日野皓正氏のビンタはなぜ起きた?中学生のジャズコン暴走劇の理由が驚愕!

https://setagaya-pt.jp/

2017年8月20日、JAZZ界の大御所・

日野皓正氏が暴走劇を引き起こしたことが

話題です!!

事件の内容とは日野氏が中学生を相手に

コンサート最中の衆人環視の中で暴行し

た!という何ともショッキングことのよ

うでした。

事の詳細や暴行やビンタの理由(わけ)と

はいったい何なのでしょうか?

事件の経緯と詳細について

日野皓正presents<Jazz for Kids>という

ジャズコンサートの最中に事件は起きました。

このコンサートは2005年スタート。

「せたがやこどもプロジェクト」の一環と

して世界的なジャズトランペット奏者である

日野皓正氏が指導にあたり10周年以上を数え

るイベントプロジェクトですね。

世田谷区の教育委員会主催で、日野氏を

迎え中学生がジャズの体験から自己表現を

経験して『夢』を育むものとい謂わば教育の

一貫であることは間違いなさそうです。

音楽会の大御所がしでかした暴挙

被害者は中学生である

公の指導的企画の中で起きた

多くの衆人環視の中で起きた

こうしたファクターを考慮しても今回の日野氏

の暴挙は各方面に多くの衝撃を与えることは

確実だと思われますね。

スポンサードリンク

事件の詳細

2017年8月20日に世田谷パブリックシアター

でのJazz for kids の公演の最中に事件が起こり

ます。

アンコールの後半のソロタイムで、

  • ドラムスを担当する男子中学生に歩み寄り
  • スティックを無理やり取り上げ
  • 床に放り投げてしまう映像がさらに
  • 中学生の髪の毛をひっぱり上げて
  • 往復ビンタをくらわす

という御年70歳をこす世界的な有名音楽家が

中学生という子供に対して冒した大「暴走劇」

であることは否めないと思います。

日野皓正のビンタの理由(わけ)は一体なに?

動画を改めてみてみると、暴行シーンそのもの

は、フィナーレで子供たちが順番にソロ演奏を

こなして、スポットを浴びていく流れの最中で

あったようです。

それは8小節や16小節だったり、それぞれが呼吸

を合わせて前のパート~自分のパート~次のパート

という風に曲が(今回はソロ演奏)が流れてゆく

訳ですね。

当然決まった小節の中にソロ演奏という自己表現

を求められるのが特にJAZZといいう音楽スタイル

でしょうから、特に子供たちはこのソロ演奏にかな

りの力点を置いてきたはずと思います。

ところが見る限り3つのドラムセット担当者のうち

一人のドラムの子の暴走があった!といわれて

います。

ドラムソロが延々と続いた!というもの。

しかもドラムだけどうなってるの?というくらい

の内容だったみたい。

この暴走が日野皓正氏の逆鱗に触れた今回の

暴挙の理由(わけ)と言われています。

フィナーレというコンサートの華で、各自が

最後の熱演をソロという短い時間で自己表現

する中で、完全無神経な暴走演奏ということ

ですね。

当の中学生は完全自己陶酔に浸ってしまった

のでしょうか。

実際にスティックを日野氏に取り上げられても

手でコンガを叩くがごとくドラムをたたいている

姿がとても印象的ですね。

ある意味エネルギッシュな自己表現であり、ある

種の病的さも否めないかもしれません。

こうした指導者の立場からは、演奏全体を台無し

にした!、指導に反した!演奏をしてしまった

ことが逆鱗に触れた理由(わけ)だと思われます。

スポンサーリンク

まとめ

すでに参加者や教育委員会のコメントが

出ています。

印象のとおりあまりにも突然の出来事で

ことの内容を理解できなかったとの声が

多いですね。

実際にビンタされている様子を後ろの

ドラムセットのそばに大人と思われる

人物がたっていますが、明らかに棒立ち

の印象でした。

また主催者の世田谷区教育委員会によると

すでにコンサート後に日野氏から被害者の

子供に『話しかけられていて、子供も了解

している』とのコメントも発表されています。

どちらがやり過ぎなのか?という議論もある

っようですが、常識的には大人が子供に『手を

あげた』ことで明らかに日野氏に歩が悪いの

は間違いないですね。

ただjazz音楽という手法を背景にした自己表現

という事で賛否両論が今後も湧き起こる可能性

が残る今回の日野氏のお騒がせ暴行事件だと

思いました。

以上、お読みいただきまして有難うござい

ました。