山本KID徳郁がインスタでガン(癌)闘病を告白、進行度合いや口コミは?発症理由は刺青(タトゥー)はホントか?

山本KID徳郁、ガン、理由

総合格闘で『神の子』と称される山本KID徳郁さんが、ガン(癌)と闘病中であることをインスタで告白して話題となっています。

格闘家の山本“KID”徳郁(41歳)が8月26日、Instagramを更新し、現在、がんのため闘病中であることを明かしている。山本はこの日、「私事で急なご報告となりますが、私山本KID徳郁はガン治療のために頑張っています

いったい山本KID徳郁のガン闘病とはどうゆう事なのでしょうか?

気になるのはどの部分が冒されているのか? 進行度合いはどうなのか?

また山本KIDといえば、派手な刺青が全身に近い状態で入っている姿でも有名です。

刺青(いれずみ)ががん発病の引き金となったとする説もあるようなので合わせて調べてみましょう。

山本KID徳郁氏のガン(癌)闘病について急ぎ、調べてみました。

山本KID徳郁の現在のグアム激ヤセ画像がヤバい!ガン名が判明した!

スポンサーリンク

山本KID徳郁がガン闘病中であることを告白!

衝撃的なニュースが舞い込んできました。

総合格闘家の山本KID徳郁氏が、現在、ガン闘病中ということをインスタで自ら告白しています。

いったい病状や病気の部位はどのなのか気になりますね。

ところが、現在までの情報ではガンに冒されていて闘病中といったことを明白にしたものの、ではどんな病状なのか?何ガンなのかといった具体的な情報には一切触れられていないことが、さまざまな憶測を呼んでいるみたいです。

山本KID徳郁のガンについての口コミ

いきなりのがん闘病を告白した山本KID氏について、世間ではさまざまな憶測を呼んでいる事は間違いのない事です。

山本KIDのガン(癌)について、口コミや噂を調べてみましょう。

いかがでしたか?

突然の神の子!山本KID徳郁氏のガン闘病告白!

世間ではおおむね病に打ち克て!負けるな!といった声が大半を占めているようではあります。

ですが中には、突然のインスタグラムを介しての『告白』について、

重病説! ステージ進行説!

を唱えるファンのいることは事実のようですね。

何故インスタによる告白なのか?という疑問に対して、現在では人前に出れないほど激やせしている(進行している)のでは?とする説もあるようです。

現在山本KID氏は41歳なのですが、当然突然の胃癌による闘病を発表して21歳という若さながら2018年7月に亡くなられた中尾翔太さんの存在とダブる!という声もあります。

ちょっとこじつけのような気もしないでもないですね。

でも中尾さんもインスタで今回と同じように病魔との闘病を報告したことがあって、今回の山本さんに尾ひれをつけているのかもしれません。

スポンサードリンク

山本KIDの刺青(タトゥー・いれずみ)がガンの原因なのか?

これもどれほどの信憑性があるのかは判らなかったですが、山本KID徳郁のがん発症の原因が身体にある刺青(いれずみ)との噂もあるようですね。

これはいったいどうゆう理由なのでしょうか?

山本KIDの場合、ほぼ刺青(タトゥー)は全身の施されているといった良さそうですね。

ガンと刺青の発症について関係性はあるのか?

オシャレとばかりに流行している刺青(タトゥ、いれずみ)ですが、じつは健康への影響が深刻であることも報告されているようですね。

刺青(タトゥー・いれずみ)による健康への影響について次のようなことが懸念されるみたいです。

  • 傷口から感染しやすい
  • アレルギー症状がでる
  • 安全で確実な医療行為が受けられなくなる
  • 生命保険にも条件がつく        など

じつは刺青(タトゥー、いれずみ)行為は自分の健康を損ねる原因に通じる可能性や将来生まれてくる子供や赤ちゃんにも影響を及ぼす可能性があることが考えられます。

特に医療行為が受けられなくなる!というのは、例えばMRI検査装置と刺青のインクとの相性が合わずに、診断中にヤケドを負う!といったケースがあって刺青(タトゥー・いれずみ)の影響で安全で正確な医療行為を受けられなくなる可能性を指摘する声もあるようですね。

山本KID徳郁の現在のグアム激ヤセ画像がヤバい!ガン名が判明した!

山本KIDのガン(癌)発症に、彼の刺青(タトゥ)はどれ程の影響が有ったのかは計り知れませんね。

もし刺青(タトゥー)による医療行為が敬遠する考えが山本自身や周囲にあったとするならば、ガンと言う病気の発見を遅らせる原因や理由となった事も可能性としては有りえますね。

山本KID徳郁氏の今後の追加情報を待つとともに、リングでの素晴らしい活躍を再びファンの目の前で実現すべく奮起していただきたいものですね。

ここまでお読みいただき有難うございました。