ヤマンバギャルの現在とは?発祥やビフォーアフター画像がヤバい!カフェは?『ソノサキ』

シェアする

ヤマンバギャル、現在、ビフォーアフター、

2000年代に渋谷系のギャル雑誌で、カリスマ的な人気を博したヤマンバギャル
を知っていますか?

ソノサキ~知りたい見たいを大追跡~では、ズバリ、ヤマンバギャルの生態の
現在に迫るそうですよ!

今回は今や遠い遺産となったと思われたヤマンバギャルについて、

発祥やルーツについて

ヤマンバギャルの現在は?

元ヤマンバギャルのビフォーアフター画像がヤバい!

ヤマンバギャル御用達のカフェの存在は?

以上のトピックについて調べてみましょう!

スポンサーリンク

ヤマンバギャルについて

ヤマンバは、ギャルの歴史の中でも1998年くらいに誕生したそうです。

もとは渋谷や池袋が中心のガングロファッションというコギャル系文化の血統ですね。

因みにガングロは、ガンガン黒いの略だそうで、ちょっと唖然としてしまうセンスでしたね。

ガングロからさらに発展したスタイルが、ヤマンバギャルでさらにはマンバやセレンバになり、それをピークにギャル系は派手さが急速に衰える流れになるそうです。

ヤマンバとマンバとセレンバは、明確に種別が判れているそうなんですがその違いは顔面のガングロさを更に追究したり、髪に白のメッシュを入れたりしたりとそれなりにこだわりというか、シャレ要素に区分けがあったそうです。

因みにセレンバというのは、マンバよりも高級品を所持しているギャルだそうで、そういわれてみればセレンバは、セレブ=ヤマンバ?かね、とも思ったりしてしまいました。

当時のヤマンバギャルの間では雑誌「egg」といったストリート系雑誌に他より目立つ独自のガングロファッションを競うのが流行りだったんですね。

ヤマンバギャルの発祥(ルーツ)は?

ギャル文化の当時の象徴といえば、やはり安室奈美恵だったんですね。

アムラーの隆盛により、ギャルが小麦色の肌をこよなく愛するようになり、
1990年後半くらいから更に髪を金髪やオンレジ色に染めたり脱色して肌黒にするスタイルに繋がったいったみたいです。

あ、も一回因みにいうと、ヤマンバギャルの語源は、その装いが似ていることから付いた名前ですけども、日本の民話のヤマンバという鬼婆に由来します。

ヤマンバギャルの有名人だったのは?

さて、当時日本中を席巻した、いやちょっと誇張でした。

当時、有名だったヤマンバギャルにはどんな方がいたのかちょっと調べてみました。

現在でもガングロで通しているという筋金入りのヤマンバギャルである、
ぇりもっこりさんは24歳です。

本人曰く、たぶん『ウチが最後のギャル』と話している。

現在でも住み続ける栃木県の中学時代から、ガングロをはじめその歴は10年を超えるという。

強め黒肌ギャル全国ユニット Black Diamond』の関東エリアリーダーに
就任したのは2015年。

ガングロやヤマンバと通す理由は、ズバリ

ギャルをやりたいからやる!

この時代だからこそギャルをやる!

気概が現在も燃焼中のヤマンバギャル現役なんですね。

スポンサードリンク

元ヤマンバの現在とは

さて、ヤマンバの現在の生息状況というのは実際はどうなのか?

時代は2000年を境にギャル系の定義も急速に、変化してゆく。

簡単にいえば、黒の時代から白系へと真逆の変遷をたどっていく。

先ほどのぇりもっこりさんは、実に希少部類と思われるのですが。

実際はどうなのでしょうか。

結論からすると、現在もヤマンバギャルやガングロ系は存在していますね。

実際にガングロカフェも継続している店舗があります。

もっともてっとり早く、ガングロ  ヤマンバギャル といったキーワードで
検索してみると意外に多くの画像がツイッターやインスタにアップされていますから、現在でもガングロ・ヤマンバギャルは厳として存在するみたいですね。

元ヤマンバのビフォーアフター衝撃画像がヤバい!

ヤマンバの中でも10年以上独自のヤマンバを追及したり、さっさと卒業したりといろんなタイプがいるのは否めません。

当時流行の最中にいたあぢゃさんは、ヤマンバギャル時代から現在の姿を見事に画像でビフォーアフターを公開してくれている貴重な存在です。

現在はこんなにきれいな感じのかたです。


でもって当時のバリのヤマンバの様子っぷりがこちら!

お友達もいっしょに!

ビフォー!が17歳のころ

で、アフターがコレ!で10年経過の現在

あぢゃさんのカミングアウトによると、当時は渋谷に出るにも『便所サンダル』ひっかけて
いったそうで、今では日傘さす女子!になったんだそうです。

画像引用:あぢゃのぶっちゃけトーク

スポンサーリンク

ヤマンバ・カフェが現存している!どこ?

現在でもヤマンバカフェやガングロ・カフェは有るみたいですが、どの辺にお店があるのか調べてみました。

すると以前TVで紹介されてマツコさんも絶賛したといいうガングロカフェがありましたので紹介してみましょう。

店名:CAFE&BAR GANGURO
住所:東京都渋谷区宇田川町34-6M&Iビル5F

料金のシステムは、チャージ一人1500円(90分)で以降は延長料金が30分毎に500円かかります。

店の目玉といえば、当日の出勤メンバー全員と記念撮影や握手ができるそうです。あとパラパラショーもみられるそうです。パラパラって懐かしい響きですね。

ちなみに店のイメージガールには先ほど栃木のガングロ魂女子の
ぇりもっこりさんも在籍しているみたいです。

@mokorieri  https://twitter.com/mokorieri/

興味ある方は是非でかけてみてはいかがでしょうか?

さて、4月17日のソノサキ~では、渋谷ヤマンバギャルを大調査ということで、知られざる現在の生態が明らかになりそうです。

ヤマンバギャルのカリスマ的存在だったのが衝撃の変化を遂げている事が判明するみたいでこちらも見逃せませんね。

管理人を番組放送を楽しみに待ちたいと思います。

それでは最後までおつきあいいただき有難うございました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする