大山烈(坦坦麺評論家)のプロフィールや家族や年収は?バンドKLACKと本業はなに?【マツコ】

今日は『マツコの知らない世界』に登場

する『坦坦麺の世界』を紹介してくれる

大山烈(おおやま たける)さんについて

です。

なんでも坦坦麺評論家という事で、オタク

的な感じと思いきや、ワイルド系のメチャ

イケメン的でビックリしたのではないで

しょうか。

今日はそんなギャップが楽しそうな大山

烈さんについてピックアップしてみましょう。

スポンサーリンク

坦坦麺(たんたんめん)とは?

坦坦麺とは、中国の四川省発祥の麺料理です。

中国でもともと担いで売られたいたそうで、

スープの持ち運ぶ面倒さから『汁なし』が

一般的ということです。

日本の坦坦麺は、中国料理のおおくが日本

的にアレンジされて広まったように、陳

建民氏によってアレンジされたそうです。

現在では『汁あり派×汁なし派』の坦坦麺

論争がブームみたいですが、さらに乾麺を

つかったものも参戦しているみたいですから

正に『坦坦麺の一大ム-ブメント』とも

いえる最近の事情かもしれません。

大山烈(坦坦麺評論家)のプロフィールは?

今回ご出演の大山烈さんは、坦坦麺好き

が高じて、これまで実に1000食以上の

坦坦麺を食してきたそうです。

簡単なプロフィールとしては、

本名:大山 烈(おおやま たける)

生年月日:1985年1月7日

出身地:神奈川県茅ヶ崎市

職業:バーテンダー・坦坦麺評論家

今回番組では、坦坦麺評論家としての

出演となるようですが、大山さんの現在

本業はバーテンダーというお仕事の

ようです。

2008年 東京・下北沢のバー『BANANA

MOON』に就職。

その後、

2013年 JAAMESON BartendersBallカクテル

コンペティションで見事に優勝します。

2014年 JAMESON CMD ireland で世界で

一人だけ!選出されるバーテンダー代表と

なるなど実力は日本ではトップといえる方

なんですね。

そんなわけで大山さんの現在の本業ともいえる

お仕事は、BANANAMOONの店長兼バーテンダー

ということのようです。

ちなみにバー『BANANAMOON』についてですが

住所:東京都世田谷区北沢2-4-8

営業時間:18:00-4:00

定休日:不定休

アクセス:下北沢駅から徒歩2分

店URL:I LOVE 下北沢『BANANAMOON』

店舗メニューはイタリアン系のオシャレ系な料理

が多いみたいですが、BANANAMOONは下北沢の

『イケメン店員マップ』に掲載するほどのイケメン

従業員を擁しているお店らしいですぞ。

出典:I LOVE 下北沢

坦坦麺は趣味で、店メニューとは別なのかな?

って思って調べていたら、どうやら大山さんのつく

裏メニューは確かに存在するみたいで『烈風坦坦麺』

はめちゃ美味しそうな感じですね。

大山烈さんの年収は?

本業がバーテンダーの大山烈さんの年収ですが、

バーテンダーという職業の平均的な年収ですと

年齢平均32.5歳で300~400万円のようです。

大山さんは現在、32歳ですからね。

ただし、次の与件を考慮すると・・・

  • 店長を兼務している
  • 世界的なバーテンダーの大会優勝の経験あり
  • 坦坦麺の評論家としての活動

これらを考えると、トータル2倍くらいの年収

となるのでは?と想像します。

もちろん、坦坦麺の評論家としてのステータス

ま未知なのですが、今回の番組への出演や坦坦

麺ブームに乗って、ますます大山さんの評論家

としての存在価値も上がることは予想されますね。

家族や子供はいるの?

それでは大山烈さんの家族についてです。

イケメンな大山さんで現在、32歳という事です

が、2012年ころにご結婚されているようです。

お子さんは現在、女の子がお2人と下に男の子が

お1人いるようすです。

出典:https://www.instagram.com/

奥さんという方も、とてもキレイな感じの方で

奥さんのお誕生日に一緒に外食にでるなど現在も

ラブラブのようです。

出典:https://www.instagram.com/

大山さんのお父さんという方もお元気のようで

2015年に還暦を迎えられたようでとってもお元気

そうな方ですね。

なんでも地元・茅ヶ崎でサーファーみたいで、還暦

のお祝いで赤いalohaシャツとニット、VANsk8の

これまた赤色の靴を家族にプレゼントされたみたい

で、とっても満足げな画像がアップされていたのが

印象的ですね。

ご家族が一同で、還暦をお祝いしている幸せそうな

雰囲気が満載でした。

スポンサーリンク

インディーズバンド・KLACKとは?

大山烈さんは、現在のバーテンダーの前の職業は

インディーズバンドで活動されていたそうです。

ここでもイケメンぶりをきっと発揮していたんで

しょうね!

2003-2008年の間の活動だったようです。

バンド名は『KLACK』という、メンバーは

5人で、ビジュアル系ロックバンドで大山さんは

ベースギターの担当。

当時は過激な歌詞やパフォーマンスで話題のようで

した。

2003年   『KLACK』結成

2004年4月 北朝鮮で1stシングルのジャケット撮影(失敗に終わる)

2004年7月 1st Maxi Single『INTIFADA 2004』

                      新星堂インディーズチャートで初登場1位!

2004年 1stDVD『TERRORISM OF RED PISS』を発表。

     同DVDに収録映像が問題視されたため、『問題DVD』とされ各方面よりクレームをうける。

その後2007年にはKLACKメンバー全員への殺害予告が

書き込まれるなどの事件も起すほど過激な部分もあった

バンドのようです。

その後、KLACKは無期限活動休止ということで実質的に

解散したのでしょうか?

大山烈さんは、ほどなくしてバーテンダーへの

道を歩むことになったようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

坦坦麺評論家という時流的にもホットな肩書きをお持ちの

ワイルドイケメンな大山烈さんですが、過去の経歴を

調べてみると、坦坦麺だけに留まりそうな勢いではないよ

うな気がします。

今後も大山烈さんが家族やお子さんを大切に幅広い

世界で活躍されるように期待したいと思います。