原田曜平の結婚や嫁が気になる!ブランドデザイン若者研究所とは?年収もチェック!

原田曜平、結婚、嫁、炎上、年収、

ちょっと強オモテの感じのするオジサン(失礼!)。

それが原田曜平さんです。

コメンテーターやマーケッティングの分析手法から現代の若者の行動を分析している方なんですね。

現代のワカモノ文化について造詣が深いみたいです、意外でしたね!

原田曜平さん曰く、

企業の生き残りは『若者』にかかっている!

と強く話しています!

今回、ホンマでっか!TVには、若者文化評論家として 女子高生軍団のイマドキの事情をねほり葉ほりしてゆくみたいですから、けっこう楽しみですね。

今回は若者文化・行動評論家の原田曜平さんについて、

結婚や嫁情報

経歴や学歴

桜井翔ネタで炎上した真相とは?

ブランドデザイン若者研究所って?

年収も気になる!

これらのトピックについて調べてみましょう。

スポンサーリンク

原田曜平の経歴について

お見苦しい画像でごめんなさい🙇‍♂️🙏 #やよいひめ🍓

原田曜平/yohei haradaさん(@yohei.harada_official)がシェアした投稿 –

名前:原田曜平(はらだようへい)
生年:1977年4月4日 (現在は41歳)
出身:東京都
職業:博報堂勤務
   (ブランドデザイン若者研究所リーダー)

原田曜平さんについて職業を一言で表現するならマーケッティングアナリストという表現が適当なようです。

ご専門は、日本とアジアのワカモノ研究とそのマーケティングと商品開発と3本の柱があります。

大学は、慶応大学の商学部から博報堂に入社します。

博報堂といえば電通とならぶ日本を代表する広告代理店ですね!

アナリストとしてJAAA広告賞の新人部門賞を2003年に受賞しています。

現在では多摩大学の非常勤講師もお勤めなんですね。

伊達マスクの名付け親!

伊達マスクという言葉、ご存知でしたか?

じつはこの言葉は原田さんの造語だそうです!

原田さんの著書である【近頃の若者はぜダメなのか】でとりあげられたものなんです。

マスク本来の機能の他に、最近では精神的なストレスのバリヤの手段としての『伊達マスク』の効用を若者文化の中に看過したのが原田さんです。

身体的コンプレックの他に、プライベートな空間創出のためや脱コミュニケーションとしての『異空間』を守るための『伊達マスク』って発想はとても興味の深いものですね。

ブランドデザイン若者研究所とは?

現在、原田曜平さんはブランドデザイン若者研究所のリーダー職としてもお勤めされています。

若者研!と原田さんは読んでいるみたいです。

仕事内容の概要ですが、若者研に所属するという200人の一般の若者たちと一緒に働いているみたいです。

それ目的は、若者をターゲットにしたインサイトの発見や商品や付加価値サービスの開発です。

PRやプロモーション活動も作成も仕事の一環みたいです。

ブランドデザイン研究所の考え方をちょっと紹介すると、、、

若者の○○離れって言葉よく聞きますよね!

○○には、お酒あったりタバコだったり、車だったり海外旅行だったりいろんなワードがあてはまりそうです。

時代の大勢を概観した時に、確かにワカモノの○○する行動は少なくなってきているものの、他方で確かに時や場所やツールや方法をかえて、○○に新たな形で参加してゆくワカモノの姿もあるのも事実だと思うのです。

実はその○○の色をかえたり、形を変えたり、においをかえたりすることでワカモノの新たねなニーズを掘り起こす!っていうのが、ブランドデザイン研究所の仕事のコンセプトのようです。

別の言い方をすると大人から見えなくなってしまった今の若者の本質行動を理解してライフスタイル研究~マーケッティング~商品開発というサークルでのお仕事ということです。

とってもやりがいのありそうな仕事場ですね。

この画像のように原田さんも、いつもたくさんの若者とコミュニケしてお仕事されているんでしょうね! なんか大学のサークルやゼミみたいな雰囲気で楽しそうですね!

そしてこんなにオチャメなツイッターもたびたび!

スポンサードリンク

原田曜平の嫁や子供の情報は?

アナリストというお堅そうな職業ながら、扱っているのは現代社会に生きるワカモノ文化という、少しイメージとはアンバランスな感じもありますが、原田さんのレッキとした分析戦略の専門家ですね。

原田さんのお嫁さんやお子さん情報も気になるところですので調べてみました。

原田さんのSNSなどを拝見していも、学生さんやワカモノたちとの画像が実に多いんです。

プライベートについて調べてみると確かにご結婚されているとのことですね。

原田さんがZIPにご出演のとき、アレナニのコーナーで娘さんがいらっしゃると話していました。

娘さんは現在では5歳くらいになられているようですが、当時は桝アナのことを娘さんがファンだということらしかったです。

なので原田曜平さんは結婚されていて嫁もいらっしゃるし、子供をもつ父親という立場でもあります。

嫁についての情報は得られませんでした。

スポンサーリンク

原田曜平の現在の年収が気になる!

広告代理店勤務というと高収入のイメージありありですね。

原田さんが現在勤務されている博報堂DYホールディングスの年収モデルを調べてみました。

新卒1年目で年棒制で342万円が2015年実績でした。

もちろんグループ各社がたくさんありますので総合職やエンジニア職、メディア職、クリエイティブ職など職種により初任給からベースアップも差異はあるでしょうね。

40歳前半での博報堂の年収モデルは1036万円ほどとの情報もあります。

平成28年度は、さらに1057万という年収右肩上がりのようですね。

原田曜平さんの場合、さらにワカモノ文化に特化したリーダーの役割を任されています。

さらにメディアへの出演や執筆活動や著作の出版など年収プラスの
要素はたくさん考えられます。

少なくても原田さんの年収は、ご本職の博報堂のモデル年収分の2倍くらいはあるのではないでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?

今回は博報堂のブランドデザイン若者研究所のリーダーでアナリストの原田曜平さんを
ピックアップしてみました。

40歳をこえた現在でも、大人から『見えない』ワカモノ文化を追いかける原田さん、
永遠にハートも頭もやわらかいんでしょうね。

ホンマでっか!では、現役JK軍団を率いての登場だそうですから、どれだけ現役ワカモノ
と渡り合えるか、ある意味楽しみな感じもします。

これからも原田曜平さんのワカモノ文化分析を楽しみにしたいと思いました。

ここまで有難うございました。

スポンサーリンク