徳永克彦(航空写真家)のwikiや愛用カメラや撮影方法がスゴすぎ!作品や個展予定と年収も!【情熱大陸】

徳永克彦、wiki、カメラ、年収、作品、個展、情熱大陸、

今回の情熱大陸、またかなり熱いハートをお持ちの方が特集される。

その方の名前は徳永克彦さん!

ご職業は

戦闘機カメラマン

空撮職人

航空写真家

の肩書をお持ちです!

管理人にはまったく未知の部分ですが、徳永さんのお仕事調べてみると、飛行機や戦闘機のテイクオフや着陸といった地上からの撮影ではまったくありませんでした。

何とご自分で戦闘機に搭乗して、ファインダーから一瞬の美を見極めてシャッターを切る!という職業なのです。

一般的思考ではかなり命知らずではあると思うのですが、徳永さんの華々しいキャリアを支える素晴らしい世界がそこには存在するんでしょうね。

今回は航空写真家の徳永克彦さんについて、

wikiや経歴

徳永克彦氏の航空写真についてと撮影方法について

愛用のカメラは?

作品写真や個展の予定について

徳永克彦氏の年収は?

これらのトピックについて調べてみましょう!

スポンサーリンク

徳永克彦氏のwikiや経歴について

航空写真家の徳永克彦さんは1957年、東京都のお生まれの方です。

誕生日は1月13日のやぎ座という方なので、ホロスコープ的には熱中するとスゴイ集中力持ち主かもしれません。

飛行機とカメラというこの2つのモチベーションについて幼少の徳永さんを魅了したのは、まず飛行機の方だったようです。

1963年、当時6歳の少年が初めて目にしたブルーインパルスの飛行ショーですっかり飛行機の魅力にはまってしまったそうです。

現在は御年61歳なので50年以上もの間、飛行機の世界に身と投じることができる素晴らしい職業なのだなと感じました。

中学生時代には横田基地や厚木基地といった場所に根ずくほどでもちろんその頃には、『撮影』する習慣となっていたそうです。

以降も独自に研さんを積まれたようで、大学時代にはすでに【撮影者】としての存在が業界内で知られていたようで当時からすでに『航空機』撮影の仕事をしていたという事なんです。

大学や専攻は不詳なのですが、飛行機を専門に学ぶ航空工学部関連だった可能性もありますが、では肝心の写真術はどのように学ばれたのかも気になるところではありますね。

いかんせん現在の還暦を過ぎた方のパワーは素晴らしいものが有ると思います。

60歳過ぎたほうが、より良い仕事を極められるんじゃないかと思える人が今では世の中にたくさんいるような気がします。

■関連記事■

こちらも還暦!ショコラティエ三枝俊介の現在とは!

1978年、21歳の時にアメリカ空軍のT-33という空軍機に搭乗します。これはいわゆる戦闘機だと思います。

この初搭乗の経験以来、徳永克彦さんは『空対空写真家』として中心にお仕事をされています。

『空対空』とう意味なのですが、自分の空中で他の浮遊(飛来)している他物を撮影した写真という意味です。

欧米やアジア各国、冷戦以降はロシアや東欧も含む世界30か国以上の空海軍戦闘機60機種以上を撮影したキャリアという事なので、もはや航空機(戦闘機)写真のレジェンドですね!

スポンサーリンク

徳永克彦氏の航空写真とは?

徳永氏の航空写真は、グランドからの撮影ではありません。

『空対空』が特長ですので、ご自身で戦闘機や飛行機に搭乗しながらシャッターを切っていくわけです。

戦闘機といった飛行機は、いわゆる音速を超えるスピードということは聞いたことがあります。それについて回るのはG(重力)の魔力ではないでしょうか?

身に振りかかる想像をっ超える重力に耐えながらの、航空美の世界とはいったいどんな感慨があるのでしょうか?

おそらく体験した方ではないとその素晴らしさもヤバさも語れないと思うほどでしょうね!

徳永克彦の空撮方法がヤバすぎる!

さて徳永克彦氏の空対空写真の空撮方法、ちょっと具体的に調べてみましょう。

まず体にかかる負担の目安となる『G』ですが、

日常使用のエレベーターが上昇するときに約0.1G。

遊園地のジェットコースターで最大3Gだそうです。

民間の航空機の通常運行が1.5G。

もちろん戦闘機はこれ以上の重力がかかります。

4~5G  戦闘機のアクロバット飛行(宙返り)など

6G     視野が狭くなって景色が白黒になる場合もある。

7G     身体に力を入れていないと視野がなくなる場合も。

8G    呼吸がまともにできない。

9G    9Gが人間の限界値だそうです。

耐Gスーツを着用して鍛錬している専門パイロットでも腰痛などの異変が伴うそうです。

当然、戦闘機搭乗ともなると

急上昇・急降下・横転・宙返り

といった過酷な飛行はついて回り瞬間的には、カメラマンの徳永さんも9Gの世界を体験されながらの空撮方法となるわけです。

さらに空撮職人と呼ばれる所以として、最高の一瞬のみをとらえるための『ワンショット』にこだわっているそうです。

想像をはるかに超える音速超えの世界ではいったいどんな状況なのでしょうか?

徳永氏の仕事術は撮影の90%以上は搭乗前に終わっている!が持論なのです。

つまり音速の世界がゆえに、航空機体の飛行特性、速度、高度、太陽の位置(光の反射具合)、旋回時のG、背景となる風景や建物との位置関係といった要素を頭に叩き込んで、一瞬の『最高美』を狙い撃ちするというわけなのです。

とんでもない世界という訳です!

さらに考えたいのが危険度数についてですね。

一瞬の美を狙うが故に、この上ない危険との隣りあわせなわけですから、安全第一という姿勢がまず基本にあるそうです。

具体的には機内に持ち込むカメラは一台というので当たり前かとも思いながら、写真家としてとんでもない腕前なのだとも思わざるを得ませんね。

戦闘機のパイロットたちも、命を懸けての飛行なわけですから搭乗の徳永氏との信頼関係がもちろん事前に堅固な信頼が成り立っているからこそ、成しえる究極の仕事みたいです。

スポンサーリンク

愛用のカメラとは?

コクピットは狭いこともあり、飛行の安全を最優先にして極力少ない機材の持ち込みを心掛けているそうです。

しかも撮影に応じてカメラ機材の選定も都度ことなるようです。

一般的にベースとなるカメラボディはニコンのD4とD800を1台だそうです。

特にアクロバットにかかるときは、ネガティブGといって身体やモノが浮きあがるのがネガティブ(マイナス)Gです。

頂点から一気に下るときにかかるんだそうですが、カメラ機材類が浮き上がるのを懸念して手持ちとなる1台のカメラ持込という事です。

使用するレンズ類ですが、いずれもニコン製で、

AF-S NIKKOR 24-70mmF/2.8G ED

AF-S NIKKOR 14-24mmf/2.8G ED

AF-S NIKKOR 85mmf/1.8G

Ai AF Fisheye-Nikkor 16mmf/2.8D

をお使いになられています。

徳永克彦氏の作品写真や個展について

代表的な徳永克彦氏の作品写真として著名なのが写真集『蒼空の視覚』。題名からして完全に芸術作品ですね!

2017年にはVOL3が出版されていますから、文字通りこの作新写真集が徳永氏のライフワークといったところですね。

総飛行時間は1900時間超えの実力と経験の中で、機体のフォルムに最もふさわしいタイミングでシャッターを切る空撮技術をヨーロッパでは神業・達人!と評価されているそうです。

徳永さんの写真作品、何点かご覧ください。

どんな印象でしょうか?

かなりイメージを引き出すために最大限のち密な計算による演出を考えられていると
感じます。まさに芸術家、魔術師とも表現できます!

また徳永克彦氏の個展やイベントなどの情報は特に確認出来ませんでした。

過去には写真集『蒼空の視覚SuperBlue3』の発売を記念してパネル展が東京有楽町の三省堂で行われました。この時はトークショーも同時開催されたようなので、徳永さんの世界を肌で感じたいと思う方は氏の次作の出版情報を待たれるといいかもしれませんね。

徳永克彦氏の年収はどれくらい?

戦闘機をとばすにはどれくらいのコストがかかるのかがまず気になります。

撮影のために搭乗するとなると一回に1000万円以上とも言われているようですから、常識外の世界とも言えますね。

しかも当然ながらその飛行時間は40分程度といいます。

体力の消耗や安全度数も含めてのことだと思いますが、徳永さんの撮影・仕事方法が90%以上がブリーフィングという事前打ち合わせに時間が費やされるというのも、その特異性に改めて驚きますね。

また特筆すべきは、企業からの熱烈な信頼も得ていて企業の公式カメラマンとしての名声も確立しているんです。

日本の航空自衛隊や航空機メーカーからの依頼、また飛行パイロット用の専門腕時計メーカー『ブライトリング社』の専属カメラマンということですから、いかに徳永氏の専門性の高さと技術力への信頼度が素晴らしいかが分かります。

航空機の開発と同じ使命感をもち時計を進化させ続けているというブライトリング社、飛行に
必要な機能を腕時計に搭載しています。

BREITLING


instagram

名声のあるフリーのカメラマンの年収レベルは2000~5000万円という事から考えると、世界を股に年間300日以上を海外での空撮での仕事に費やすバイタリティに比較して、徳永克彦氏の年収は5000万円~1億円といっても決して大過ないところではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

航空写真家の徳永克彦さんは現在、拠点を日本としながらも年間300日以上を仕事のために海外で活動されているそうです。

徳永氏の空対空写真のモットーとして、飛行機の躍動感を出すことを第一としているそうです。

飛行機の躍動感そして商業的な側面からの航空機の性能をアピールポイントを『写真』で世界中に表現し続ける徳永克彦氏の圧倒的な存在感。

確かにかなりニッチな市場だとは思うのですが、世界にもたった3人ほどしか存在しないという空対空写真の世界を今後も極め続けていただきたいと思います。

ここまでお読みいただき有難うございました。