満天☆青空レストランの雪国アボカドの種類や評判と通販は?せきね農園の場所や社長とは?

雪国アボカド、満天☆青空レストラン、種類、味、評判、通販、せきね農園、

国産のアボカドなんてあるんですね?

今回の満天☆青空レストランでは
新潟県で作られるこだわりの国産・雪国アボカドについてフォーカスされる。

雪国アボカドの種類や味や評判について調べてみましょう。

通販でも購入できるかも調べていますよ。

さらに製造運営するせきね農園とは?

社長は元バンドマンで、その筋の有名人だったそうなので、このへんの
事情もチェックしましょう。

スポンサードリンク


雪国アボカドとは?

新潟で国産のアボカドを生産している農家さんが、せきね農園です。

日本での販売はほぼすべてが外国さんですからね。

管理人も国産アボカドなんて、そういえば聞いたことがありませんでした。

アボカドの売りは何と言っても その栄養価の高さだそうです。

現在では日本国内の温暖なところですこしづつ国産のアボカド生産が
増えているそうです。

そんな中で、雪国アボカドは、温暖や熱帯をものともせずに雪国の
新潟で栽培されているアボカドです。

せきね農園では、ハウス栽培の技術を駆使して雪国でのアボカド栽培を
成功させています。

雪国アボカドのこだわりですが、

  • 寒暖差で美味しくする。
  • 食べ比べてもらう
  • ひとつひとつを丁寧に収穫する

雪国アボカドの特徴が、寒暖差によってとても美味しいアボカドに
仕上がっているそうです。

その理由ですが、寒暖差によって果実に油分をたっぷり貯蔵することが
可能となるそうなんです。

そういえば外国の有名なアボカド産地と言えばメキシコが浮かびますが
やはり有名な産地は標高の高い産地だそうです。

つまりアボカドを美味しく育てるには内外問わず寒暖の差を育成段階で
実現することが必要という事なのですね。

雪国アボカドはまさに智慧を絞った形で、雪国新潟で誕生した国産の
アボカドですね。

スポンサーリンク

雪国アボカドの種類や味や評判も!

雪国アボカドの食べくらべをおすすめする理由なのですが、種類が豊富
ということですね。

雪国アボカドの種類としてはじつに40種類以上といいますから、これはすごい
品種数ですね。

普段、スーパーとかで見かける外国産のアボカドはほとんどが

ハス(HASS)という1種類だそうです。

せきね農園の国産雪国アボカドの代表的な種類としては国産のフエルテが
あります。

形状は西洋ナシの形で滑らかな表面で香りが良いものです。。

せきね農園では、40種類以上のそれぞれのアボカドの個性を愉しむ
ことを奨めています。

つまり色、形、大きさ、皮の厚さなどの見た目の違い と、

油分量、水分量、味と香り、食感などの違いを食べ比べすることで
アボカドの美味しさを堪能でいると言います。

利き酒ならぬ、利きアボカドという事ですね!

アボカド好きには堪りませんね。

というかあらなたアボカドの食べ方を新規に提案している立派な
戦略ともいえます。

裏を返せば、アボカド農家として生産しているアボカドたちへの自信の
現れとも思えます。

ちなみに世界中のアボカドの種類は1000種類を超えるものが存在
しているみたいですからね。

アボカドの歴史はかなり古く7000年ほど前から人類に食されていた
記録も有るそうなので私たちが知る以上に奥深いアボカドの世界ですね!

雪国アボカドのせきね農園とは?

雪国アボカドの生産者である、せきね農園は新潟県新潟市南区に所在です。

もともとは9代続くという農家ですね。

他の生産物ですが、桃・ひらたけ・お米となります。

果樹と稲作ってなんか珍しい取り合わせと思いましたが、このへんの
地域には昔馴染みの作物みたいですね。

新潟の農家にとって深刻な雪問題、冬にでもできる農作物を考えたのが
ひらたけ栽培で、あらたね試みとして雪国アボカドへとひろがったそうです。

現在、地方発信の農家さんて多いみたいですね。

6次化産業の政策と連なる形でさまざまな特産物がしのぎを削っている
感じがします。

でもせきね農園は

観光農園ではありませんので、

観光や見学、直売などは基本的に行っていません!

と明確に謳っています。

あまり商売っ気のないところかもしれません。

その意味で品質重視の真面目な農家さんなのでしょうね。

スポンサーリンク

雪国アボカドのおすすめレシピは?

ねっとりとした独特の食感と濃厚な味わい!がアボカド特有の
ものでしょうね。

その点、雪国アボカドのおすすめのレシピやメニューが気になります。

代表的なアボカドのレシピでは、

刺身、マリネ、生春巻きなど。

醤油やワサビ、チーズやマヨネーズとの相性がピッタリですからね。

単品レシピでも、肉や魚などの主肴の引立て役としてもアボカドの存在
はかなりビッグなものではないでしょうか。

満天☆青空レストランでは、雪国アボカドのレシピが更新されると
思いますのでこれは要チェックですね。

満天☆青空レストラン アボアドレシピはこちらから

雪国アボカドの通販や購入方法と値段も

現在、せきね農園の雪国アボカドの購入は、通販サイトのみのようです。

雪国アボカド・商品ページはこちらから!

現在はどうやら品切れのようですね。

商品は

ハス・ズタノ・ベーコンの各種セット 約1kg

フェルテ・スタノ・ベーコンのセット 約1kg

ズタノ・ベーコンは収穫期が11月くらいまでのようで、フェルテ・ハスは
12月も収穫期にあたるようですから、今後もせきね農園の雪国アボカドを
まめにチェックすることで通販での購入が可能ですね。

また地元の料理店では、雪国アボアドを使ったメニューをコース料理など
で供しているようなので興味あるかたはこちらもチェックすることをおすすめ
します。

せきね農園社長・ナツキの経歴とは

さて雪国アボカドのせきね農園の社長ですが、関根邦仁さんという方です。

以前はインディーズ系のビジュアルバンドのメンバーとして活動してい
ました。

バンドのグループ名は、OZ(オズ)で2004年12月に結成されたバンドです。

2013年6月16日の渋谷でのワンマンツアーファイナルをもって
解散しています。

解散理由はメンバー各自の音楽活動と人生のための前向きな決断!!と
して発表されていました。

社長の関根邦仁さんは、OZではナツキ(Natsuki)としてVOCALを
担当していたそうです。

2013年の解散以降は、新潟の実家を継ぐ形となっているものと思われます。

なにしろせきね農園は9代つづくという豪農ですからね。

関根さんの農業と雪国アボアドへの挑戦を以前、新聞に取り上げられています。

邦仁さんの新たな目線と発想で、新鮮でおいしい農産物を世界中に発信していって
ほしいと思いました。

今後のせきね農園の活躍と動向が気になりますね。

ここまでお読みいただき有難うございます。

スポンサーリンク