瀧澤信秋(ホテル評論家)の経歴と学歴やオススメの予約裏ワザの方法とは?【マツコ】

マツコの知らない世界『ホテル評論家』

瀧澤信秋さんが登場します。

瀧澤さんは、デラックスホテルからカプセル

ホテルまで一年中、各地のホテルを実宿して

取材しています。

これは凄いことですね。

情報発信者という分野にもなるのですが、

ホテル全般について実際に見たり自分が

体験する事で、貴重な生データを提供し

ていることになります。

そんな瀧澤さんお薦めのこの夏にまだ

間に合う極上なのに格安のリゾートホテ

ル情報も盛り込むそうなのでかなりの

期待がもてそうですね。

今日はホテル評論家の瀧澤信秋さんを

ピックアップです。

スポンサーリンク

瀧澤信秋氏の経歴プロフィールについて

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

生年月日:1971年

出身:長野県上田市

職業:ホテル評論家、旅行作家

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

瀧澤さんはホテル評論家として具体的には

ホテルの予約や利用術、利用者のたちばから

ホテル全般について調査と研究、提言といった

活動を行つています。

そのために徹しているのは利用者目線

すべては利用者の『満足達成のため』と

いうプロ意識の塊のようなお仕事ですね。

実際に2014年には一年365日で実に372

のホテルに滞在して、ホテルの細部にまで

切り込んだ批評を展開している方です。

この『365日365ホテル』の企画にはスポン

サーはなかったそうで、ご自身の保険金を

解約するなどして資金調達した経緯もある

そうですから、素晴らしい行動力をお持ちの

方ですね!

ホテルサイドからすれば、民間人の存在

ではありますが『Gメン』の存在という事

ですね。

もちろん批評するわけなので、同じホテル

でも批判される部分と絶賛される部分

明確に分かれる時もあるとかで、瀧澤さん

の眼力による情報でホテルの人気度が左右

されることもあるほど強力な情報力をもって

いるかもしれません。

利用者側としては、瀧澤さんの発する情報

はとても貴重で興味深いものですね。

スポンサードリンク

学歴は?

瀧澤さんは私立大を卒業後は東京の法律

事務所や会計事務所に勤務した後に独立

されます。

その後は

2003年以降からホテルの宿泊レポートを

開始。

次いで宿泊についてコストパフォーマンス

観点からのレポとなる「コストホテルライフ

レポート」を経てホテル評論家の立ち位置

を築いたようです。

学歴からすると「コンサルタント系統」の

お仕事をめざしていたようですが、ホテル

や宿泊というある意味特化した部分での

「評価情報」の展開という事ですね。

ホテルを予約裏ワザのある方法は?

それでは瀧澤信秋さんの推奨する『満室ホテル』

でも予約をゲットする『裏ワザ』についてです。

方法としては、基本的な行動のTPOはあるので

すが、まず最初に日本のホテル事情を説明し

ますね。

外国人観光客の増加やオリンピック特需が

見込まれていく中で、ホテル業界はさぞかし

活況と思いきや、実はキャンセルが頻繁な

場合も多々あるそうです。

これは日本の『キャンセル料金』設定の

緩さが原因とも。

宿泊当日近くになるにつて、キャンセル

料金の設定は高くなる!

まあ当然ですね。

ですが、慣例的には余程悪質なことが

ない場合はキャンセル料金の『請求』は

しない!そうなんです。

管理人はさすがに当日キャンセルの勇気

を払った経験はないのですが、なるほど

漠然と考えたキャンセル料も『ホテル』と

いうサービスから考えると、余分なコスト

を『顧客』に転嫁するのは憚られてきたの

かもしれませんね。

では満室時の『予約する裏ワザ』です。

その裏ワザが「3つの”3″と”T”」です!

「3つの”3″」とは

  • 3日前
  • 当日午後3時
  • チェックイン3時間前

そして「T」はtelephone(電話)の”T”です。

上から順番に考えるとそれぞれホテルの管理

運営に関わっている事が分かりまさす。

まず、キャンセル料の発生に関わる。

そしてチェックインの時間設定はだいたい

午後3時ころが多い。

また、直前キャンセルが往々にして発生す

る場合は、ネットに反映っされない場合も

多いそうです。

客室という商品を抱えるホテル側としては

急なキャンセルへの次善対応として、当然

売り払いたい考えが。

やはりその場合は直談判の手段=TEL(電話)

が最強という事です。

やはり最終的に行動を起こすことが、絶対

ではないかもしれませんが、必要という

ことですね。

聞けばナルホド!ですが、なかなか素人

では気が付かない裏ワザポイントですね。

こちらの関連記事もいかがでしょうか

まとめ

いかがでしたか?

ホテル評論家の瀧澤信秋さんは別格の

行動力と企画力で『活きた』ホテル情報

を発信している方でしたね。

「365日365ホテル」本では、コメントが

辛口にもかかわらずホテル側からのクレーム

は『皆無』という的確な情報と表現力を

お持ちです。

マツコの知らない世界では、そんな瀧澤

さんの『ホテルの目利き』ぶりが紹介

されるといいですね。

また厳選の格安リゾート企画の紹介も

あるようですから必見かも!ですね。

それでは今日もお読みいただきありがとう

ござました。