カントレル症候群の症状や原因と生存率・治療は?手術例は?少女バルサビアの現在について?

「世界仰天ニュース」の『世界が

知らない恐ろしい病SP』!

今回は「カントレル症候群」

いう大変珍しい先天性の病気について

です。

なんでもこの病気の発症率は、100

万人に5人というかなりレアな病気

されているそうです。

いったいどのような病気なのか?

そして、不幸にもこの病気に冒された

少女バルサビアについてのレポートも

番組では同時に放映されます。

この病気に8歳の少女バルサビアはど

のように挑んでいるのか?

そのカントレル症候群についてや、

バルサビアの病気について、バルサビ

アの現在についていろいろと調べて

みました。

スポンサーリンク

カントレル症候群とはいったい?

あまり聞いたことがない病気ですね。

この病気は、先天性の珍しい病気のよ

ウなのですが、ふつう体内にある心臓

が、皮膚を押し上げ押し出された形で

体皮に大きく盛り上がった形で肉腫の

ような状態で見えている病気だそうで

す。

簡単にいうと心臓が「生まれつき外の

飛び出した状態で生まれてくる」という

事なんですね。

発生率は100万分の5とも100万分の

8とも言われています。

具体的には横隔膜、腹壁、心膜、胸骨、

そして心臓の5つの臓器の欠損が起きて

いる状態で、心臓が体外に飛び出して

いる状態を『カントレル症候群』

いいます。

にわかに信じがたいのですが、

これまで世界中でたった100例が確認

されたというとても稀な先天性奇形

いわれる病気です。

症状は?

心臓が体外に飛び出しているなんて

想像しただけでも、不自由この上な

いし、なんとも想像しがたい状況で

はと考えます。

カントレル症候群の場合、当然

心臓と心臓に繋がる血管にも奇形が

伴っている確率が高く、血液の循環

がうまくいかないケースがある。

この場合、当然酸素や血流の不足に

よる影響が全身に及ぶ。

また、心臓という人間の身体の中でも

一番大切な部分が体外に飛び出してい

るという状態なので、当然自由が束縛

されることは想像に難くありませんよ

ね。

故に、生きることが出来てもとても不

自由で、行動が制限される生活を余儀な

くされるようです。