三島ゆかり、過去のストーカー事件が闇過ぎる!現在や元カレや結婚情報は?【さんま御殿】

「踊るさんま御殿!」にグラビアアイドル

でタレントの三島ゆかりさんが登場

される。

かつてグラビアアイドルだけあってスタイル

は容姿は抜群だが、何でも喋ると

残念な美人さん~との噂もある・・

また三島ゆかりの名前も笑ってしまうくら

いの由来があり、美人度数と性格はだいぶ

かけ離れていることがとっても興味わくとこ

ろです。

今日は「三島ゆかり」さんについて、

現在や過去のヤバいストーカー事件や元カレ

情報についてまとめてみました。

スポンサーリンク

三島ゆかりのwikiや経歴

愛称:ゆかりんご

生年月日:1986年8月29日

出身:大阪市旭区

身長:163cm

高校卒業後は一旦、3年間ほどOLを

経験しています。

その後上京し、レースクイーンとし

イメージDVDやパチンコ系の番組に

出演している。

いずれもどちらかといえば容姿やスタ

イルをクローズしたものが多い。

美脚戦隊スレンダーにも参加していたが

2014年には東京での活動を休止。

その後は地元大阪に戻り芸能活動を

開始しているそうだ。

どうして大阪に戻ったかは不明なの

だが、「美人だが喋ると残念な美人」

という形容が噂されている通り、東京

でのイメージキャラだけの芸能活動は

嫌気がさしたことも大阪移動への理由

のひとつではなかろうか。

なんでも「三島」は芸名で(ゆかりは

本名らしい)、本名と掛け合わせを

芸名!としたあたりは、当人の心意気

やキャラ性が表現されてはいないだろ

か?

どういう事か?というと、「ふりかけ」

商品で有名な三島食品さんの「ゆかり」

ふりかけと同じお名前!ってことで、

ノリと酔いで自分の将来を託したのか

や?って感じますね。

しかもこの芸名は、和歌山の行きずり

の漁師のネーミングらしいから、いったい

 どんな関係やっ!?

と突っ込みたくなります。

美人系な清楚な雰囲気も持ちつつも、

特技はモノマネ・一発芸というあたりが

大阪人(?)特有のノリとリズムと親近

感を感じさせるのでしょうね。

スポンサーリンク

三島ゆかりの現在の活動とは?

三島さんの現在の活動は、かなり幅広く

活動されていますが、ローカル的な番組

への出演が多いようです。

実は大阪移転とともに所属事務所も変更

したようですが、グラビアやモデル路線

より、本人的には現在のようなローカル

でのタレント業を目指していたのかもし

れません。

とはいってもイメージガール的なお仕事

は現在でも一部継続しているようで、

30歳の現在でもスタイルや容姿はまだまだ

健在のようです。

他にもイベントMC・ラジオパーソナリ

ティなどの活動もこなしており、全国

ネットのメジャーよりは地元重視の堅実

タレント業をこなされているようです。

現在のお住まいはどうやら実家との情報

があり仕事も含めて堅実な生活を送って

いるのかも知れません。

闇過ぎるストーカー事件とは?

三島ゆかりさんは、過去に遭われたご自身

のストーカー被害を告白しています。

ある晩、自宅マンションに帰った時。

部屋に入ると見知らぬ男の訪問があったそう

です。

その男性はゆかりさんが「紙切れ」を途中

で落としたと拾って追いかけてきたようで

した!

三島さんがお礼を言ったかは不明ですが、

男性が立ち去り、ドアをロックして鍵穴

から外の廊下を覗き見ると、男性が階段

と自室のドア前を行ったりきたりしている

のが見えたそうで(怖)・・

当時の自宅マンションは、オートロック

だったこともストーカーまがいの男性に

恐怖を覚えたそうです!

そのマンションはすぐに引っ越したそう

なのですが、仕事拠点を大阪にうつした

ことと関係があるかどうかは不明ですね。

スポンサードリンク

三島ゆかりの元カレとは?

実家住まいという事は、現在は結婚された

様子はなさそうですね。

彼氏の情報は不明ですが、愛犬のプードル

を飼っているようで仕事の疲れは癒されて

いるのか気になる所です。

twitterでは、SGグラチャンで2連続優勝

のボートレースの石野貴之選手を何度も

賞賛していたようなので、やっぱり女性

は強い男性がタイプなのかな、って思い

ましたね。

確実な元カレの存在は確認できていない

ようですね。

今後の男性情報に期待したいですね。

まとめ

今日は、「残念美人」(笑)なタレント

の三島ゆかりさんをピックアップしました。

さんま御殿!では「イラつくセレブおんな

の言動」を告白するコーナーということで

関西弁特有の速射トークに期待できるかも!

という噂です。

なかなかユニークな内面や過去とマシンガン

トークを武器に、今後はまた東京でも活躍

されることを応援したいな!って思います。

最後までお読みいただき有難うございます。