが早い
  • ベスト写真をおすすめしてくれる
  • 各種証明写真におすすめ

こちらの感じはどうちらかと言えば、従来の写真スタジオ的なサービスじゃないでしょうか。

もちろんプロのカメラマンや照明など、一流の仕上がりになるのは間違いはないと思うのですが、こと就活といった幅広い自己アピールが求められる一世一代の『肖像写真』にはフィルムコースがおすすめのような感じがしました。

デジタルコースの料金は

顔写真または全身(撮影のみ) 3800円

ディーバ・ベーシック     4800円
 ※撮影中のスタッフによるケアやアドバイス

フィルムコース

  • 24カットの画像がもらえる
  • 顔写真がすべてエントリーシートに対応サイズ
  • 業種職種別に撮りわけ可能

就活の場合、一般的にはエントリーする数が多いですから、様々に撮りわけが可能なフィルムコースが断然おすすめではないでしょうかね

フィルムコースの料金は

 上半身または全身で、通常12000円

 上半身プラス全身で、通常14000円

の料金です。

もちろんその他に

データの追加やパターンの追加、焼き増し、ヘアメイクといったオプションサービスもチョイスできます。

スポンサーリンク

スタジオディーバの口コミや評判は?

それではスタジオディーバの口コミや評判について調べてみました。

黒髪のブリリアン、イケメンすぎと話題!

スタジオディーバは、テレビのバラエティにも登場しているんですね!

就活のコツや写真の撮られ方セミナーなど、就職戦線に生き残るために戦略的に「内定をもらうコツ」実践的に提案しているとも言えますね。

マツコ会議とスタジオディーバ

スタジオディーバの業界別職業別の就活写真術のこだわり、いかがでしょうか?

各方面の用途でじつにさまざまなシーンの人が利用されていて口コミや評価も上々といったところですね。

就活写真、おすすめ、スタジオディーバ、内定、マツコ

スタジオ・ディーバHP

記事の冒頭にもご紹介しましたが、いかがですか?

さまざまなシーンに最適な写真撮りを提案していますね。

ビフォーとアフターの変わり具合については、マツコさんも番組の中でぜったい食いつくこと、間違いないでしょうね。

今回はマツコ会議に特集される就活写真用に特化したスタジオ・ディーバについていろいろと調べてみました。

ここまでお読みいただきまして有難うございました。

スポンサーリンク

■こちらの関連記事もどうぞ■

ラフィアージュ(悶絶マッサージ)の場所は?評判・公開とサービスの内容を調査してみた

いとうけんいち(四足歩行ギネス記録)の経歴や現在と嫁や記録も気になる!

井上今里(メークアーティスト)の経歴と女装紳士の場所や料金、サービスとは?

渡辺龍哉(ヒップジョイント)の経歴と口コミ絶賛のヒップアップジム!

大山列(担担麺評論家)のプロフや家族と年収は?バンドKLACKとは?

HIKA(フーターズ・ミスワールド)の年齢や現在は?カップや画像と動画も気になる!

竹内順平の現在や経歴や梅干しとの関係。父は大物でマツコ仰天!?